きのくに信用金庫カードローンの申し込み借入方法!

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

きのくに信用金庫の歴史と概要

昭和39年8月、田辺信用金庫、日高信用金庫、串本信用金庫の3金庫が合併し、紀州信用金庫が設立されました。

そして平成5年の和歌山信用金庫、南海信用金庫との合併により、現在のきのくに信用金庫が設立されました。その後、平成12年に紀北信組の事業を譲受し、平成20年には湯浅信用金庫とも合併をしています。

きのくに信用金庫の営業地区は、本店のある和歌山県和歌山市、そして海南市、有田市、御坊市、田辺市(本宮町を除く)、橋本市、紀の川市、岩出市、海草郡、伊都郡、有田郡、日高郡、西牟婁郡、東牟婁郡串本町、東牟婁郡古座川町となっています。

また大阪府泉南市、阪南市、泉佐野市、貝塚市、泉南郡にも営業地区を置いています。

きのくに信用金庫には6つのカードローンがある

きのくに信用金庫では「ふれあいネットカードローン」、「プラチナカードローン」、「キャッスル」、「しんきんカードローン」、「ゴールドカードローン」、「ナイスポケット」の6種類のカードローンが取扱われています。

そのうち、最も低金利で借りられるカードローンは「プラチナカードローン」です。

「プラチナカードローン」の金利は年7.8%の低金利

きのくに信用金庫の「プラチナカードローン」を利用するには、いくつもの条件が設定されています。
その理由には「プラチナカードローン」の金利の低さも関係していると言えるでしょう。

利用限度額は50万円・100万円・150万円・200万円という4つの種類がありますが、最少限度額である50万円の借入れにも同様の金利が適用されます。

大手銀行カードローンならば14.0%前後の金利が適用されるところですが、「プラチナカードローン」は非常に低い金利となっています。

住宅ローン利用なら1.0%の金利引下げアリ

「プラチナカードローン」の金利は上記の通り非常に低金利の設定となっていますが、きのくに信用金庫の住宅ローンを利用している場合、年1.0%の金利の引下げが可能です。

低金利カードローンである上に、更に金利優遇サービスが利用できるため、条件に該当する方は利用しない手はないと言えるでしょう。

「プラチナカードローン」利用の条件とは

上記のような低金利でお金を借りる場合、金融機関では特にその人の信用を重視する必要があります。そのため、ある程度の属性を持つ人を融資の対象とすることから、利用の条件も厳しくなる傾向にありあす。

「プラチナカードローン」の利用条件は以下のようになっていて、そのうちの全てに該当する必要があります。

「プラチナカードローン」を利用できる方とは

利用の条件には満20歳以上60歳未満で、安定した継続収入があり前年度税込年収が原則150万円以上の方となっています。

また同金庫の営業地区内での居住または勤務が必要であり、保証会社である株式会社セディナの保証を受けられることも必須となります。

更に以下の条件のうち、いずれかを満たすことも必要です。

  • 原則として1年以上の勤続年数があり同金庫の審査基準を満たしていること
  • 住宅ローン取引が1年以上であること

ただし、1年未満の方や新規取引の方でも、50万円・100万円コースならば利用することができます。

「プラチナカードローン」申し込み借入方法とは

「プラチナカードローン」の申し込み方法は、インターネットによる仮審査申込の対応がないため、営業店窓口で手続きをする必要があります。必要書類を持参のうえ申し込みをします。

必要書類とは運転免許証・健康保険証・パスポートなど本人を確認する書類のみとなっています。

申し込み後は、きのくに信用金庫と株式会社セディナが審査を開始しますが、審査結果の回答はきのくに信用金庫から連絡されます。審査に通ると、再び正式申し込みや契約手続きのために来店が必要になります。

契約締結後、専用カードが発行される

来店による契約手続きが完了すると、後日郵送にて専用カードが発送されます。この場合には当座貸越契約となるため、専用通帳は発行されません。

借入方法は必要な時に必要な金額をCD・ATMから引き出しすることで借入れができます。

「プラチナカードローン」返済方法

返済は、毎月定額返済となり、毎月10日に返済をする必要があります。当月9日の貸越残高が50万円以内ならば、1万円の返済額であり、それ以降は50万円残高が増えるごとに当月約定返済金額が増えて行きます。

きのくに信用金庫の申し込み借入方法まとめ

きのくに信用金庫には、しんきんのカードローンである割に多くのカードローン商品があります。

その中でインターネットによる仮審査申込ができるのは、「キャッスル」、「ふれあいネット」「しんきんカードローン」の3商品となっています。Webサイトでインターネットで仮審査申込のボタンを押すことで専用の申込ページに移動します。

きのくに信用金庫本店のある和歌山市には、和歌山城があります。豊臣秀吉が弟の秀長に築城させた城であり、その後徳川家康の子息が入城し改修を行い、明治維新までの250年間を徳川御三家の住まいとして使用していたものです。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ