トマト銀行カードローンでお金借りる!

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

トマト銀行の歴史と概要

トマト銀行カードローン
昭和6年11月に倉敷無尽が設立され、その後昭和16年興国無尽、別所無尽を吸収合併して商号を三和無尽に変更しました。

昭和18年9月には中国無尽の営業の全部を譲り受け、その後昭和26年10月に商号を三和相互銀行に変更しましたが、昭和44年には山陽相互銀行へ商号を変更、平成元年に普通銀行への転換を機に現在の商号へ変更をしました。

トマト銀行は、平成14年7月にも岡山県信用組合の事業譲受を行っています。店舗数は60となっていて、岡山県民の生活をサポートしている第二地方銀行です。

トマト銀行には5つのカードローンがあります

トマト銀行のカードローンには、「トマト銀行カードローン「Q-Li(キューリ)」」、「トマト・カードローンMAX」、「トマト・はなまるポケットカードローン300」、「トマト・カードローン「スピード王」」、「トマト・サンクスカードローン」の5つの商品があります。

「トマト・サンクスカードローン」では電話申込みは利用できませんが、それ以外では全て電話申込みを含めて、WEB、FAX、携帯、郵送、窓口での申し込みが可能です。

「トマト・カードローンMAX」は年収200万円以上が対象

利用限度額が50~500万円という高額融資のカードローンが「トマト・カードローンMAX」です。

金利は5.5%、8.5%、12.5%のいずれかを審査によって決定されます。
低金利カードローンであると言えますが、利用には一定の条件があり、そのうちの全てを満たす必要があります。

「トマト・カードローンMAX」の利用条件とは

申込み時の年齢が満20歳以上60歳未満で、更新時の年齢が満65歳以下であり、勤務先または住居がトマト銀行本支店の営業区域にあることが利用条件となります。

また保証会社中国総合信用株式会社または株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられること、同行の借入れにおいて延滞がないことも条件になっています。

申し込みには200万円以上の年収・3年以上の勤続が必要

上記の申し込み条件は全て満たすべき項目ですが、更に「トマト・カードローンMAX」には以下の利用条件も設定されています。

  • 前年度年収が200万円以上で安定収入があること。ただし派遣社員・パート・アルバイト・専業主婦・年金受給者の申し込みは不可
  • 勤続(営業)年収が3年以上であること。
  • 居住年数が2年以上であること。ただし同行で住宅ローンの利用がある場合、居住年数は不問

上記のように申し込みには200万円以上の年収が必要であり、だれもが申し込めるカードローンとは言えません。「トマト・カードローンMAX」は低金利で借りることができるため、申し込み条件も厳しくなっています。

また「トマト・カードローンMAX」では、利用限度額の2倍以上の年収が必要になっています。500万円の限度額を希望する場合には1,000万円以上の年収が必要です。
ただし、50万円が限度額であっても200万以上の年収が必要となっています。

「トマト・カードローンMAX」申し込み方法

前述のように「トマト・カードローンMAX」の申し込み方法には、WEB、FAX、電話、携帯、郵送、窓口の6通りがあります。

インターネット利用の場合は、トマト銀行のホームページから申し込みできます。
電話申込みではフリーダイヤルに電話をすることで、平日は9~21時、土日・祝日や休日は9~18時まで申込み可能です。(ただし12/31~1/3、5/3~5/5の期間は除く)

また携帯からの仮申込も可能で、指定のURLにからメールを送信するか、申し込みのページにアクセスします。

FAX申し込みは、ホームページから仮審査申込書をダウンロードし、郵送ではFAX利用と同様に申込み書のダウンロードをして必要事項に記入をして送付します。

また窓口申し込みは、トマト銀行本支店の窓口で申し込みをしますが、6種類用意されている申込みのうち最も便利な方法と言えば、はやりインターネットによる申し込みでしょう。

インターネット申し込みの流れ

WEBサイトからの申し込みの流れは、中国総合信用株式会社のローン申込み画面へ移動をして専用フォームで仮審査申込みをします。その後審査結果の連絡が来ますので、その後は必要書類を持参の上トマト銀行の窓口へ行って正式契約を行います。

契約に必要な書類は運転免許書などの本人確認書類、通行・お届け印、所得証明書類の原本となっています。

「トマト・カードローンMAX」の返済方法は毎月定例返済

毎月10日に借入残高に基づいた返済額を返済用預金口座から返済します。1万円以上50万円以下が残高ならば1万円の返済となります。

トマト銀行カードローンでお金借りるまとめ

トマト銀行には前述のように6種類のカードローンがあり、「トマト・カードローンMAX」以外では1,000万円まで利用可能であるものや、審査スピートが早いもの、最短即日融資も可能なもの、給与振込みや住宅ローン利用中の方を対象としているものもあります。

「トマト・カードローンMAX」では専業主婦やアルバイト・パートの方などの利用は不可となっていますが、他のカードローンでは利用できる商品もあるので、それぞれのカードローンの利用条件をチェックしてみると良いです。

トマト銀行本店のある岡山市には、岡山県立博物館があります。日本三大名園の1つ、後楽園に隣接されているため、一度に見学ができるので便利です。館内では岡山県の歴史の流れを知ることができます。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ