私でもプロミスの審査に通る?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

プロミスでお金借りるなら審査について知ろう!

お金を借りる時、どうしてもクリアしなくてはならないのが、審査です。それでも審査基準については金融機関によって多少の違いがあるようです。

たとえばプロミスの審査に通りたい時、プロミスの貸付条件を満たしていることが必要となります。もちろん、社外の人がその詳細を知ることはできません。それでもHPに記載されている貸付条件を見れば、審査に通るための最低ラインを知ることはできます。
また、審査に通る為の一般的な条件もクリアする必要があります。

プロミスの審査は、最短30分で完了するため、最速で即日融資を受けることも可能です。そんな使い勝手の良いプロミスでお金を借りるために、何としてでも審査に通過したいものですね。
以下では、プロミスの審査に通る為に必要なことを紹介しています。ご参考になさってくださいね。

プロミスの審査に通るためには?

プロミスの貸付条件は以下のようになっています。
●20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
基本的には、プロミスの審査に通るにはこの1点のみをクリアすれば良いことになります。

プロミスの審査に通るのはどんな人?

プロミスにキャッシングの申込みをして、審査に通る人の条件は上記に挙げた通りです。具体的にはどんな方がプロミスの審査に通る可能性があるかと言えば、正社員、公務員、パート・アルバイトなど、そして自営業の方です。要するに安定した収入を得ていて、年齢の範囲に入る方は借入れできる可能性があるということです。

パート・アルバイトとは?

正社員に比べて安定した収入という点では少し条件が悪くなりますが、上記のようにパートやアルバイトの方でもプロミスの審査に通ることは可能です。

一口にパート・アルバイトと言っても、この中には派遣社員や契約社員の方も含まれます。「社員」いう言葉は含まれていますが、非正規採用の労働者であることには変わりありません。

パートやアルバイトは1つの職業ではありますが、その仕事を専業としている方がいれば、主婦や学生といった別の職業を兼ねている方もいます。プロミスではそのどちらの場合でもお金を借りることは可能です。

プロミスの審査に通りにくいのはどんな人?

プロミスの審査に通りにくい方と言えば、上記の反対に値する方ということになりますが、さらに収入のない専業主婦の方、5年以内の返済の延滞や7年以内の債務整理をされた方は、審査に通らない可能性が高いです。

専業主婦の方については、総量規制があるためにプロミス以外でもお金を借りることは難しくなっています。

また何社にも借入れがある場合もプロミスの審査に影響します。また短期間のうちに多くの会社にキャッシングの申込みをしてしまった場合、申込みブラックになる可能性もあります。初めにプロミスに申込まずに数社目に申込んだ場合、プロミスの審査に通りにくくなってしまいます。

プロミスの審査に通りにくい原因を無くす

プロミスの審査に通るためには、審査に影響することを解決することが重要となります。上記のように返済の延滞や債務整理の履歴がある場合は十分な期間を開ける必要があります。

他社で借入れがある場合、プロミスの審査に通りにくくなります。この場合には他の借入れを整理するか、プロミスのおまとめローンに申込むことで、審査に通る可能性も出てくるでしょう。

申込みブラックになってしまったと思われる場合は、最低でも6か月間は開けると良いでしょう。個人信用情報機関で保持される申込みの記録は6か月間保持されることになっているため、この記録が消えるのを待つしかないと言えるでしょう。

専業主婦の方がキャッシングを考えるならば、1週間に数回のパートでも良いので、多少の収入を得ることをオススメします。もちろんご家庭の事情もあるので、ムリな場合もあると思います。その場合には銀行のカードローンを利用されると良いでしょう。銀行ならば総量規制の影響を受けていないので、専業主婦の借入れOKとなっている銀行もあります。ただし、その場合には旦那さんに安定した収入があることが前提となっているので要注意です。

まずは、お借入れ診断を受けてみる

以上ではプロミスの審査に少しでも通りやすくなる方法をご紹介しました。それでも実際に申込みをするまでは、本当に審査に通るのかどうかは分かりません。いきなり申込みをしてダメだったら…と申込みをためらってしまう場合には、プロミスのHPにある「お借入診断」の利用がオススメです。「3秒診断」というボタンを押すだけで、お借入診断のページを開くことができます。そして入力する項目は3つとなっているので、実際には3秒はムリでも、1分も掛かることでないでしょう。
入力の項目は以下の通りです。

  • 生年月日:この時点で20~69歳に該当しない場合は、申込みできないと言われます。
  • 年収:税込年収を入力します。
  • 現在のお借入金額:他社からの借入金額を入力し、借入れが無い場合「0」とします。

なお、現在の借入れについては住宅ローンや自動車ローン、銀行カードローン、クレジットカードのショッピングなどは、除外して入力します。

ただしお借入診断での結果は、あくまでも目安なので、実際のプロミスの審査とは違う結果になることもあります。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ