交通違反金が払えない時の対処法は?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

交通違反のお金が払えないというケースでどうするのか

交通違反をして警察に切符を切られてしまう場合もあるでしょう。交通違反をした場合、違反金を支払うことになりますが、この時に渡される切符には、青色の「青キップ」と、赤色の「赤切符」の2種類があります。

色の違いは、「反則金」と「罰金」の違いとなります。
反則金と罰金とはどう違うのか?またお金がなくて違反金を支払えないとどのようなことになるのか、以下に挙げてみます。

違反金には反則金と罰金がある

交通違反で警察から切符が切られる時、通常は「青切符」となります。「反則金」として青切符が切られる訳ですが、これは行政処分ということになります。

また「赤切符」の方は、青切符とは違い「罰金」ということになります。反則金との違いは刑事罰ということになり、裁判に掛けられる可能性があるということです。

それぞれ切符を切られた後の流れとは?

切符を切られてから最終的に手続きが終了するまでの流れは、切符の色により違います。

青切符を切られた場合(反則金)

初めに警察から切られる青切符(交通反則告知書)は、仮納付を受取った翌日から7日以内に納付書を使って反則金を支払います。この日が反則金の納付期限となっているため、納付書に書かれている期日まで支払いをしない場合、この納付書では支払いができなくなります。

納付書の有効期限が切れた場合は、通告センターに出頭し改めて本納付書を再交付してもらう必要があります。反則金の支払い意志があるならば、最初の7日間で支払いをしてしまうと良いでしょう。反則金の支払いをすることで、刑事罰を受ける心配はなくなります。

赤切符を切られた場合(罰金)

青切符での反則金の納付を期限まで行わない場合、40日程で赤切符(本納付書)が郵送されて来ます。さらに郵送の手数料800円加算も負担することになります。この時点で起訴されることが多く、検察から呼び出される事になります。その後は略式裁判にかけられることになり、罰金刑が確定します。この金額は初めの反則金と同じ額になりますが、その違いは有罪判決を受けたという事実が残ることです。

また初めから赤切符(告知票)を切られる時もあります。この場合は、直接交通裁判所に呼ばれることになります。ここへは青切符を切られながら反則金を払わなかった人も呼ばれます。そして同様に略式の裁判にかけられることになります。その時期は取締りから20日後となっています。裁判所に出頭しないとその後も呼び出しがかかり、それでも出頭しない場合、最終的には最悪逮捕ということもあるようです。

違反金を払えない時は、借りるべき

このように青切符を切られても反則金の支払いに応じない場合、赤切符を切られることになり、初めから赤切符を切られた場合と同様の扱いとなります。そして交通裁判所に出頭すれば、罰金を払うことが確定的となります。また出頭しない場合は最終的に逮捕ということも有り得ます。

このようなことを考えると、やはり初めから違反金を支払った方が良いと言えるでしょう。支払うお金がない場合、カードローンやキャッシングでお金を借りるという選択肢もあります。

また初めから赤切符を切られた場合、高額の罰金である可能性もあります。その場合、銀行のフリーローンでお金を借りる方法もあります。違反金の分割払いは原則として認められていない為、払えない場合は借りるべきと言えるでしょう。

消費者金融はピンチの時にだけ使うのが正しい使い方

お金借りるという理由で、消費者金融で自分の娯楽のために借りるのは、あまり感心できませんが、一定期間無利息で借りれるカードローンなど、緊急の時のために便利に利用するのが本来の使い方だと思います。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ