学生ローンのトーエイには長い歴史がある!申し込みや返済の方法とは?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

トーエイは学生ローン業者の中でも特に古い!

トーエイは昭和48年に設立された消費者金融です。老舗の貸金業者として40年以上に渡り営業を続けていますが、正式には東栄開発株式会社という商号で登録をしている金融業者です。所在地が東京都新宿区高田馬場にあることから、学生の街に店舗を構えて多くの学生に融資を行って来たのでしょうね。

トーエイの金利は15.0%~18.0%となっています。学生ローンは一般的な消費者金融よりも低金利であることがメリットでもあるのですが、トーエイの金利は高めの金利設定となっているんです。金利の高さだけを見れば通常のキャッシングサービスと同じ水準と言えるでしょう。
【有名な銀行の金利についてみずほ銀行の金利は低い方?それともフツウ?

利用限度額についてはどうかと言えば、この点では他の学生ローンと同じように50万円までとなっています。ただし誰もが高額融資を受けられる訳ではありません。アルバイトの収入がいくらあるのか、週に何日くらい働いているのかなどが安定収入の有無を判断する材料となり、状況に応じてその人の借入限度額が決まるからです。

トーエイでお金を借りる方法についてホームページで確認しようとすると、余りにも簡素な作りとなっているため戸惑うことも多いことでしょう。以下ではトーエイの利用に必要な知識について説明していますので、参考にしてみてください。

トーエイを利用するなら注意したい4つのことがある!

トーエイでお金を借りるためには、まず申込みや返済のやり方について確認する必要があります。利用には注意したい4つのことがあるのです。

  • どんな人がトーエイを利用できるのか
  • 必要書類にはどんなものがあるか
  • 申し込み方法について
  • 返済方法について

学生ローンならどこも同じ内容という訳ではなく、それぞれの業者によって利用方法が異なっているのが普通なんです。トーエイにも独自の決まりや利用方法があるので、サービスの内容をしっかりと確認するようにしましょう。

どんな人が利用できるの?18歳や19歳の未成年はお金借りれる?

トーエイで学生の方がお金を借りる時には、以下の条件を満たしていることが必要です。

  • 20歳以上の大学生・短大生・専門学校生・予備校生であること(18歳や19歳の未成年は利用不可)
  • 安定した収入があること(無収入の学生は利用不可)

トーエイでは未成年の利用は不可となっています。学生であっても高校生や高等課程の専門学校生・大検予備校生・留学生は申し込みできません。たとえ20歳以上の学生であっても、無収入だとトーエイを利用することはできません。アルバイトなどで毎月安定した収入があることが必要です。

ただし借入期間中に卒業して学生でなくなった場合、契約書に記載されている期間内ならば引き続き利用可能になります。卒業の日を境に利用不可となることはないので、就職活動などでまとまった資金を借りたいという場合にも安心して申し込みできますよ。

トーエイの申し込みで提示する必要書類は何?

トーエイでお金を借りる時に用意する必要書類はこのようになっています。

  • 学生証
  • 運転免許証・健康保険証・パスポートの中から1点

トーエイに申し込みするならば、学生証の提示は必須です。専門学校生や予備校生などで学生証が発行されない場合には、電話で相談する必要があるでしょう。学生証の他にも運転免許証などの書類が必要なので、合計で2種類の身分証明書を提示することになります。

トーエイの申込方法とは

トーエイに申し込みする方法は2つしかありません。

  • 来店して申し込み
  • インターネットで申し込み

ただし、現在は新規申し込みの場合は来店で申し込みする必要があるんです。以前まではインターネットからの申し込みも可能でしたが、新規の場合だけ変更になったようです。トーエイの店舗がある高田馬場近郊に住んでいる、あるいは学校があるという学生さんでないと利用しにくい学生ローン業者と言えるでしょう。

トーエイの営業時間は、平日は9時30分~18時、土曜日は9時30分~14時30分となっていますが、融資受付時間は少し違っているので注意しましょう。

  • 平日:10時~17時30分
  • 土曜日:10時~14時

上記の曜日や時間帯ならば新規申し込みでも来店することができれば即日融資可能かも知れませんね。来店の際には契約のための条件があるため、事前に電話連絡をして確認しておく必要があります。

一方、新規ではなく追加融資や再契約の場合ではインターネットでの受付けも行っています。トーエイの会員番号を持っている学生の方は、来店なしでも申し込み可能です。

トーエイとの連絡方法では、本人から会社に連絡する・会社から本人への連絡を希望するのどちらかを選ぶことができます。
親バレが不安という学生さんならば、自分でトーエイに連絡を入れるようにするのがおすすめとなります。

トーエイへの返済方法は?

トーエイの返済方法は自由返済方式となっています。学生本人が約定支払日を決めることができるのですが、返済日までに利息に任意の元金返済分を合計して支払います。返済期間は1ヶ月~36ヶ月(1回~36回)となっているので、期間内に元金の返済が終わればOKとなるのです。

返済期間中に卒業して学生でなくなった場合、「一括返済が必要?」と心配になる方もいるでしょう。安心してください、トーエイでは卒業後返済も可能なので、社会人になってからも継続して返済していけますよ。

仮に就職できずに無職となってしまった場合でも、返済期間内ならば計画的に返済を続けていけるんです。ただし返済資金が足りない、うっかり返済日を忘れてしまったなどの場合には、20%の遅延損害金が発生する場合もあります。

トーエイでは遅延サービスというものがあり、約定返済日から7日以内なら遅延利率が適用されないという口コミが多いです。1日や2日程度ならば返済に遅れても問題ないかも知れませんが、この点についてはトーエイに直接確認をした方が良いでしょう。

返済期間の最終月には利息に加えて元金の残金を支払う必要があるため、注意が必要です。特に返済期間が終了する間際まで利息の支払いしかして来なかったという方は、最終月に借入元金の全額を一括返済することになるからです。

トーエイに返済する方法は3つあるので、都合の良い方法を選んで計画的な返し方をしていきましょう。

  • 銀行振り込み
  • 店頭持参
  • 現金書留

振込先の銀行は、以下の通りです。

  • 三菱東京UFJ銀行・高田馬場駅前支店
  • 三井住友銀行・高田馬場支店
  • みずほ銀行・高田馬場支店

いずれかの銀行に口座がある方は本支店間での振り込みがおすすめです。振り込みの手数料が安く済みますからね。

友達紹介で紹介料ゲットや金利優遇のメリットがある?

トーエイに関する口コミでは、友達紹介でお得なメリットがあると評判です。

  • 紹介料として2,000円~5,000円
  • 金利の引き下げ

金利の引き下げについては確かなことは分かりませんが、紹介した友達の人数により段階的に借り入れの利率を低くできるようです。詳しくはトーエイに問合せしてみると良いでしょう。
【関連記事→友達の結婚式のご祝儀が払えないときの対処法

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ