埼玉りそな銀行カードローンの申し込み借入方法!

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

埼玉県さいたま市に本店所在地がある埼玉りそな銀行は、りそなホールディンクス傘下の都市銀行です。元は都市銀行であった埼玉銀行と、協和銀行が合併し「あさひ銀行」となっていましたが、その後国有化したりそなグループ入りを果たし、さらに現状の銀行名となりました。
このことから、現在は金融庁の直接監督を受ける都市銀行とは少々立場が違っていて、地方銀行と同様に関東財務局の監督を受けていますが、扱いは都市銀行となっています。

そんな埼玉りそな銀行には、2つのカードローン商品があります。
「りそなクイックカードローン」と「りそなプレミアムカードローン」の2つの商品には、それぞれに大きな違いがあります。
また、地方銀行や信用金庫との申し込み借入方法と比較しても、全く違うシステムを採用しています。

最短2時間回答「りそなクイックカードローン」

りそなクイックカードローンの審査結果は、最短2時間回答となっています。また、申し込みから借入れまで来店不要で手続きが完了します。地方銀行や信用金庫の申し込み借入方法は、まず仮審査申し込みをした後に、窓口に来店をして契約をする必要があります。

一方、りそなクイックカードローンの申し込み借入方法は、申し込み後の審査結果は電話かメールとなり、その後に申し込書や必要書類の提出は郵送で行うことで、1週間程度で利用開始となります。使用するカードは、手持ちのりそなキャッシュカードとなりますので、ローンカードの発行はありません。そのため、埼玉りそなの口座を持っていない場合は、申し込み前にあらかじめ口座開設をする必要がありますが、インターネット口座(TIMO)ならば来店不要で口座開設が可能になります。

借入方法は、ATMで利用限度額の範囲内でキャッシュカードを利用して借りる方法、そして公共料金の引落しの際に口座の残高が不足していた、クレジットカードの引落しを忘れていたなど、口座振替が残高不足のために不能になる時、自動融資サービスを利用することで、このような場合でもスムーズに引落しが可能になります。

パート・アルバイトも可「りそなクイックカードローン」の借入れ条件

契約できる方は、満20歳以上66歳未満で、継続安定した収入のある方、保証会社の保証が受けられる方です。年収や勤続年数などの条件はないので、パートやアルバイトの方でも利用できます。ただし、学生の利用はできません。

当座貸越限度額については、100万円型、70万円型、50万円型、30万円型の4コースとなっていて、審査によってコースが決定されます。
契約期間は1年で、再審査のうえ自動的に1年延長されますが、満70歳以上での更新は不可です。

金利はどのコースを利用しても12.475%の変動金利となっています。この金利は、平均的な銀行カードローン金利に比べて低金利と言えると思います。
返済は残高スライド方式により、50万円以下の残高ならば毎月5日に1万円の返済額となります。また、50万円超~100万円以下の場合は、毎月2万円の返済額となります。

最大800万円、最短即日回答「りそなプレミアムカードローン」

「りそなプレミアムカードローン」の申し込み借入方法は、クイックカードローンとほぼ同様であり、またオートチャージ機能も同様にあり、口座振替時の残高不足にも自動融資により対応してくれます。

上記のりそなクイックカードローンとの違いは、利用限度額が最大で800万円となっていること、審査回答は最短即日回答となっていること、そして金利優遇があることです。
金利は変動金利で年3.5~12.475%で、10種類の借入れコースにより金利も10通りあります。
この金利ならばクイックカードローンと変わらないと思うかも知れませんが、プレミアムカードローンのメリットは、金利優遇があります。
りそな住宅ローンを利用している場合、且つWebコミュニケーションサービス『マイゲート』を契約している方を対象として、りそなプレミアムカードローン各金利コースから0.5%の引下げとなります。

例えば、100万円型のコースの場合、通常ならば金利は年10.1%ですが、年9.6%にしてもらえます。また400万円型は年5.5%ですが5.0%に、800万円型は3.5%から3.0%になります。

このような付加価値のついたカードローンの利用には、一定の条件があります。

●当行営業エリア内に住んでいる、または勤めている方で、次の条件をすべて満たす個人の方。
■借入時の年齢が満20歳以上、満60歳未満の方
■前年度の税込年収が400万円以上で、継続安定した収入がある方

●50万円を希望の方は、継続安定した収入があれば年収の制限はありません。
※パート・アルバイトの方も可
※主婦、学生の方はご利用できません
■保証会社(オリックス・クレジット株式会社)の保証が受けられる方

契約期間は1年で、その後審査により自動延長します。その際に満64歳となっている場合は更新できません。

返済は1~50万円が貸越残高ならば、毎月5日に1万円が自動引落しとなります。また50万円超~100万円以下では2万円となりますが、それ以降は100万円残高が増えることにより、返済額は1万円ずつ増加していきます。

埼玉りそな銀行カードローンまとめ

埼玉りそな銀行には2つのカードローンがあります。それぞれには特色がありますが、共通していることをもう一度まとめてみると以下のようになります。

●インターネットで24時間365日申し込み可能、来店不要
●いつもの普通預金キャッシュカードがそのままカードローンカードとして使える
●りそなグループATM、全国の提携ATMで利用できる
●口座の残高不足に対応するオートチャージ機能
●毎月5日に1万円からの返済(利用残高に応じて返済額がきまる)

またカードローンの申し込み借入方法も同様となっていますが、審査回答の時間には若干の違いがありますが、どちらも原則的には申し込みの当日中の回答が可能です。
また申し込みには、インターネット以外にも郵送、FAXを選択することもできます。

埼玉りそな銀行の本店は、埼玉県さいたま市にあります。埼玉県庁ともそれ程距離を置かない場所にあり、近隣には別所沼公園もありますが、大通りから細い道へ一歩足を踏み入れると、そこは閑静な住宅街となっています。

また近くには国立の埼玉大学キャンパスがあり、周囲には毎年何人も東京大学に進学することで有名な男子校の浦和高校もあります。この他さいたま市には、埼玉県屈指の進学校が数多く存在しています。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ