ベルーナローンの金利や在籍確認で借入はバレない?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

ベルーナローンは、その名前から推測できるように大手通販会社のベルーナグループのベルーナノーティスという名前のカードローンです。

多くの街金やサラ金ではフリーローンの提供をしていますが、こちらは専用カードが利用できるカードローン商品となっています。

カードローンは、カードを利用してATMから利用限度額の範囲で何度でも借り入れができる便利なローン商品です。

ベルーナローンの初回利用は50万円まで

ベルーナ―ローンの利用限度額は1~100万円となっていますが、新規で契約する場合は50万円が上限となり、金利は実質年率18.0%となっています。

申し込みできる条件とは

ベルーナ―ローンを利用できるのは20歳以上75歳までの安定収入がある方となっていますが、主婦やパート・アルバイトの方も利用可能ですので、特に主婦の方が家族に内緒で利用したい時などにも相談してみると良いでしょう。

新規申し込みの流れ

ベルーナ―ローンに新規で申し込みする時、パソコンや電話、FAXや郵送が利用できます。申し込みは利用できる方法が多いため、それぞれの方の都合によって選択できます。

そのうちパソコンで申し込む場合は次のような流れとなります。

  1. 申し込み
  2. 審査結果の連絡
  3. 本人確認書類の送付
  4. 契約・カードの発行
  5. 振込み・明細書の発行

本人確認書類の送付については、郵送またはFAXによる方法があります。運転免許証などがそれに該当しますが、50万円を超える借り入れや他社との総額で100万円を超える場合には収入を証明する書類も必要になります。

借入方法は2通りある

ベルーナ―ローンの借入方法には、振込み・カードでATMから借入れの2通りがあります。

カードは借入れ専用となり返済には利用できませんが、セブンイレブンやローソン、三菱東京UFJ銀行、東京スター銀行、イーネットから引出し可能です。
気になるATM手数料も無料となっているので、必要な時にその都度利用できます。

返済方法は3通りある

ベルーナ―ローンの返済方法は、銀行引落し・郵便引落し・銀行振込みの3通りが利用可能です。自動引落しの場合は毎月5日が返済日になります。

また銀行振込みの場合は、返済日が毎月5日か27日のいずれかが選択可能です。

返済額は借入後残高により決まる

ベルーナ―ローンの返済はリボ払いとなっていて、毎月の返済額は借入後残高によって決まります。

残高が10万円以下の場合には毎月4千円が返済額となり、返済の回数は最大32回となります。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ