今すぐ便利!コンビニキャッシングでお金借りる方法!

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

コンビニキャッシングでお金借りることはできる?

銀行カードローン、消費者金融のキャッシングを利用することにより、最短で即日融資を受けることができます。今日中にお金が必要という切迫した時、頼れる金融機関です。

申込みは、インターネットを利用することによって簡単で早く済むようになっています。そしてお金借りる時には、ネットキャッシングを利用することで瞬時に指定の口座に振込みしてもらえます。

カードローンやキャッシングでお金借りるには、振込みの他にATMからカードを使ってお金を引き出す方法もあります。申込み後に審査に通り契約が完了すれば、自動契約機のある金融機関ならば当日中にカードを発行することができます。カードがあれば店舗や提携のATMから即日キャッシングができます。

コンビニキャッシングで利用できるATM

提携のATMは銀行やコンビニで利用できます。その中でもコンビニキャッシングを利用する方法では、ほぼ365日24時間の利用が可能になっています。

どこのコンビニで利用できる?

銀行や消費者金融の借入れができるコンビニATMは、以下のようになっています。

  • セブン銀行
  • ローソン
  • イーネット※

※イーネットは、銀行、コンビニ、セコム、日本アイ・ビー・エム、伊藤忠商事が共同出資した銀行ATMです。利用できるコンビニは以下の通りです。

  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • サークルKサンクス
  • スリーエフ
  • コミュニティストア
  • デイリーヤマザキ
  • セーブオン
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • セイコーマート

このように殆どのコンビニでATM利用が可能になっているので、カードがあればいつでも何処でもコンビニキャッシングできますね。

コンビニキャッシングの手数料

消費費金融のカードローンをコンビニキャッシングで利用する時、手数料が掛かります。1万円以下は108円、1万円超は216円という金額が毎回必要になります。

ATM利用により発生した手数料の支払いは、次の返済時に真っ先に支払うことになります。返済金の内訳には支払いの順序があり、「ATM手数料→利息の支払い→元金返済」という優先順位があります。つまりATM手数料が掛かることで、それだけ元金の完済が遅くなることになります。

1回のキャッシングではそれ程気にならない金額ですが、何度も利用することでバカにならない金額となります。たとえば10万円の借入れ枠がある時、2万円を5回に分けてお金借りた場合には、それだけで1,080円の手数料を支払うことになります。

また借入金額が大きい場合には、借りたり返済したりを繰返すことで、完済まで数十回もATM手数料を支払うことになるでしょう。
消費者金融をコンビニキャッシングで利用する場合には、ネットキャッシングを利用する、余裕のある時にまとめて返済をするなど、利用の方法を考える必要があります。

手数料無料で利用できるコンビニキャシング

前述のようにコンビニキャッシングの利用では、消費者金融を利用するとATM手数料が掛かってしまいます。

一方、銀行カードローンのコンビニキャッシングの手数料は、以下のように「無料」が基本となってます。

《三菱東京UFJ銀行バンクイック》

4.6~14.6%という低金利で利用できるほか、申込み後にテレビ窓口からカードを発行することができるので、即日キャッシングも可能です。

《みずほ銀行カードローン》

4.0~14.0%という低金利で利用できます。口座を持っていれば最短で即日利用が可能です。

《三井住友銀行カードローン》

4.0~14.5%。申込後にローン契約機でカードを発行することで、最短で即日融資が可能になります。

《楽天銀行スーパーローン》

4.9~14.5%。収入のない専業主婦の専用申込みページもあります。利用により楽天スーパーポイントが貯まります。

《新生銀行カードローンレイク》

4.5~18.0%。レイクは30日間無利息ローンと180日間無利息ローンの2つがあり、初めての借入れでどちらか一方を利用できます。この場合も自動契約機で即日カード発行が可能です。

上記の銀行だけでなく殆どの銀行カードローンでは、コンビニキャッシングのATM手数料は無料となっています。銀行カードローンなので審査は厳しいですが、利息以外に余計なお金を掛けずに済みます。また総量規制対象外となっているので、年収により借入総額を制限されることなくお金借りることが可能です。

ただし、利用の銀行によっては時間帯によって時間外手数料が掛かる場合もあるようです。

銀行カードローンは低金利で利用できる上に、さらに手数料0円でコンビニキャッシングができるという利便性も含めると、オトク度はとても高いと言えますね。

コンビニ返済はおトクに

コンビニキャッシングにより便利にカードローンを利用することができますが、忘れてはいけないのが返済ですよね。
上記のように銀行カードローンでは、キャッシングだけでなく返済でもATM手数料は無料となっています。

消費者金融の返済では、コンビニATMの他にも、ローソンやミニストップのLoppi、ファミリマートのFamiポートで返済ができる場合があります。
具体的にはプロミス、モビット、アイフルがコンビニのメディア端末から返済ができるようになっています。

その際プロミスならば、どちらのメディア端末を利用しても返済手数料は無料になっています。コンビニでプロミスに返済をするならば、ATMを使わずにこれらの端末を利用した方がオトクになります。

またモビットではローソンのLoppiのみ返済手数料が無料になっているようです。ローソンでモビットに返済する時、ATMを使わずにこちらの端末を利用しましょう。

アイフルではATM同様に手数料が掛かるとHPで明記しています。この場合ではATMとメディア端末の内、使い慣れている方を選択すると良いでしょう。

メディア端末の利用方法は、機械にカードを読み込ませてレシートを発行し、レジで支払いを行います。通常のチケット購入と同じように利用できるので、キャッシングの返済をしているようには思われないというメリットもあります。またメディア端末の操作に慣れている方にもオススメの返済方法と言えるでしょう。

コンビニキャッシングの注意点

コンビニキャッシングには、それぞれの金融機関によりメンテナンス時間があるので、一定時間だけ利用できない場合があります。利用している金融機関でコンビニATMの休止時間を事前にきちんと把握しておく必要があります。ATM休止時間はHPを参照することですぐに知ることができます。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ