主婦がお金借りるなら!おすすめの方法と条件を確認しよう。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

主婦でもお金を借りることはできる?

主婦でもお金を借りることはできるのでしょうか?
こんな疑問を持っている方も多いでしょう。
結論から言うと、主婦でもお金借りることは可能です。

もっともこの結論がすべての主婦に一様にあてはまる訳ではありません。さらに一口に「主婦」と言っても、人により利用できる金融機関が違います。

それぞれの金融機関では、「主婦」の申込みについては仕事を持っている主婦、収入のない専業主婦とで区別をし、それぞれに別の対応をしています。主婦がお金借りるとき、申込みできる金融機関が異なってしまうのは、このためなのです。

主婦のキャッシング、厳しい実状

主婦業も職業の1つであり、365日24時間対応であるため、時給換算すると相当な金額になるそうです。それでも実際に家事労働で給料を貰っている方は殆どいないでしょう。そればかりか家計を助ける為に外に出て働く主婦も多く、その時なって初めて給料が貰えます。それでも家事は誰にも代わってもらえないため、兼業主婦として頑張って行くことになります。

今まで専業主婦として家事に専念していた方も、社員として、パートやアルバイトとして働くことで、金融機関でお金借りることができるようになります。主婦が借入れをするには仕事と家事の両立が必要ということになるので、主婦のキャッシング事情は厳しい状況にあると言えます。

主婦が収入の有無により区別されるワケ

金融機関では主婦の借入れについて、収入の有無により区別をした取扱いをしています。特に大手の消費者金融で収入の無い専業主婦が申込みをする時、門前払いに遭うというのが現状となっています。

2010年に改正された貸金業法で「総量規制」が新たに追加されたことで、それまでの主婦のキャッシング事情がガラッと変わってしまったのです。主婦が借入申込みをする際、収入の有無により申込みの不可が左右されてしまうのです。

以前は専業主婦でも消費者金融から自由にお金を借りることは可能でした。もちろん際限なく借入れできたという訳ではありませんが、少なくても申込みの時点で断られるということはありませんでした。

主婦の借入のポイント!総量規制とは?

総量規制とは何か?と疑問に思う方、既に知識として知っているという方と様々であると思いますが、ここでおさらいしておきましょう。

  • 借入可能額は年収の1/3以下
  • 50万円を超える借入れ、または他社との借入れで100万円を超える借入れには収入証明書の提出が必要。

基本的に上記2つを覚えておけば問題ありません。
収入の無い主婦はこの規制により借入可能額は0円ということになります。数字として説明するならば「0円×1/3=0円」ということになります。
一方、働いていて少しでも収入があれば、年収に応じた借入可能額を算出できます。たとえば年収が60万円である場合、「60万円×1/3=20万円」となり、20万円までは消費者金融でお金借りることが可能になります。

配偶者貸付

上記の総量規制には例外の貸付があり、配偶者貸付がそれにあたります。
収入のない専業主婦でも旦那さんの収入の1/3以内の借入れが可能になります。ただしその場合には、旦那さんの同意が必要になるほか、夫婦関係を証明する書類の提出や住民票などの書類が必要となります。
それでも現在大手消費者金融では、事務の煩雑さから基本的には配偶者貸付は行っていないということです。

専業主婦は申込みできないの?

ここまで読んでいただいた方は、それでは専業主婦はどこでもお金を借りることはできないの?と心配になることでしょう。
それでも、専業主婦でもお金借りることは可能です。ただし、借入先は限定されてしまいます。

専業主婦が借入れできる可能性があるのは「銀行カードローン」です。総量規制の対象外となっている銀行カードローンならば、旦那さんに安定した収入があれば多くの銀行で専業主婦でもお金を借りることは可能です。
主な大手銀行での専業主婦の借入れはどうなっているのでしょうか?

専業主婦でもOKのカードローン

日本のメガバンク3行での専業主婦の借入れを以下にまとめてみました。(※詳しくは商品説明書を参照して下さい)

  • みずほ銀行⇒専業主婦OK(上限30万円、旦那さんの安定した収入が必要)
  • 三井住友銀行⇒専業主婦について言及なし(原則として安定した収入が必要)
  • 三菱東京UFJ銀行⇒専業主婦OK(上限30万円、旦那さんの安定した収入が必要)

以上のようにメガバンクでの借入れならば、みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行で専業主婦の利用を可能としています。30万円が上限となっているので高額融資はムリですが、当面必要なお金を借りることは可能となります。

三井住友銀行については、主婦でもパートなどで安定した収入があれば利用できるとHPで表記されているので、専業主婦はNGになる可能性があります。

また楽天銀行では、専業主婦専用の申込みページが設けられていて、50万円を上限して申込みできます。イオン銀行でも50万円を上限に専業主婦でも申込みできます。ジャパンネット銀行ではネットキャッシングとして利用できますが、こちらも旦那さんに安定した収入があれば申込みできるということです。

この他にも検索をすれば同様に専業主婦の申込みができる銀行カードローンはあると思います。

主婦が旦那にバレずにお金借りることはできる?

上記の銀行カードローンで申込みをする場合、必要になるのは本人確認書類のみとなります。そのため、旦那さんに用意してもらう書類もなく、契約者本人の運転免許証や健康保険証となりますので、旦那さんに断らずに申込みすることは可能です。

ただし返済の遅延や滞納があると、督促の電話がや郵送物が来ることもあるので、計画的にお金借りることが大切というのは言うまでもありません。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ