学生がお金を借りる方法を完全解説!

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

学生でもお金借りることはできる?

学生でもまとまったお金が必要になる場合もあります。今すぐお金が必要というとき、学生ならば奨学金の利用も可能ですが、使い道を学費に限定されること、借入れまでに時間が掛かることを考えると、急にお金が必要になった場合にはそれ以外の借入れがオススメと言えます。

蓄えもなく周りの誰にもお金借りることができない時、最後に頼るのはカードローンやキャッシングかも知れません。またその他にも学生専用ローンの利用も可能です。

金利の順で言うならば、最高で無利息期間を使って借りられる銀行系カードローンが最も低金利となりますが、学生ローンの金利はその次に低金利で16%台が多く、最も金利が高いのが18%となっている消費者金融ということになります。

学生の方がお金を借りるための選択肢は3つ、その中でどれを選択するかは人それぞれかも知れません。
選択の基準は金利だけではなく、安心感やサービスも重要なポイントとなります。例えば借り入れの事実が親や家族にバレたくない時などの個人情報をしっかり保護してくれる信頼性なども挙げられます。

それらを比較検討することで、最も自分にあった借入れの方法が見つかるでしょう。

銀行・消費者金融のカードローンを利用する

学生であってもアルバイトによる安定収入があれば、銀行や消費者金融のカードローンを利用することは可能です。サラリーマンに比べると審査は厳しくなり、またそれ程高額の融資が受けられない場合も多いです。
それでも大手の銀行や消費者金融の利用は安心感があります。

銀行カードローンを利用する

銀行カードローンは低金利で借入れができること、銀行なので総量規制の影響を受けずに借入れができること、社会的な信用度が高いことで、最も利用したい金融機関と言えます。銀行の審査は長いと言われていますが、ネット申込みをすることやその銀行に口座を持っていることで振込みにより即日融資を受けられる可能性もあります。

また銀行でもローン契約機などを設置している場合もあり、その日の内にカードを発行することができれば、ATMからの即日融資も可能になります。

みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行が国内の最大手銀行ですが、その他にもネット銀行も増えていて、選択肢も広がっています。

消費者金融カードローンを利用する

従来、消費者金融のイメージとして怖い、危険というイメージを持っている方もいると思います。グレーゾーン金利廃止後、利息制限法の上限金利内でお金を借りることができるようになっています。CMに有名なタレントが出演していることでも、知名度や信頼度も昔よりも格段にアップしていますので、安心してお金借りることができます。

さらに消費者金融は今日中にお金を借りることを希望するならば、オススメの金融機関です。個人向け融資の審査についてはノウハウや豊富なデータがあるので、審査が最も早いと言われています。ネット申込みにより振込キャッシングや自動契約機でのカード発行も、申込んだその日にできるようになっています。

また中には在籍確認の電話連絡の代わりに書類の提出ができる場合もあり、申込みから借入までWEBで完結することも可能になっています。

学生ローンを利用する

学生ローンは銀行や消費者金融とは違い小規模であり、学生限定ということで知名度もそれほど高いとは言えません。それでも銀行や消費者金融とは違うサービスがありますが、利用をするにはアルバイトなどの収入があることが条件となっています。また学生ローンは貸金業者と同じなので、総量規制の影響を受けるため、年収の1/3以下までしかお金借りることができません。

そんな学生ローンのメリット・デメリットは以下のようになっています。

学生ローンのメリット

学生がお金借りる時、銀行や消費者金融では敷居が高いと敬遠することもあると思います。学生ローンならば利用するのは基本的に学生なので、それなりの対応をしてくれます。よって一般の金融機関よりも借りやすいと言えます。

また通常は20歳以上が貸付条件となっていますが、学生ローンでは高校卒業後の大学生でも利用できます。要するに18歳、19歳でも借入れが可能になっているのです。申込みでの在籍確認もないこと、必要な書類は学生証のみとなっていること、無担保・無保証人であることを踏まえると、学生にとって便利なローンと言えます。

学生ローンは学生しか利用できないと思われがちですが、大学や短大、専門学校を卒業しても引き続き継続して利用できる場合もあります。
ネット申込みもできるので、必要な時にいつでも申込みができます。

返済では「元金返済自由設定方式」となっていて、利息分以上の返済をすればいくら返済をしても良いことになっています。

学生ローンのデメリット

学生ローンは小規模展開となっているので、サービス面ではどうしても銀行や大手消費者金融と比較すると劣ってしまいます。金利については同じような水準となっていますが、お金を借りる時には振込か来店となっている場合が多いです。

また返済でも振込みや来店してATMを利用する、現金書留という方法が普通です。近くのコンビニで借入れや返済ができる金融機関に比べると、やはりサービスのレベルが劣ってしまうことは否めません。

そして学生に対する融資のために、最高でも50万円が利用限度額となっています。毎月のアルバイト料はそれ程多くないという場合には、10万円程度が借入れの相場となっているようです。

マルチ商法などの儲け話に注意

学生ローンで借りたお金を、マルチ商法などのビジネスの資金として利用する場合も多いようです。学生ローンのHPでは、借りたお金を第三者に渡さないように注意喚起をしています。儲け話に乗らないように実際にあった事例などを掲載している業者もあるので、一度目を通しておくと良いでしょう。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ