携帯料金・代金が払えなくて滞納になる人へ!

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

携帯料金の滞納には強制解約やブラックリスト入りも

近頃は老若男女問わずスマホを当たり前のように持つようになっています。いまでも従来の携帯=ガラケーを使っている若い方もいるようですが、それでもスマホとの2台持ちというケースが多いようです。

スマホはアプリを利用することで、目的の操作がワンタッチで行えます。消費者金融でお金を借りる場合にも、アプリをダウンロードすることで申込みや書類の送付、サービスの利用などが簡単にできます。

携帯代の分割払いについて

今主流となっているスマホは、従来のガラケーよりもかなり高額となっていることもあり、一括払いでは苦しい価格であることから、分割払いが普通となっています。また一括払いをできる場合でも、分割払いの方が結果的に安くなるため、敢えて携帯代を分割で払っていく方も多いと思います。

分割払いは通常2年間となっている場合が多いですが、キャリアとの契約も同じく「2年しばり」となっています。途中で解約をすると違約金が掛かるので、通常は2年間しばられた状態になります。キャリア間での顧客争奪合戦に加え、一度獲得した顧客を他社へ流出させないようにする目的もあるのでしょうね。

携帯料金の内訳は通信料と端末代の2本立て

以上の通りキャリアへ支払う料金は、「通信料+携帯端末代の分割支払い金」という2本立てになっています。
ここでちょっとした誤解が生まれることもあるようですが、携帯ショップに行くと端末代について「実質0円」という表示を見かけたことがある方も多いでしょう。そのためにいつも支払っている携帯料金は、通信料のみであると誤解をしてしまう場合があるようです。

ところが実際には、端末代は分割払いとなっていて、通信料を割り引いているだけなのです。それでも「実質0円」という言葉のために携帯端末代を分割払いしていることに気付いていない方も多いようです。その為に、携帯代の分割払いをしている意識が全く無いまま、毎月携帯料金を支払っている方もいるのではないでしょうか。そのため、支払いを滞納しても、余り大変なことと認識していない方が多いのが現状でしょう。

携帯代の滞納で、キャッシングが不可になる可能性も

携帯料金の内訳は2本立てということは前述のとおりですが、毎月まとめて携帯代を支払っていても、実は2つの場所へお金を支払っているのです。
つまり、キャリアとなる会社と契約をしているつもりでも、実はそこには2つの契約が存在しているのです。

  • ●通信料金⇒キャリア会社
  • ●端末代⇒クレジット会社

以上のように支払い先が2つに分かれています。携帯料金の滞納をすることで2つの会社に対して信用を失うことになります。

キャリアからの信用を失うと、その後の契約に影響が出る

携帯料金の支払いに滞納があると、一定期間その状態が続くことで強制解約となることもあります。このような滞納の事実は、契約解除になったからといって消えません。また同じキャリアで契約をしようと思っても、携帯代の分割利用ができなくなります。この場合、携帯代の支払いは一括払いで契約をする他に方法がなくなる恐れがあります。

それでは他のキャリアなら大丈夫?と思われるかも知れませんが、こちらも5年間滞納の情報は共有されることになっているので、同じ結果になるようです。

長期滞納となった場合、督促に応じない時には簡易裁判所にて少額訴訟を起こされることになります。そのような状況となると財産の差押えなどが行われます。そのような事態へ発展する前に、何とかして未払い分の全額返済をする必要があります。

携帯代分割払いの滞納は信用情報にも影響する

携帯代の滞納をすることで、キャリアからの信用を失うだけでなく、クレジット会社からも同時に信用を失うことになります。携帯代の分割の場合、キャリアがクレジット会社を兼ねているので、請求が同じになっています。

携帯代分割払いはクレジット会社へ支払うので、支払いの情報は個人信用情報機関に毎回記録登録されていきます。その中で3か月以上滞納をした場合、事故情報として記録されていくことになります。

一度ついてしまった事故情報がいつ消えるかと言えば、支払いが完了してから5年後ということになります。その間はキャッシングやクレジットカードの利用ができなくなります。

お金を借りることで携帯代の滞納を解消する

以上のように裁判にまで発展した場合、ブラックリストに載っていることは確実を言えます。もちろんそれ以前に携帯の契約も強制解除となっていることが考えられます。そのような事態になる前に、滞納の段階でお金を借りることを考えた方が良いでしょう。

お金を借りるタイミングとしてベストなのは、以下の時期と言えます。

お金を借りるタイミングは1回目の督促以前がベスト

携帯料金を払えない、滞納はしたくないと思った時、そのタイミングでお金を借りることができれば何の問題も起きません。それでもキャッシングなどでお金を借りることをためらっていると、時間はどんどんと過ぎていってしまいます。

携帯料金の支払い期日に支払いができなった場合、ハガキなどで督促状が届きます。具体的には支払い期日から2週間ほどで、郵便で督促が届くことになるので、1回目の督促状が届く前までにお金を借りて滞納を解消しておくことが大切となります。

督促状には「利用停止予告日」が記載されていますが、その期限とは返済期日から1か月となっています。したがってお金を借りるベストなタイミングは以下の順になります。

  • 1.返済期日より前の日
  • 2.返済期日を過ぎてから、1回目の督促が届くまでの約2週間の間まで
  • 3.督促状が届いた場合は、そこに書かれている「利用停止予告日」まで

これ以降でも支払いのタイミングはありますが、その時には利用停止になってしまう時期となるため、何の問題もなく済むのは上記の1~3の間となります。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ