フリーローンって?カードローンとの違いは何?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

フリーローンとカードローンはなにが違うの?

多くの方にお馴染みの銀行ローンと言えば、「カードローン」ではないでしょうか。カードローンは、消費者金融で良く使われるキャッシングという言葉とほぼ同意語となっています。また、消費者金融でもカードローンという言葉は使われているので、結局、カードローンもキャッシングも同じ性格の金融商品と言えるのです。

ところで、その他に「フリーローン」という言葉も良く聞きますよね。言葉から推測すると、何だかとても自由な感じがします。どんなことにも利用できそうな「フリー」という言葉が、大きな期待を持たせてくれます。

ところでカードローンとフリーローンって、実際のところどちらがより「フリー」なのでしょうか?両者の利用のしやすさ、金利、利用使途などを比較し、その利便性に迫ってみたいと思います。

利用方法で比較する

カードローンとフリーローンの違いを解説する時、最も大きな違いとして利用方法が挙げられます。その違いとは以下の通りです。

カードローンは何度も借入れ可能

カードローンの申し込みをすると、それを受けて金融会社では審査を行います。その時に借入限度額も同時に決定をします。30万円の借入れ限度額のうち10万円しか借りなかった場合、後から追加で20万円借りることができます。その後10万円返済した場合には、再び10万円の借入れが可能になります。このようにカードローンは借入限度額の範囲内で何度でも繰り返し借入れと返済が可能になっています。この点はカードローンの大きなメリットとなっています。

カードローン利用のデメリットって?

上記のようにカードローンは繰り返し利用できることがメリットとなっていますが、それは反対にデメリットでもあるのです。金融会社から一度与えられた借入枠の範囲で、自由に借入れ・返済をする度に返済は永遠と続くことになります。そうなると、借金をしているのが当たり前のようになっていきます。良く「常態化」という言葉が使われますが、正にその状況となってしまうのです。
この場合、カードローンを完済するためには、繰上返済や一括返済が最も有効となります。

フリーローンは1回ごとの契約

フリーローンの場合、実際の利用の方法はそれぞれの金融機関により違いがあります。それでも、申込んだ金額を借りる場合、全額を一括で借入れることになります。そしてその契約は1回ごとに終了します。その後に続けてキャッシングすることはなく、返済のみ行っていくことになります。またお金を借りたい時には、改めて申込みを行い、審査も受けることになります。この点はカードローンの利用方法と大きく違うところです。

フリーローンって何がそんなに便利なの?と言えば、借金を確実に返済するということに特化していることでしょう。1回借りたらそれで終わりということで、後は確実に返済をしていくことになります。もちろん追加借入れできるカードローンも便利ですが、少しでも早く完済したい場合にはカードローンよりもフリーローンの方が良いと言えます。

それでもフリーローンはカードローンよりも金利が低くなっているので、1回ごとの契約であっても利用しやすいローンと言えるでしょう。

フリーローン利用のデメリットって?

フリーローンの場合、カードローンに比べて自由さでは欠ける部分があります。利用の使途については自由となっていながらも、事業性資金のほかに投資資金や税金の支払い、他社の借金の支払い、土地の購入、慰謝料などでは利用できないことになっています。
一方、同じ銀行のカードローンでは、事業性資金の利用はできませんが、それ以外の制約はありません。

また利用には、銀行によっては資金を直接支払先に振込む方法で融資を行っている場合もあります。その場合には、利用者の口座を通じて振込まれることになります。このような場合には利用の使途が限定され、申請した使途以外では借りたお金を使うことができなくなります。

またフリーローンには、200万円以上というように、年収による利用の制限がある場合もあります。一方、カードローンでは年収の制限がない場合が多いです。

フリーローンって多目的ローンと同じ?

フリーローンという商品を用意している銀行もありますが、それよりも「多目的ローン」という商品となっている銀行の方が多いようです。フリーローンって多目的ローンと同じ?と思うかも知れません。その通り、どちらも同じ性格のローンとなっているのです。商品名が違うだけで、用途は同じです。それぞれの銀行ではこのようにフリーローンが用意されていて、ブライダルローンやおまとめローンの代わりとしても利用されています。

フリーローンの審査って?厳しい?

フリーローンの審査は、カードローンの審査と同様に申込後に行われます。申込みはインターネットからでも可能になっています。書類の送付が郵送になることが多く、カードローンとは違い借入までには時間が掛かります。
それでも審査については、返済計画を立てやすいローンであることから、一度借りたら完済までの先行きが不透明となるカードローンよりは、審査に通りやすい傾向にあるようです。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ