審査に欠かせない在籍確認、その内容とは?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

お金を借りる時の在籍確認について知ろう!

カードローンでお金借りる時、ほとんどの場合において在籍確認が行われます。在籍確認とは、申込みの時に通知した勤め先へ金融会社が直接電話を掛けて、本当にその会社に勤めているのか確認する手続きのことを言います。

はじめてカードローンを利用しようと考える方の中には、在籍確認のことを知って申込みを中止しようかと思う方がいるかも知れません。

それでも在籍確認の内容を正確に知ることができれば、少なくてもすぐに職場にカードローンの利用がバレることはないとお分かりいただけると思います。

ここでは審査に欠かせない在籍確認と、その内容を正確に知っていただき、安心して在籍確認を乗り越えていただくために、有利となる情報を掲載しています。ぜひ参考になさってください。

在籍確認の方法は2つ

カードローンで借入れをするには、審査に通過しなくてはなりません。審査を無事に完了させるためには、最終段階として在籍確認をクリアする必要があります。
実は、在籍確認には2つの方法があるのです。

電話連絡による在籍確認

電話連絡による在籍確認の内容については、多くの方が知っていると思います。通常は在籍確認と言えばこの方法により行われることになります。
では、実際にどのような手順で電話連絡は行われているのでしょうか。

  1. 金融会社から勤務先へ電話が掛かる(社名ではなく個人名による)
  2. 本人の呼び出し
  3. ①本人が出た場合⇒申込み内容の確認、②本人不在の場合⇒在籍の確認
  4. 電話連絡による在籍確認の完了

②の場合、もし本人が本当に在籍していれば、電話に出た人が「席を外している・外出中」などの返答をするので、在籍していることが証明されます。

また、金融会社の方でも「〇○ですが、●●さんはいらっしゃいますか?」と言うだけで、「■■金融ですが、●●さんはそちらに在籍していますか?」とは決して言わないので、その点では心配ありません。

書類による在籍確認

電話による在籍確認は、基本的には上記のように過度に心配する必要がないことが分かると思います。それでもネットで簡単に情報を得ることができるため、消費者金融からの電話は個人名で掛かって来るということを知っている人も多いと思います。

それでも上手く言い訳ができれば良いですが、同僚に聞かれたら困る、慌てた態度からバレるかも知れないという心配が残る方もいるでしょう。そんな時には、「書類による在籍確認」を選択すると良いでしょう。

書類による在籍確認の内容と注意点

通常は電話連絡により在籍確認が行われるところですが、大手消費者金融のレイクやアコム、モビットなどでは書類による在籍確認にも対応をしてくれています。
この方法で在籍確認ができるならば、会社に電話が掛かることもなく申込みの時点で書類の提出ができるので、流れがスムーズになるためメリットは大きいです。

その為には勤め先で発行された健康保険証、給与明細書、社員証などの用意が必要になります。必要な書類については、利用する金融会社により異なる場合もあるので、事前に確認が必要です。

書類の提出方法は、店舗まで持参したりFAX送信をするなどは必要ありません。通常の申込みで書類を提出する場合と同様にメールに添付したり、スマホからアプリを利用して画像を送信するなど簡単な方法で必要書類を提出できます。

もっとも簡単に提出できるため、画像の撮影時に気を抜いてしまうと、意外な時間のロスを招く可能性もあります。提出する画像については、現物の書類に代われるだけのある程度の品質が求められています。その為にカメラで書類を撮影する時にピンボケがあったり、画面の枠よりも小さかったり、反対に枠からはみ出していたりしている画像である場合、再提出を求められることもあります。

もう1つ注意をしたいポイントがあります。
書類による在籍確認は少額の借入れで可能となっている場合が多く、特に50万円を超える申込みをする場合、やはり電話連絡が必要になることもあります。

モビットの「WEB完結申込」なら電話連絡なし

上記で少しだけ触れましたが、モビットなら電話による在籍確認がない申込方法を初めから選択することができます。モビットにはこの他に「カードを発行する」という申込方法もありますが、この場合には電話連絡があります。

初めに「WEB完結申込」のボタンから申込みフォームのページを開き、必要な事柄を入力して申込みをします。その後必要となる書類をネットで送信します。そして契約もWEB上で済むので、あとは振込による融資を待つだけとなります。
カードの発行もないので、振込みキャッシングを希望する場合にもオススメとなります。

ただし、その場合には申込みをするための条件があります。
三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座があること、会社発行の健康保険証を持っていることが必要となります。また年収を証明するために給与明細書なども必要になるので、事前に正確な必要書類の確認をしておきましょう。

このようの電話連絡なしでお金借りる方法はいくつかあるため、どうしても電話を掛けられてはマズイという場合、書類の用意は通常よりも面倒になりますが、選択をするメリットはあると思います。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ