国民健康保険料が払えない時

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

国民健康保険料が高すぎて払えない!お金がない!

サラリーマンやOLの方は会社の健康保険に加入します。そして公務員であれば共済組合に加入し、船員ならば船員保険に加入します。

一方、お店を経営している方、自営業・農業従事などのどこの組織にも属さない個人営業主の方、退職した会社員と被扶養者、パートやアルバイトで扶養から外れている方などは、国民健康保険に加入することになります。
国民健康保険料は、正確には国民健康保険税と言われています。

国民健康保険料を滞納した場合

特別な事情がなく国民健康保険料の滞納をした時には、以下のような事態になるため要注意です。

納期限を過ぎても保険料を払わない時

納期までに保険料の納付を行わず滞納をした場合、督促が行われることになります。またこの時点で延滞金なども加算される場合があります。

国民健康保険料の督促が来ても納付しない時

通常の保険証の使用ができなくなります、代わりに「短期被保険者証」という通常よりも有効期間の短い保険証が届きます。

健康保険料の納期限から1年を過ぎた場合

健康保険証を返却する必要があります。代わりに医療機関や薬局で利用する場合、一旦10割負担となる「短期証明書」が発行されます。

納期限から1年6か月を過ぎた場合

国民健康保険からの給付が、全額あるいは一部が差し止めとなります。そしてそれでもまだ国民健康保険料を納付しない場合は、差し止められた保険給付額から滞納分を引かれることになります。この場合、高額医療費が掛かったとしても、滞納している国民健康保険料の支払いに相殺され、手元にお金が入らないということにもなります。

国民健康保険料を払えない時どうしたらいいの?

国民健康保険料を滞納すると上記のようになることはお分かりいただけたと思います。滞納には低所得世帯であるために経済的余裕がなくて払えない場合と、一定の収入を得ているにも関わらずお金が不足して払えなくなる場合もあるでしょう。

本来、国民健康保険料とは税金と同様の扱いとなり、納付も義務となっています。支払い義務は国民健康保険に加入した時ではなく、加入の義務が発生した時です。自分では加入しているつもりはなくても、実際には知らないうちに国民健康保険料が発生していることもあります。必要があって国民健康保険に加入する時、いつ会社を退職したのか聞かれると思いますが、その時になって初めていつから納付義務が発生しているのか知ることになるでしょう。

低所得世帯の場合

失業中である、前年よりも収入が減少したなどで、低所得世帯であると判断されれば、税額を減免してもらうことも可能になります。

いくら国民健康保険料の納付が義務だとしても、お金がなくて払えないと言っている人からお金を取ることはないので、支払う意思はあるけれど生活に困っているので払えないということを説明して、分納や減免をお願いしてみると良いでしょう。

一定の収入がある場合

一定の収入がある場合は、収入に応じ国民健康保険料を納付する義務があります。指定の期日まで納付しないと他の税金と同じように財産の差し押さえとなる可能性もあります。

財産を守る為、少しでも早く納付する必要があります。その為には、消費者金融で急きょお金を借りる必要があるかも知れません。また銀行カードローンでも、ローン契約機を利用して当日中にカードを発行できる場合もあります。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ