アロー以外でお金借りるならどこがいい?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

アローが設立されたのは平成12年11月であるため非常に歴史は浅いですが、その代わりに街金としての役割を果たす為、企業理念を打ち立て営業を行っています。

アローというサラ金はフリープランの利用可能額は200万円が最大であり、金利は15.0~19.94%となっているため、プロミスやアコムなど大手消費者金融よりも高めの金利設定となっています。

それでもフリープランの審査時間は最短45分、当日の借入も可能となっているため、便利な商品と言えます。仮にアロー以外でお金を借りるなら大手のカードローンが安心感やスピード感の面で圧倒的におすすめですね。逆に銀行はちょっと審査が遅いのでおすすめしません。

「アロー」は借り換えにも利用可能

アローは「街金」や「サラ金」と呼ばれるジャンルに属する消費者金融ですが、利息制限法の上限を守り融資をしているため、闇金のような法外な利息を取られる心配もありません。

アローでは大手金融会社のように借金の借り換えも可能になっています。他の金融会社の借金を1つにまとめることができます。

そのため闇金でお金を借りてしまい返済に困っているという社会人の方でも、おまとめローンによって借金の整理が可能です。

「アロー」からお金を借りる条件とは

街金というポジションにあるアローでお金を借りる場合でも、大手の消費者金融と同様に一定の申し込み条件があります。申し込みには以下の条件を全て満たす必要があります。

  • 20歳以上65歳以下で安定した収入があること
  • 健康保険に加入をしていること
  • 定職についていること(無職の方は利用NG)
  • 現在、他社での返済の遅れがないこと
  • 自営業の場合、確定申告書などの年収証明書の提出が可能
専業主婦の借入れはNG

アローは収入の無い方の借入はNGとなっています。
総量規制が導入されてからは、借入総額を年収の1/3以下に制限されたため、収入の無い方の借入れは不可となっています。

専業主婦の借入れについては、配偶者の同意書があれば利用OKとしている街金業者もありますが、アローでは無職の方の利用は不可となっています。

即日融資が希望ならWEBでの申し込みがオススメ

アローから即日でお金を借りるには、郵送での申し込みは対象外となります。

またFAXでの申し込みでも当日中の借入れは可能ですが、申込書のダウンロードに手間や時間が掛かることを考慮すると、やはりWEB経由がオススメとなります。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ