マンモスローンで借金をする方法とおまとめローンについて

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

マンモスローンは「貸金業法に基づく借換ローン」を専門としている街金です。

フリーローンが主力商品となっている大手消費者金融や街金、サラ金が多い中、マンモスローンでは複数の消費者金融からの借金を一本化できるため、特に社会人の方におまとめローンとして利用されています。

「マンモスローン」でおまとめローンによる借金の一本化

マンモスローンでおまとめローンを利用するメリットと言えば、何と言っても借金の一本化です。

マンモスローンでは100~2,000万円が利用限度額であり、金利は7.3~15.0%となっています。

借金を一本化するメリットとは

マンモスローンで借金を一本化することにより、数社の消費者金融から借入れがある場合、今まで返済していた金利よりも低金利での返済ができる可能性があります。

大手消費者金融だけでなく、サラ金や街金であっても金利は利用限度額によって設定されています。

複数の金融会社で少額の借入れをするよりも、借金を1つにまとめることで大きな借入金となり、今までよりも金利を下げることが可能になります。

更におまとめローンのメリットはこの他にもあり、以下でも説明しています。

借金の一本化により返済日は毎月1回に

マンモスローンでおまとめローンを利用することにより、今まで複数回あった返済日を毎月1回にすることができます。

返済日の管理は意外にも大変であり、複数あることで返済の意欲が薄れる可能性もあります。それに対して返済日が毎月1日のみとなることで、集中して返済にあたることが可能になります。

おまとめローンの利用は総量規制の対象外

街金やサラ金のみならず、プロミスやアコムなどの大手消費者金融でお金借りる場合でも、総量規制の導入により借入金総額は年収の1/3以下と決められています。

ただし総量規制には例外があり、それが記事冒頭にも記してある「貸金業法に基づく借換ローン」です。

利息制限法では個人向けの借入総額を制限していますが、おまとめローンの利用により現状に比べて大幅に有利になる場合、年収の1/3を超える場合でも借入れが可能になります。

マンモスローンの申し込み方法

マンモスローンでおまとめローンの申し込みをする時には、パソコンやモバイル、電話、FAXの4通りから手続きできます。

申し込みから融資までの流れは、以下の通りとなります。
まずは上記の4通りの内、いずれかの方法を選択することから手続き開始となります。

  1. それぞれの方法で申し込み手続き
  2. 審査開始・審査結果の連絡
  3. 契約完了後、口座へ振込み
「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ