家事手伝いでもお金を借りる方法はあるの?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

家事手伝いの人がお金借りることについて

申込書などの記入をする際に、職業欄の記入が必要になることもあります。学生や社会人ならば所属している学校や会社の名前を書くことができますが。家事手伝いの方の場合は記入に困ることもあると思います。

そもそも家事手伝いが職業として認められているのか?という疑問もあると思います。それは一般的に「家事手伝い=無職」という等式が、社会の概念として存在しているからかも知れませんね。

金融機関でお金を借りるために必要な条件は、「安定した収入がある」ということです。このことから、家事手伝いはお金を借りることはできないのでは?という疑問が起こることでしょう。

以下では家事手伝いを含めた「無職」についての分析と、お金を借りる為の方法を紹介していこうと思います。

無職の定義と種類

無職という言葉から、どんなことを連想されるでしょうか?
無職の定義とは、一般的に「収入を得られる職に就いていない人」ということになります。そして無職には以下のような種類があります。

本当に何もしていない人に対して、現代では一般的に「ニート」や「自宅警備員」などいう呼称がつけられています。このような呼称は時代と共に変化していて、過去には「プー太郎」などという言葉もありましたよね。(若い方はご存知ないかも知れませんが…(汗))

また先週まで一般企業で長年勤めていたけど退職してしまったという方も、現在は無職ということになりますね。
一流大学を卒業しても就職先が決まらず、現在求職中という方も同様となります。年金収入のみで生活をしている方も、無職という分類となるでしょう。

家事手伝いは、このように無職と言える人に分類されています。またこの中には「専業主婦」も含まれます。収入が無いということで同様に扱われますが、申込書などに職業として「専業主婦」と記入できることでは、1つの職業として確立されていると言えます。その点では他の場合とは大きく異なっていて、家事手伝いとも大きな違いがあります。

キャッシングと無職について

消費者金融でお金を借りる時、審査に通りにくい人を無職とするならば、専業主婦もその中に含まれることになります。年収の1/3までしか借入れできない消費者金融でのキャッシングでは、年収0円の方は融資の対象外となる場合が多いのです。

それではこのように無職に分類されている方がお金を借りたい時、どうしたら良いのでしょうか?

無職の方がお金を借りる先とは?

収入のない人が比較的簡単にお金を借りることができる先と言えば、やはり親や兄弟だと思います。家族ならばたとえ返すアテがないとしても、貸してくれる可能性は高いですよね。もちろん無利息で借りられることも多いので、返済の負担も少ないでしょう。それでも家族からの借入れにも限度があり、いくらでも借りれる訳ではないですよね。そんな時には、金融機関でお金を借りることを考えることと思います。

たとえば消費者金融でお金を借りる場合、大手のホームページを見ると「3秒診断」などの簡易審査が用意されています。申込みが可能かどうかをまず試してみることができますが、そこには年収を入力する欄が必ずあります。その欄に「0円」と入力した場合、
たとえばプロミスならば、「ご入力いただいた内容だけでは判断することができません。」と結果が表示されます。そして更に詳細の入力を求められますが、その時にも勤務先の名前を入力する欄があるので、無職の場合は職業欄の入力ができません。

消費者金融ではこのように申込みをする本人の年収や勤務先名の入力が必要になるため、無職の方の申し込みはこの段階で門前払いになると言えます。

専業主婦はお金を借りることができる?

消費者金融で無職の方のキャッシングは難しいということですが、それでは銀行カードローンではどうでしょうか?
銀行カードローンの貸付条件を見ると、やはり安定した収入のある人ということになっています。家事手伝いの場合も無職とされるため、こちらでも借入れは難しいと言えるでしょう。

ただし、専業主婦については特別の対応を取っている銀行もあります。たとえば三菱東京UFJ銀行のバンクイック、みずほ銀行などの大手銀行でも専業主婦の借入れを可能としています。

また楽天銀行では専業主婦専用の申込みページがありますし、イオン銀行ではホームページ内で専業主婦の方の申込みについて「可能」と明記しています。またレイクでもレディースレイクなどで専業主婦の方に対応をしています。このように専業主婦の借入れだけは同じ無職であっても優遇されています。それは、銀行は総量規制の対象外となっていることや、配偶者に安定した収入があることを条件としていることが大きな要因と言えます。

結局、家事手伝いがお金を借りる方法とは?

無職と言われる人の中で唯一お金を借りることができるのは、銀行カードローンを利用する場合の専業主婦のみであることが分かりました。家事手伝いの方が金融機関でお金を借りるには、独身の方ならば結婚をするか、何か仕事を見つけるかの2つの方法が考えられます。

お金を借りるために結婚するのは、余りにも現実からかけ離れていますので、除外するとして、臨時でも短期でも良いので働くことが大切と言えますね。人材派遣会社に登録すれば、自分に合った仕事に就くことも可能になります。
またアルバイトでも都合の良い時だけ働けるようになっています。

働くことでお金を借りる必要がなくなり、更に余裕のお金もできます。また困った時にはキャッシングの利用もできるようになります。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ