マルショウKMで借金をする方法

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

マルショウKMは多くの街金と融資のシステムが異なり、有担保ローンの展開をしています。担保となるのは不動産であり、不動産担保ローンのマルショウKMとして相談から申し込み、そして融資までをトータル的にサポートしています。

対象となるのは個人の方はもちろん法人や個人事業主の方も含まれていて、利用できる年齢は20~70歳となっているため、幅広い範囲での利用が可能なサラリーマン金融になっています。

マルショウKMの商品内容

マルショウKMの不動産担保ローンは対象となる方に関わらず、利用限度額や金利はいずれも利用限度額は100万円~1億円であり、金利は年8.0~15.0%となっています。

融資期間は1年、返済回数は1~12回となっているため、期間内での返済が基本となりますが、審査により期間更新が可能になっているため、返済に困った場合には相談してみると良いでしょう。

また融資エリアが決まっていて、大阪府を中心とする関西地区(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県)に居住している方に利用を制限されています。

申し込みから借入れまでの流れ

マルショウKMに申し込みをする場合、まずは電話やパソコン、そして来店にて相談をすることから始めると良いでしょう。その後の流れは次のようになります。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 契約
  4. 融資

申し込みには必要書類の用意をして手続きを行います。
その後審査が開始されますが、提出した書類の内容だけでなく物件の調査も合せて実施されます。

その後、必要書類を用意して契約書類の作成を行います。そして抵当権登記手続きが完了すると融資となります。

必要となる書類とは

マルショウKMの申し込みに必要となる書類は以下のようになります。
相談時と契約時にそれぞれ必要となる書類が異なっています。

《契約時に必要な書類》

  • 不動産登記簿
  • 公図
  • 案内図

《契約時に必要な書類》

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 権利証
  • 本人を確認できる書類(運転免許証など)

契約には事務手数料が必要

マルショウKMの不動産担保融資の契約には、事務手数料が必要になります。金額は元金に対して1%となっていますので、相当額の用意が必要となります。

複数のローンの一本化にも利用可能

マルショウKMでは複数の業者の債務を一般化したい時にも対応しています。

所有する不動産を活かしておまとめローンとしても利用できるため、例えば社会人の方が消費者金融や闇金で借金してしまい返済に困っている場合でも、相談をしてみると良いでしょう。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ