個人事業主の自営業でもお金借りることができる?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

個人事業主がお金借りることを希望する時、どんな金融機関なら借入れが可能になるでしょうか?
個人がお金借りる場合と個人事業主の借入れとで大きく違う点は、個人向けの融資と事業者向けの融資ということで、利用の目的が全く違うということです。借りたお金の使途が違うことにより、可能となる借入金額や申込み方法、審査の厳しさも大きく異なって来ます。

銀行や消費者金融で一般的に取り扱われているカードローンの利用については、事業性の資金として利用することが認められている場合と、反対に個人の利用のみに限定されている場合とがあります。

またカードローン商品とは別に事業者向けローンとして商品を提供している金融会社もあります。
以下では、個人事業主も借入れ可能なカードローンを利用使途別にまとめて行きます。

◎→最短1時間融資の借入サービス、プロミス

個人事業主でもお金借りることが可能なカードローン

個人事業主の方であっても安定した収入があれば、基本的にはサラリーマン同様にカードローンやキャッシングの利用は可能です。個人事業主であることだけを理由に審査で断られることは少ないと言えます。
審査に欠かせない在籍確認、その内容とは?

それでも審査に通らない場合、それ以外に何か不安要素を持っているということが言えると思います。主に収入面での不安ということになると思いますが、もちろん収入が多い月もあれば、極端に少ない月もあるかも知れません。

サラリーマンの様な給料明細がない場合、確定申告書などを提出する必要がありますが、毎月の給料の額ではなく年収として見てもらえば、お金借りることも可能になるでしょう。申込みの前に確定申告書などの収入を証明できる書類の用意をしておきましょう。

カードローンを利用することにより、個人事業主の方でもお金借りることができます。個人用・事業性資金のどちらでもOKであり、利用使途「フリー」となっているカードローンもありますが(フリーローンでお金を借りる)、それでも中には個人利用が限定的になっているカードローン、事業者専用となっているローンもあります。分類すると以下のようになります。

利用使途フリーのカードローン

利用使途フリーのカードローンならば、事業性資金の利用もOKになります。生活費はもちろんですが、自由に使途を選択できるために消費者金融のカードローンは、汎用性が高いと言えます。

ただし、お金借りる際には個人として申込みをするために、総量規制の対象となります。たとえ使い道が自営業の運転資金であったとしても、申込み自体は個人向け融資ということになるため、年収の1/3以下が借入総額の上限となります。

大手消費者金融のキャッシング

プロミスのカードローンには「フリーキャッシング」という商品名が付けられています。肝心の利用使途ですが、生計費に限るとありながらも「個人事業主の方は生計費および事業費に限ります」とあるので、事業費にも利用可能となります。

アコム、アイフルのカードローンの場合は利用の使途を特に明記していませんが、事業性資金として利用をすることは可能になっているようです。正に「フリー」ということですね。またモビットのカードローンの利用対象でも「自営業の方も利用可能」となっているので、使途についての制限はないようです。

◎→実力ナンバーワンの借入先プロミス公式サイト

個人向け利用限定のカードローン

上記のように大手消費者金融では、どこも利用の使途については特に規制がないようです。借入限度額の範囲内で事業性資金として利用することが可能ということになります。

一方、銀行カードローンではメガバンクである三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行でも資金使途では、「自由(ただし事業性資金はご利用いただけません)」と表示されています。この点では消費者金融と大きく異なっています。

個人事業主・自営業の専用ローン

消費者金融であっても事業者ローンとして利用できる場合には、総量規制を気にせずに借入れができます。総量規制とは個人向けの融資について借入総額を規制するものなので、事業用資金ならば総量規制は対象外ということになります。

個人事業主の方が消費者金融で事業性資金としてお金借りる場合には、「自営者カードローン」の利用がオススメです。ただし、金利については通常のカードローンとはほとんど変わりはないと言えます。

プロミスの自営者カードローン

プロミスは自営者専用のカードローン商品がありますが、スピード審査で最短で当日中にお金借りることが可能になっています。利用の使途は事業性資金となりますが、生活資金にも利用できるのがポイントとなっています。
◎→プロミスの詳細

アコムのビジネスサポートカードローン

業歴1年以上であることが条件となっていますが、こちらも既にアコムで借入れをしている場合や年収の1/3まで借入れをしている場合でも、お金借りることができます。資金の使途は自由となっています。
アコムに申し込みしてお金を借りる方法!

アイフルの事業サポートプラン

アイフルにも事業者用ローンがあります。更に無担保ローンと不動産担保ローンの2種類があります。金利で言うならば不動産担保ローンの方が低くなるので、土地などを所有している場合には、慎重にローンの選択をすると良いですね。アイフルの場合、資金使途は事業資金(運転資金・設備投資資)となっています。
今すぐ借りたい時、アイフルで申し込み

大手銀行で個人事業主がお金借りるには

三井住友銀行ではフリーローン、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行では多目的ローンがあるので、事業性資金の利用をしたい時にはこれらのローンを選択します。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ