シングルマザーがお金を借りる前に公的制度をフル活用する

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

シングルマザーになると、子供を自分一人の力で育てていく必要があり、その重圧感はとても言葉には表せない程だと思います。今まで仕事を持っていたシングルマザーの方ならば、今までよりは余裕は無くなりますがある程度の生活レベルを保てる可能性はあります。

一方、今までは専業主婦だったというシングルマザーの方の場合、まずは仕事探しから始まります。生活の基盤を作って行く必要があるからです。それでも正社員として採用してもらうことは、子供が小さい場合、またはシングルマザーの方がある程度の年齢となっている場合は難しいかも知れませんね。そんな時はパートなどで生活費を稼ぐしかないということになります。

シングルマザーがお金を借りる前にチェックすること

時には生活費が足りないという時もあるでしょう。子供が病気になり仕事を休まなくてはならなくなった等、なかなか思うようにお金を稼げない時もあると思います。そんな時、お金を借りることを選択する場合もあるでしょう。それでもシングルマザーの方ならば、借金をする前に公的制度をフルに活用するべきでしょう。

シングルマザーになった理由が夫との死別である時

生活費が不足してから申請をする種類のものではありませんが、もし知らずに申請をしていない場合に参考にしていただきたいのが、「遺族年金」です。
18歳に達してから最初の3月31日が来るまでの子供を持っていて、夫(サラリーマン)と死別した妻が受け取れる遺族年金は、遺族基礎年金と遺族厚生年金の2本立てとなっています。

上記の子供が1人いるシングルマザーの方が受取れる金額は、およそ100万円程となります。(子供の数による加算アリ)
また、更に遺族厚生年金も上乗せされて支給されます。支給額については給料や勤続年数により異なります。(詳しくは、「日本年金機構」のホームページを参照してください。)

児童扶養手当

父母の離婚や死亡により両親のどちらかと同居していない場合、子供の育成と生活の安定をめざし、児童扶養手当の制度が設けられています。支給額は子供1人の場合およそ4万円となります。

ただし、上記の遺族年金を受給している場合には、児童扶養手当を受けることができなくなるので要注意です。

医療費の助成制度

一人親などの家庭を対象として、「一人親家庭等小児医療費助成制度」の利用ができるようになっています。自己負担分は医療費の1割となっていますが、住民税非課税世帯ではこの自己負担分もなくなります。

その他に公的援助や減免もアリ

その他にもシングルマザーに対しては国や自治体で手厚い保護が成されています。

  • 自治体による独自の給付⇒児童育成手当の支給(例:東京都の場合1人1万3,500円支給)
  • 税制面の優遇⇒所得から寡婦寡夫控除として27万円の控除がされます。(一定所得未満は35万円)
  • 母子福祉資金⇒生活資金、引越し資金、修学資金などを無利子で貸付けしてくれます。
  • 住宅手当⇒各自治体によって詳細は異なっています。
  • 就学援助⇒教育員会が行う援助制度です。まずは学校に問い合わせをしてみると良いですね。
  • 国民年金の申請免除⇒国民の義務である国民年金申請ですが、免除されることができます。詳しくは市区町村役場に問合せてみましょう。
  • 水道料金の優遇⇒水道料金についてもシングルマザーの方は優遇を受けることができます。水道局や自治体に問い合わせてみましょう。
  • 鉄道、バスを利用する際に、運賃の減免を受けることができます。

それでも不足する時には金融機関のキャッシングを

このような制度をフルに活用しても生活費が不足する場合、次のパート代の支給までの間に合わせとしてキャッシングを利用するのも1つの方法と言えるでしょう。消費者金融には無利息サービスを利用できる会社もあります。
また短期間のキャッシングならば、利息もそれほど大きくはなりません。今は最高でも18%という金利で借りることができるので、急な出費に困った時には直ぐに資金を工面できるという意味でもオススメとなります。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ