ご融資どっとこむで借りるなら他にもある

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

ご融資どっとこむは、街金ながら借り換えローンやフリーローン、不動産担保ローン、ビジネスローン、住宅ローン、レディースローンと6種類のローンの取扱いをしています。

これらのローンは勿論それぞれに金利が異なっていますが、その中でフリーローン「ごじゆうにどうぞ」について紹介します。

ご融資どっとこむは50万円まで利用可能

ご融資どっとこむのフリーローン「ごじゆうにどうぞ」は5~50万円が利用限度額であり、金利は18.0~20%となっています。

使いみち自由でスピード審査となっているため、即日対応で便利なローンとなっています。

金利は高めに設定されている

ご融資どっとこむのフリーローン金利は、最低金利であっても大手消費者金融の最高金利である18.0%となっていることから、割高と言えます。

更に他社の街金・サラ金であっても最低金利では15%前後が設定されていることが多いため、それらの会社よりも高くなっています。

このように他の街金よりも多くの利息を支払う場合もあるため、パートの方がサラ金を利用する場合にも、金利に注意が必要となるでしょう。

返済期間は3年以内

ご融資どっとこむのフリーローンは3年以内(1~36回)の返済が必要となっています。こちらも他の街金やサラ金ならば5年・60回払いとなっている場合が多いため、返済についても厳しい内容となっています。

ご融資どっとこむフリーローンの利用対象は70歳まで

ご融資どっとこむのフリーローンは70歳までの方が利用の対象となっているため、この点においては便利と言えます。

ただし毎月定期収入を得ていることが条件となっているため、それでもできる方はある程度限定されるでしょう。

申込方法は4通り

ご融資どっとこむの申込み方法については、インターネット、電話、郵便・FAX、直接来店と4通りあり、街金の中では便利度が高いと言えます。

インターネットからの申込み手順

ご融資ドットコムは上記のように4つの申込み方法がありますが、その中でインターネットからの申込み手順について取上げてみます。

  1. 申し込みのフォームに入力して送信
  2. 申し込み内容の確認、本人確認の電話
  3. 審査
  4. 契約・融資

融資には契約手続きの完了や本人確認書類の提出、印鑑の持参が必要となっていて、融資は窓口で行われるため、契約手続きのために来店をする必要があるでしょう。

多くの街金では初回の利用であっても銀行口座への振込が可能になっている場合もありますが、こちらは少なくても初回の借入れには来店が必要となります。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ