プロミスの即日融資まとめ

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

プロミスで即日借入をすることはできるの?

プロミスは即日融資を希望される時でも、便利に利用できるサービスの1つです。今すぐ必要なお金を何とかしたい、不足している生活費を補填したい場合、できることならば申込みの当日にキャッシングできれば、これほど心強いことはないですよね。

それでも誰もがいつでも、プロミスで即日融資を受けられるとは言い切れない部分もあります。プロミスで今日中にお金を借りるには、プロミスの提示する即日融資の条件をクリアする必要があります。

プロミスで即日キャッシングするには

プロミスで即日お金を借りる方法は主に2通り、振り込みキャッシングとATMキャッシングがその方法となっています。

もちろんプロミスでお金を借りる方法は、即日融資であっても翌日以降の借入れであっても、以上の2つの方法となっています。

それでは借入れの方法は同じなのに、今日中にキャッシングできる場合と、明日以降の借入れとなってしまうその分かれ目は、一体どこにあるのでしょうか?

プロミスの即日融資、そのカギは?

プロミスで即日のご利用を希望されるならば、ぜひ申込み方法、申込みの曜日と時間に注意していただきたいです。即日融資の分かれ目は、正にこの点にあるのです。

プロミス即日融資のカギその1~申込み方法

プロミスでのキャッシングの申込みから、実際の借入れまでの流れは、以下の通りになっています。

  1. お申込み
  2. 審査
  3. ご契約
  4. お借入れ

このような流れとなっていますが、1~4までの手続きに掛かる時間は、人それぞれです。 申込み後に行われる審査に要する時間については、最短で30分ほどとなっています。もちろん、人によっては審査だけで数時間掛かることもあります。

また、早い方では審査にそれほど時間が掛かることもなく、審査後の契約を含めて1時間ほどで実際にお金が借りられる場合もあります。

即日融資のお申し込み、最速はインターネット利用

運良く申込みから借入れまでを1時間で済ますことができても、また審査に数時間掛かってしまう場合でも、そのために要する時間は結果が出るまで分かりません。申込みから借入れまでの時間を初めから知ることは不可能と言えるでしょう。

そのため、申込みはできるだけ早く済ませることが賢明と言えますね。プロミスの申し込みには利用する方のニーズに合わせていくつもの方法が用意されています。その中でも最速となる申込み方法は、インターネットを利用する方法です。

インターネットでの申込みには、パソコンかスマホ、携帯電話を利用します。ネット申込みのメリットとは、即日融資を可能にしてくれるだけではありません。店舗へ足を運ぶ時間がない、わざわざ店舗に行くのが面倒という場合でも、外出の必要もなく申込みできるという点にあります。またネット利用により24時間365日いつでも申込みができることも、大きなメリットと言えます。

プロミス即日融資のカギその2~申込み時間

ネット申込みをすると、プロミスで審査が行われます。審査は9~21時まで行われているので、その間に申込みをすることが即日融資を受けるための基本的な前提となります。審査が終了すると借入可能額の回答があるので、その時点でどのくらいの金額が借入れ可能になるのか知ることができます。ただし、正確な借入可能額の回答については、本審査が完了してからとなります。

ネット申込みが完了すると、その後審査が始まります。このようなスムーズな流れにより即日融資が実現していると言えます。

申込み方法については上記にようにネット申込みが最速であることをお分かりいただけたと思います。それでもいくら24時間受付け可能であると言っても、審査受付け時間を過ぎてから申込んだのでは即日融資は難しくなります。

借入方法により変わる即日融資の申込み方法

上記のように即日融資には、審査受付け時間内の申込みが必須となります。さらに借入れ方法により申込み可能となる時間が違ってきます。冒頭でも触れたようにキャッシングの方法には2つありますが、それぞれの方法によりタイムリミットが違っています。

振込みキャッシングの場合

振込キャッシングとは、申込みをした後に自分の指定する銀行口座に振込みをしてもらう借入れ方法です。当日中の振込みには、銀行の振込業務が終了する前に申込む必要があります。

プロミスで即日の振込みキャッシングを希望する場合、平日14時までにWEB契約完了する必要があります。それでも14時までがタイムリミットとなっている消費者金融が多い中、プロミスは若干ではありますが長目の受付け時間となっています。

ATMキャッシングの場合

即日でATMキャッシングを希望される場合、申込み後にカードを発行する必要があります。カードで即日融資を希望される場合には、ネットで申込みをした場合でも自動契約機やお客さまサービスプラザ(店頭窓口)へ足を運んでカードを発行してもらいます。

自動契約機の受付時間は、9:00~22:00(※一部21時もあります)となっているので、振込みキャッシングを利用する場合に比べると、時間的に余裕があります。ただし、お客様サービスプラザの利用の場合、一部店舗を除いては平日のみ10~18時までの受付けとなっているので、要注意です。

さらに即日融資を希望されるならば、自動契約機でカードを発行する前にネットで申込み、審査を済ませておくと良いです。自動契約機での待ち時間を短縮できることや、申込み書の記入や契約書などへの署名など、手書き作業を省略することができます。

銀行により振込み可能時間の大幅延長も可

振込キャッシングを利用する場合、プロミスでも平日の14時までのWeb契約完了がタイムリミットであるということは前述の通りです。それでも「三井住友銀行」か「ジャパンネット銀行」の口座をお持ちの方に限り、振込み受付時間の大幅延長が可能になります。

両行への口座へ振込みを依頼する場合、一時的にサービス停止をする時間帯もありますが、それ以外ならば基本的に平日・土日・祝日問わず24時間振込みが可能になっています。振込みは受付けから最短で10秒程度というスピード(※)です。両行の内、どちらかの口座を持っている方は、プロミスの利用はかなりオススメと言えるでしょう。

※条件:瞬フリサービスをご利用いただく場合、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能。

プロミスの即日融資には、申込み方法と申込みの時間に注意し、更に提携銀行の口座を保有していることで、より希望が叶う可能性が高くなると言えます。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ