紀陽銀行カードローンでお金を借りたい!

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

紀陽銀行の歴史と概要

紀陽銀行カードローン
明治28年5月に紀陽貯蓄銀行が設立されたのが紀陽銀行の始まりでした。その後、大正11年に現在の商号へ変更しました。

そして昭和20年に紀伊貯蓄銀行を合併して経営を継続してきましたが、平成18年に和歌山銀行と合併をして、平成25年には紀陽ホールディングスを吸収合併しています。

そんな紀陽銀行の本店は和歌山県和歌山市にあり、店舗は本支店合せて108となっていて、和歌山県随一の金融機関となっています。

紀陽銀行には3つのカードローンがある

紀陽銀行には「紀陽銀行カードローン」、「紀陽銀行カードローン(住宅ローン新規契約者専用プラン)」、「ステータス」の3タイプのカードローンがあります。

そのうち「紀陽銀行カードローン」は一般向けのカードローンとなりますが、便利な利用方法が用意されています。

「紀陽銀行カードローン」は最高800万円まで利用可能

「紀陽銀行カードローン」の利用限度額は800万円が上限となっていて、金利は年3.8~14.9%の設定となっています。大手銀行のカードローンを利用する場合と、同レベルの金利であることから、安心して利用することができます。

「紀陽銀行カードローン」はキャッカードにローン機能を付加

「紀陽銀行カードローン」の利用にはローンカードの発行はありません。

今手元にあるキャッシュカードをローンカードとしても利用できるようになるため、カードが増える心配もなく、1枚でキャッシュカードとローンカードの2つの機能を持つことになります。

「紀陽銀行カードローン」の申し込み方法は3通りから選べる

申し込みにはフリーダイヤル、FAX、インターネット(パソコン・スマホ)の3通りの方法があり、お好みにより選択できます。

フリーダイヤルからの申し込みは、携帯からの申し込みも可能で、平日9~21時、土日や祝日は9~17時が受付時間となっています。

FAXから申し込みする場合には、紀陽銀行のWebサイトから申込書をダウンロードしてプリントし、必要事項を記入して所定の番号へFAXします。

インターネットからの仮審査申込み流れ

インターネットから仮審査申込みをする場合には、以下のような流れをなります。

  1. 仮審査申込み:申込画面で必要な項目を入力して仮審査申込みをする
  2. 申込み確認の連絡を受ける:申込み確認後は勤務先や自宅へ確認連絡が来る
  3. 仮審査結果のお知らせを受ける:電話にて仮審査結果の連絡を受ける
  4. 正式な契約:正式申込書が自宅に郵送される。必要書類を添付して返送する
  5. 「契約のしおり」到着:現在持っているキャッシュカードでATMからの借入れが可能になる

総合口座のキャッシュカードを持っていない場合には、新規口座開設をする必要があります。
審査を行うのは、紀陽銀行と保証会社である阪和信用保証株式会社または株式会社オリエントコーポレーションとなります。

「紀陽銀行カードローン」の借入方法は2通り

「紀陽銀行カードローン」の借入方法は2通りあります。

兼用カードを利用してATMから借入れ

1つは兼用カードを利用して紀陽銀行の本支店や提携金融機関、セブン銀行、ローソンのATMからの借入れをする方法です。いつでも必要な時にその都度ATMから借入限度額の範囲内で自由に借入れができます。

使用のカードがローンカードではなくキャッシュカードであるため、キャッシングをしていることが知られ難く、安心してATM利用ができます。

口座の残高不足に対応する自動融資による借入れ

公共料金の自動振替、クレジットカード代金の引落しなどで返済用口座残高が不足する場合、自動融資による借入れをすることができます。

ただし、ローンの返済代金の引落しでの利用は不可となっています。

<「紀陽銀行カードローン」の返済は定例返済

返済方法については、毎月5日に返済用指定預金口座から、毎月の定例返済日の利用残高に対応する返済額を自動引落しされます。

残高が50万円以下の場合は1万円が毎月自動引落しとなり、100万円以下で2万円となります。また400万円超500万円以下では6万円、700万円超800万円以下では9万円の返済額と増額していくため、借り過ぎには注意が必要ですね。

紀陽銀行でお金借りるまとめ

紀陽銀行のカードローンは3種類の商品がありますが、上記の「紀陽銀行カードローン」の他の「紀陽銀行カードローン(住宅ローン新規契約者専用プラン)」は、住宅ローンを紀陽銀行で利用している方の専用カードローンです。

また「ステータス」の利用には、5.2%という低金利である代わりに前年度税込年収が500万円以上であることが条件となっているので、(住宅ローン新規契約者専用プラン)のタイプと同様に一般向けのカードローンとは言えません。

紀陽銀行本店のある和歌山市には、ポルトヨーロッパが人気です。中世のヨーロッパの港町がモチーフとなっているテーマパークであり、異国情緒を楽しめると共にアトラクションも体験できます。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ