東日本銀行カードローンからお金を借りるなら!

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

大正13年4月、茨城県を営業区域とする常磐無尽株式会社が設立されました。その後改組や商号変更を何度が行い、本店を東京都中央区に移して東日本銀行として現在まで営業を続けています。

そんな東日本銀行では営業エリアに住んでいる方や勤務をしている方を対象とした個人ローンを多数展開しています。その中でもカードローン商品には、それぞれに特徴があります。

最短即日回答、カードローン「ゆあポケットⅡ」の特徴

東日本銀行カードローンの1つ、「ゆあポケットⅡ」は多くの方に利用の機会を提供しています。利用可能となるのは正社員や公務員のように安定した収入がある方ばかりでなく、専業主婦やパート・アルバイト、そして年金受給者の方も申込みできるのです。

また気になるのは申込後の審査回答であると思いますが、ゆあポケットⅡでは最短即日回答となっているため、一定の時間内に申し込みをすれば申込みをした当日中に審査回答が通知されます。もっとも申込みの時間帯や審査状況によっては翌日以降の回答となることもあります。

ゆあポケットⅡは、申し込みの際に提出する書類が少ないということもメリットの1つとなっています。300万円未満が利用限度額である場合には、正式契約の際に収入を証明する書類の提出は不要です。今すぐ借りたいという時、このような審査回答の早いカードローンからお金を借りるなら、提出書類が少ないのはポイントが高いですよね。

借入れの限度額は500万円であり、高額融資を受けたい時にも向いているカードローン商品ということになります。金利は2.9~14.5%となり、500万円の借入れで2.9%という金利が設定されるため、大変オトクな金利と言えます。

大手銀行のカードローン金利の平均は、同じ500万円が上限となる場合でも4.0%が平均となっているため、ゆあポケットⅡの金利はかなり低くなっています。もっとも最高金利の方では標準的な数値であるため、高額利用にオススメのカードローン商品とも言えるでしょう。ただし、審査回答の早さは魅力という方で金利を気にしないという場合にも向いている商品であると言えるかも知れません。

ゆあポケットⅡの申し込み借入方法とは

即日回答が可能となっているゆあポケットⅡの申し込みならば、何と言ってもインターネット申し込みがオススメです。WEBサイトを開けば直ぐにカードローン商品の詳細を見ることができるので、そちらから申し込みフォームに進みます。

申し込みの内容に従って迅速な審査が行われます。審査を担当するのは東日本銀行はもちろんですが、保証会社となっているSMBCコンシューマーファイナンスも行っています。
プロミスという消費者金融の名前を聞いたことがある方は多いと思いますが、そのサービスを展開しているのが、SMBCコンシューマーファイナンスです。
その為に個人向け融資の審査は専門分野であるため、素早い対応が期待できます。

契約については、初めに申し込みをした段階ではまだ正式な申し込みとならず、審査に通過した後に取引を希望する本支店窓口に出向く必要があります。その際には本人を確認できる運転免許証や健康保険証などの書類も持参します。300万円を超える借入れの場合には収入を証明する書類も持参します。

書類の不備がないと認められるとローンが実行され、専用カードが送付されてきます。全国の提携金融機関のATMからも利用可能です。
返済は約定返済と随時返済があるので、併用による返済がオススメとなります。

利用には3年以上の勤続年数が必要、「ホームカードⅡ」の特徴

東日本銀行カードローンにはまだ他にも商品があり、厳しいと言える一定の利用条件があるカードローンです。
勤続年数は3年以上であり、サラリーマン以外の自営業の方も3年以上の営業が必要となります。
利用限度額は300万円、変動金利による金利となっています。

申し込み方法は、ネット申し込みが利用できないカードローンであるため、店舗窓口からの申し込みとなります。申し込みの内容を元に審査が行われます。
審査を行うのは、保証会社である「かんそうしん」や銀行となります。
正式の契約も同様に店舗窓口となりますが、契約が完了すると専用カードが郵送されて来ますので、その後は東日本銀行や全国の提携ATMから自由に借入れできます。

返済は約定返済が基本となっています。毎月10日に返済用口座から自動引落しとなります。その方法は、返済日前日時点での借入残高に応じた返済額を支払う、残高スライド返済方式となっています。

東日本銀行でお金を借りるまとめ

東日本銀行には様々な個人向けローンがありますが、その中でも上記で紹介した2つのカードローンにはそれぞれに違った特徴があります。カードローンからお金を借りるなら、事前にそれぞれの商品を知ることも必要です。他のカードローンを利用した方が金利が低かったということもあるので、自分の属性を考えながら商品を選択すると良いでしょう。

本店の位置している東京都中央区は、何と言っても築地場外市場があること有名ですね。近頃は外国からの観光客も見学に訪れているということですが、新鮮な魚介が食べられるということでも国内外を問わず人気のスポットとなっています。
また水天宮や日本橋は、日本の文化や歴史を感じられる場所でもあります。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ