いくら必要?引越し費用を借りる

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

引越しのお金がない時に借りたい!

引越し費用は高額になることも多く、前もって分かっていたとしても費用を用意するのは大変ですね。引越しに掛かる費用は、単に新居の家賃だけでは済みません。物件によっては礼金や敷金が要らない場合もありますが、前家賃や不動産屋への手数料として、それぞれ家賃1か月分が必要になることは多いです。

また不動産屋への手数料や保険料も必要になり、保証人を立てない場合には保証会社に払う費用も必要となります。その他、クリーニングや消毒の費用を負担する場合もあります。

上記では引越し先で掛かる費用となりますが、もちろん現在住んでいる住所から荷物を運び出す必要があるため、引越し業者などに依頼をすることでも高額の引越し費用が掛かります。単身者ならば荷物が少ないことから安く済みますが、家族で引っ越す場合にはそういう訳には行きません。

ということで、はたして引越し業者に支払う費用はどのくらい必要になるのか、そしてその工面にはどのような方法があるのかについて調べてみました。

業者に支払う引越し費用はどのくらい?

通常単身者が近距離へ引越しをする場合でも、3万5千円~5万円前後の費用が掛かります。また4人家族で長距離の引越しをする場合では、6~21万円前後は掛かると思っていた方が良いでしょう。

引越し業者に支払う費用が決まる要因は、引越しする人の数、移動距離、そして引越しのシーズンとの3本立てとなっています。これらはそれぞれに関連し合い、引越し料金は決められているのです。これらの要因が全て重なった場合、4人家族の引越しでは最高で5万円以上も料金に差が出ます。

引越しする人の数

料金に影響する引越し人数、その理由は荷物の量にあります。引越しする人の数が増えることで、当然のことながら荷物の量も増えます。
荷物の量が増えれば、それだけ引越し要員、必要な車両の大きさや台数も違ってきます。そのために人件費やガソリン代も多く掛かることになり、引越し料金に反映されます。

移動距離

引越し先が遠方である場合、移動距離が長くなります。ガソリン代も多く掛かり、移動時間が長くなる為に時給も増えます。また高速道路の料金が必要になる可能性もあります。

引越しのシーズン

引越しには繁忙期とオフシーズンがあります。前者は3~4月となり、後者では5~2月となっています。繁忙期は車両の数や引越し要員の数を増やすことになるので、その分どうしても引越し料金は割高になります。

一方オフシーズンでは引越し業者の需要が一気に減るため、料金を安くして顧客獲得のために業者間で競争することが考えられます。そのためオフシーズンでは料金の交渉もしやすくなりますので、繁忙期に比べて安い料金で引越しすることが可能になります。

引越し費用が足りない、どうしたらいい?

上記のように引越しには20万円以上の費用が掛かる場合もあり、加えて新居の契約にもお金が掛かることから、4人家族では少なくとも20~30万円は引越し費用として見ておいた方が良いでしょう。これだけのお金が一気に出て行くのはツライですね。

それでも貯金から引越し費用を支払えば良いですが、それでは足りない時には金融機関からお金借りることになるでしょう。もちろん身内や友人から引越し費用を借りることができれば良いですが、余りにも金額が大きい場合には断られる可能性も高くなります。

30万円前後の借入れならば、金融機関から借りることができる金額と言えます。それではどんな所でお金借りることができるのか、以下でご紹介いたします。

引越し費用、どこでお金借りる?

引越し費用を借りる場合、一般的な借入れ先とて考えられるのは、銀行のフリーローンです。銀行で引越し費用を借りる時、カードローンを利用することで申込みが簡単になりますが、金利は4.0~14.0%前後になります。4.0%なら低金利だと思うかも知れませんが、300万円などの最高融資額を借りることができればということです。100万円にも満たない借入れの場合には14%の金利となる場合が多いです。

銀行のフリーローンで借りる

銀行のフリーローンならば、変動金利で借りる場合には5%台で利用することができます。ただし、三大メガバンクでは多目的ローンやフリーローンという商品を取扱っていますが、200万円以上の年収や1~2年以上の勤続年数が必要となっているので、カードローンよりも審査基準が厳しくなっています。それでもこの条件ならクリアできるという方も多いと思うので、該当する方はフリーローンの利用がオススメとなります。

銀行のカードローンで借りる

銀行のカードローンで引越し費用を借りる場合、上記のようにフリーローンに比べると金利は高くなります。それでも銀行カードローンの利用条件は、年齢の制限、安定した収入、保証会社の保証を受けられるということについての表記しかありません。もちろん商品によっては収入制限のある場合もありますが、一般的な銀行カードローンには年収の制限がない場合が多いです。そのためフリーローンと比較するとお金借りることが容易になっています。

消費者金融のカードローンで借りる

さらに銀行カードローンに比べると審査に通りやすいと言われているのが、消費者金融のカードローンです。金利は4.5~18.0%と銀行カードローンよりも高めとなっていますが、即日融資に対応できる審査・手続きの早さでは、右に出るものは無いと言えるでしょう。

また安定した収入があれば審査に通る可能性が高いことから、金利は高めとなっていますが利用しやすい金融機関と言えます。もちろん返済の延滞や債務整理などで信用情報にキズが付いている場合では、話は変わってきますが…。

失業中、求職中の場合には「総合支援資金貸付」の利用も

上記のようにいずれかの金融商品を利用できる場合は良いですが、どうしても引越しが必要なのに失業中でそんな余裕はないという場合もあると思います。

さらに失業保険の給付期間も過ぎてしまって収入が殆ど無くなってしまったという場合には、「総合支援資金貸付」を受けられる可能性があります。生活に困っている状況にありながらも引越しの必要がある場合、40万円を上限にお金借りることができます。

通常は連帯保証人が必要となりますが、保証人を立てなくても借入れは可能になっていますが、その場合の金利は年1.5%となります。
利用を希望する場合は、都道府県社会福祉協議会に相談をしてみると良いです。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ