派遣や契約社員でもお金を借りることは可能

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

現在の雇用形態は、終身雇用という従来の体制から随分と様変わりしていて、それに伴って正社員で働くことにそれほど意義を感じない方も多くなっているようです。その表れが、派遣社員契約社員で働く人の増加です。

会社側にとっては、正規採用でなくても働いてくれる人は貴重な存在と言えるでしょう。また働く側にしても、このような需要があるからこそ働くことができるということになります。

派遣や契約社員、そして近年最も労働人口が伸びているパートやアルバイトを含めて「非正規労働者」と呼ばれています。今では、その数は労働者全体の約4割を占めるようになっています。

派遣や契約社員と正社員との違いはいくつかありますが、その中で最も大きな違いと言えば、「安定性」ということになるでしょう。正社員ならば、万が一病気や怪我などで会社を休むことがあっても、基本給が最低限保証されています。

また正社員ならば、これから先も長く同じ職場に勤めることが容易に予測できるので、お金を貸しても継続して返済を続けて行けると判断できます。

このような理由から、お金が足りなくて銀行や消費者金融でお金を借りるという時、審査の通りやすさについては、安定性の高い正社員ならば派遣や契約社員に比べると有利になると言えます。

それならば正社員でないとカードローンの利用は難しい?と思われるかも知れませんが、派遣や契約社員の方でも安定した収入があれば十分にお金を借りられる可能性はあります。

前述のように労働者の内40%に相当する人が非正規社員である以上、残りの60%の人のみにお金を貸していたのでは、金融機関も顧客の獲得に苦労することになります。それならば安定した収入を得ていることを条件にして、正社員以外の人にもお金を貸した方が、利益を得る機会が多くなります。

派遣や契約社員であっても、安定した収入を得ていて、1年以上の勤続年数があり、その他の属性に問題がなければ、カードローンの利用は可能になっています。

いくらまで借りられる?派遣・契約社員のキャッシング

正社員ならば賞与が支給されることから、派遣や契約社員よりも年収は多くなるはずです。派遣や契約社員の場合には通常なら時給以外の収入がないため、年収計算は時給×1日の労働時間×年間の実働日数となります。

日給制の場合は、日給×年間の実働日数を計算することで、年収の計算は簡単にできます。金融機関では、この年収を元にその人にいくらまで貸せるのか判断しています。

お金を借りる時、総量規制に注意

いくらまで借りられるかは年収によって大きく左右されます。この金額は申込みを受けた金融機関が設定する借入限度額に影響しますが、もう1つ総量規制も重要なポイントとなります。総量規制では消費者金融などの貸金業者でお金を借りる時、年収の1/3以下を借入総額の上限としています。たとえば派遣や契約社員の方の年収が180万円の場合、消費者金融で借入れできる上限の限度額は60万円となります。

それでも消費者金融でお金を借りる場合、初めの利用から60万円という高額を借りることは難しいです。通常は10~50万円の範囲が初回借入れの相場となっているので、60万円を借りるには、少しずつ借入限度額を増額していく必要があります。

初めの利用から、大きなお金を借りるなら銀行のカードローンに申込んだ方が良いかも知れません。銀行カードローンは総量規制が適用されないため、年収に対する借入限度額の上限はありません。消費者金融では60万円がその上限となっている場合でも、銀行カードローンならば、それ以上の借入れが可能になります。50~100万円が初回借入れの相場となっているので、年収や属性次第では高額の借入れも可能になります。

どこでお金を借りる?派遣・契約社員のキャッシング

銀行カードローンでお金を借りる時、なかには年収の制限がある場合もあります。年収が200万円以上必要という場合には、その金額以上の年収があることが申込みの条件となります。

どこでカードローンを利用するかは、いくら借りたいかによっても変わってきます。たとえば5万円あれば足りるという場合なら、最短で即日融資が可能な消費者金融の利用がオススメです。

消費者金融と言えば、金利が高いというイメージがあると思いますが、5万円を1か月借りても少額融資ならば金利をそれほど気にすることもなく借りることができます。さらに無利息サービスを利用できる消費者金融もあるので、短期間で返済するメドが付いている場合、プロミスやアコム、ノーローンを利用すれば一定期間無利息で借りられます。年収が少なくても毎月安定して収入を得ていることが分かれば、カードローンでお金を貸してもらうことは可能です。

また銀行カードローンを利用すれば、上記のように年収の1/3を超えた借入れが既にある場合でも借入れは可能です。特に新生銀行カードローンレイクならば、銀行のサービスなので総量規制の対象外となっている上に、無利息ローンの利用ができます。

このような目標とする借入金に合った金融機関で申込みをすることで、派遣や契約社員の方も安心してお金を借りることができるようになります。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ