横浜銀行カードローンで即日融資したい!

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

横浜銀行と言えば、地方銀行の中では国内第一位の規模を誇る銀行です。
更に今後は東京都中央区に本店を置く東日本銀行との経営統合が検討されています。そのようなことにでもなれば、地方銀行の純資産額についても国内第一位の地位を築けることになります。

横浜銀行は大正9年に株式会社横浜興信銀行として設立され、その後は合併を繰返して昭和32年に現在の商号へ変更をし、今日に至っています。

そんな横浜銀行には地方銀行の中では珍しく、即日融資が可能なカードローンがあります。それが「横浜銀行カードローン」です。

インターネット利用なら即日利用可能、「横浜銀行カードローン」

横浜銀行カードローン
横浜銀行カードローンには多くのメリットがあります。
まず特筆すべきは、インターネットで申し込みをした後に、ネット経由で借入れをする場合、即日融資も可能になるということです。
地方銀行のカードローンで即日融資したいと希望しても、現実的には即日融資に対応している地方銀行の数はとても少ないです。
そんな中にあって横浜銀行は、即日融資の希望実現が可能になる銀行です。

また横浜銀行カードローンの借入限度額は10~1,000万円となっていて、都市銀行ならばみずほ銀行と同様の高額な借入れが可能になっています。
金利は1.9~14.6%で、11段階の金利設定となっているので、利用限度額により大きく変動していきます。100万円を借入れる場合は年14.6%の金利となりますが、100万円を超えて200万円以下の金利は年11.8%と一気に低金利となっていきます。

「横浜銀行カードローン」申し込みの条件とは

横浜銀行カードローンは利用できる年齢についてもメリットがあり、横浜銀行カードローンの場合は満20歳以上69歳以下の方が申し込みできます。利用できる年齢が広いことでも便利なカードローンと言えるでしょう。
パートやアルバイトの方も借入れ可能で、安定した収入のある方の配偶者も借入れできます。また年金受給者の方も対象となっています。

また利用の条件として神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県前橋市、高崎市、桐生市に居住またはお勤めの方に限られます。
保証会社はSMBCコンシューマーファイナンスとなっているため、審査は迅速です。
ただし、申し込みにはこの会社の保証を受けられる必要があります。

来店不要、横浜銀行カードローンの申し込みの流れ

横浜銀行カードローンに申し込みをする方法は、インターネットの他にもFAXや郵送による方法もあります。
それでも横浜銀行のWEBサイトで「横浜銀行カードローンカンタン申し込み」のボタンをクリックすることで、申し込みフォームから簡単に申し込みができます。
横浜銀行カードローンの申し込みの流れは次のようになります。

  1. WEBサイトから申し込み
  2. 審査結果の連絡(最短当日回答)
  3. 契約手続き(来店不要・郵便もしくはFAXでの手続き)
  4. カード発行・利用開始

以上のような流れとなりますが、手続きは来店不要であり横浜銀行との取引がなくても申し込みはOKとなっています。
また、審査結果は最短当日回答、最短即日の利用も可能になっています。
まずは申し込みをすることから始まりますが、最短即日利用をするには「〈はまぎん〉マイダイレクト」の契約をしている必要があります。

利用のカードローン口座をサービス利用口座に登録する必要があり、横浜銀行に口座がない場合には新規口座開設をする必要があります。

また契約には書類の提出が必要になりますが、本人を確認できる書類は必ず必要になり、借入限度額が300万円を超える場合には収入を証明する書類が必要になります。

契約完了後に専用カードが自宅に発送されて来ますが、横浜銀行やイオン銀行、小田急線全70駅、コンビニ等のATMで借入れや返済ができます。

横浜銀行カードローンの返済方法

返済方法は定例返済となり、毎月10日に前月の定例返済後の借入残高に応じて返済額が決まります。返済額は指定の口座がから自動引落しとなっています。

返済額については、借入残高が2千円以下ならば借入残高が返済額となりますが、2千円超10万円以下ならば毎月2千円の返済額となります。
また10万円超20万円以下の場合は4千円となり、残高が増加するにしたがって一定のペースで返済額も増額していきます。
最終的に残高が1,000万円超となった場合は、返済額は8.5万円となります。

返済はこの他にも随時返済として横浜銀行やコンビニ等のATMからも可能です。

横浜銀行でお金借りるまとめ

横浜銀行には他の地方銀行では数少ない最短即日利用も可能な横浜銀行カードローンがあります。
ただし、それには〈はまぎん〉マイダイレクトの契約が必要であり、それ以前に横浜銀行の口座を持っていることが必要となります。
来店不要で最短即日利用をするためには、このような条件を満たすような手続きを済ませておく必要がありますね。

横浜銀行の本店のある神奈川県横浜市と言えば、横浜を象徴する横浜ランドマークタワーが最もポピュラーと言えるかも知れませんね。地上70階、高さ296mは日本で最大級の超高層ビルです。
また横浜八景島シーパラダイスは、水族館と遊園地が一体となったアミューズメントパークです。特に絶叫マシーンのブルーフォールは人気となっているようです。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ