渡島信用金庫のカードローン・フリーローンでお金借りる!

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

北海道茅部郡が本店となっていて、函館市や札幌市にも支店をおいている渡島(おしま)信用金庫は、北海道の金融機関で最も古い歴史があるということです。渡島信用金庫「おしん」は、12の本支店を持つ比較的小規模な信用金庫と言えますが、地域金融機関として歩んできた歴史があります。

そんな「おしましんきん」では、カードローン商品の他、ユニークな商品名がついているフリーローンがあります。カードローン商品は1つですが、フリーローンの方は「お困りの方どうぞローン」と「お困りの方どうぞローンⅡ」があります。
以下ではこの3商品の概要に触れていこうと思います。

渡島信用金庫「カードローン」でお金借りる!

渡島信用金庫カードローン
渡島信用金庫の「カードローン」は、上記の2つのフリーローンのユニークな商品名とは対照的にシンプルな商品名となっています。ローンカード1枚あれば、利用限度額の範囲内でATMから自由にお金借りることができます。

融資限度額は、10万円、20万円、30万円、40万円、50万円、50万円超~100万円の6コースがあります。

金利は12.50%となっているので、少額融資を希望する場合にはオトクな金利と言えると思います。銀行カードローンを利用してこの範囲のお金借りる場合、14.0%前後の金利がつきます。渡島信用金庫のカードローンを利用すれば、それよりも1.5%も金利の節約ができることになるからです。

渡島信用金庫「カードローン」に申し込むには?

おしましんきんの「カードローン」でお金借りる場合、満20歳以上65歳未満である必要があります。担保や保証人は不要ですが、しんきん保証基金の保証を受けられることが必須となります。
また営業区域内にお住まいの方、勤務先がある方が利用の対象となれます。これは信用金庫から借入れする場合についての法令が定められているからです。
更に安定して継続的な収入があることなども重要となります。

以上のような条件を満たす場合、仮審査申込ができますが、渡島信用金庫カードローンを利用する場合、ネットから仮審査申込ができないようです。まずは、おしましんきんの本支店に電話を掛け、相談をすることから手続きが始まるようです。

カードローンでお金借りることができれば、30万円借りた場合でも毎月1万円の返済で済むので、ムリなく返済していけると思います。

渡島信用金庫「お困りの方どうぞローン」でお金借りる!

おしましんきんのフリーローンは2つありますが、その中の1つが「お困りの方どうぞローン」です。
500万円以内が利用限度額となっていて、変動金利で9.00%の金利となっています。

お金の使いみちについては、消費者金融のカードローン代金やクレジットカード会社などへ返済なども利用OKとなっています。借入期間は10年間となっているので、現在借金の返済でお困りの方は、借り換えに利用することで毎月の返済額を大幅に軽減することができます。低金利で借りられるために、現在消費者金融でバラバラに返済を続けている方は、利息の節約ができることになります。

事業資金に利用することはできませんが、それ以外ならば使途が確認できるものであれば、自由に利用できるようになっています。

渡島信用金庫「お困りの方どうぞローン」に申し込むには?

申込みには一定の条件があります。審査に通るにはその条件をクリアしている必要があります。

●申込み時の年齢:満20歳以上、完済時の年齢が満70歳未満。
●保証人:300万円以内の場合、保証会社(JCB)の保証を受けられるならば不要。
※300万円を超える、JCBの保証を受けられない場合には、連帯保証人1人以上が必要。
※JCBの保証が受けられない場合、担保の差し入れが必要。

このような条件となっていますが、申し込みには必要な書類があります。
運転免許証や健康保険証などの本人確認書類はもちろんのこと、所得証明書類、利用の使途を確認できる書類、その他必要とされる書類となっています。

渡島信用金庫「お困りの方どうぞローンⅡ」でお金借りる!

上記の「困りの方どうぞローン」との違いは、利用限度額と金利、融資期間、利用できる年齢の上限、担保・保証人の有無、保証会社です。
共通しているのは、お金の使いみちと申し込みに必要となる書類です。

まず利用金額については、10万円以上300万円以内となっているので、上記の商品よりも少ない金額となります。融資期間は6か月以上7年以内となっているので、上記フリーローンよりも短い期間となります。

金利については、固定金利となり2つのコースに分かれます。(保証料含む)
●コースⅠ:年9.50%
●コースⅡ:13.50%
※変動金利のため、金融情勢により変動することもあります。

申込み年齢は、満20歳以上、完済時の年齢は満76歳未満となります。上記のフリーローンよりも高めの年齢設定となっています。

担保や保証人については不要となっています。上記の「お困りの方どうぞローン」は、300万円までならば保証会社の保証を受けられる場合、保証人や担保は不要となっていました。
一方こちらの場合は、保証会社(株式会社クレディセゾン)の保証を受けられることが利用の条件となるため、担保や保証人は不要となっています。

カードローン・フリーローンでお金借りるまとめ

おしましんきんでカードローン・フリーローンでお金借りる時、自由に何度も借入れできるカードローンの利用は便利です。

それでも更にまとまったお金が一度に必要になる時、フリーローンの利用がオススメです。300万円を超えない金額ならば、「お困りの方どうぞローンⅡ」の利用をすることで、無担保・無保証人でお金借りることができるほか、利用時の年齢も高めとなります。

また「お困りの方どうぞローン」でも300万円までなら、保証会社の保証を受けられれば更に低金利で借りられますが、ただしそれよりも大きな金額を借りる時、保証人や担保が必要になるので、それならば他の金融機関で無担保・無保証人のローンを利用した方が良いと思います。

話題は変わりますが、北海道茅部郡と言えば、駒ケ岳が有名ですよね。火山活動のために一時期は入山規制がありましたが、現在では途中までならば登山が可能となっているようです。
また、しかべ間歇泉公園では、100度の熱湯が吹き上がる間歇泉を見ることができます。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ