給食費が払えない!未納の問題点とは?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

給食費と言ってもお金がないときには払うのは大変です。給食費が払えない時などの対応策を解説していきます。

給食費が払えないなら

子供が3~4歳頃になると、幼稚園などに入園するためにお金が掛かります。私立の幼稚園ならば入園料は概ね10万円程度、毎月の幼稚園の支払いに3万円程度必要になります。この時期の子供の教育費は、家計における負担が大きく、補助金はあるものの、焼け石に水といったところでしょう。【関連記事→教育費の捻出を自由にしたい時は佐原信用金庫の「教育カードローン」

そして幼稚園を卒園すると、小学校へ入学ということになります。この時には入学準備にまとまったお金が掛かるものの、幼稚園時代に比べれば毎月の家計への負担は大幅に下がります。毎月小学校で掛かる費用と言えば、通常は教材費、給食費の2本立てとなります。

その費用については、教材費に3千円前後、給食費には4千円前後という金額が一般的と言えるでしょう。それでも近年給食費を支払わない親が増えているということで、社会問題にもなっていますね。給食費が払えないのか、それとも敢えて払わないのかによって、学校や行政の対応も変わって来るようです。

そして給食費の未納にはリスクが伴うようです。払わなくても何のオトガメもナシということになると、きちんと支払っている人との不公平が生じるからです。

給食費が払えないと延滞金の発生

たかが給食費、されど給食費なのです。前述の通り給食費をきちんと支払っている人の割合は全体の99%ほどにも上っています。マスコミなどで取り上げられているため未納の人の割合はもっと多いのかもと思われるかも知れませんが、実際には1%にも満たないということです。それでもやはり不公平であることには変わりありませんね。
そのため、行政では未納の人に対してはしっかりと延滞金を課しています。

給食費の長期滞納には法的措置も

給食費を滞納すると、督促状が送付されることになります。その時点で支払いをすれば問題はありません。それでもそれを無視したり支払う意思のないことが感じられる場合、最終的には裁判に掛けられることになります。このような状況になると、借金と同じ扱いになりますので、財産の差押えも有り得ます。

給食費を払わないことで保護者自身、子供に及ぶ影響

給食費を支払わず、督促にも応じない場合、当然学校側も請求に乗り出すことになります。そうなると、知らない内に未納の情報がモレることもあります。そうなると、きちんと支払いをしている親にも知られることになります。そうなると様々な問題も起きて来ます。

給食費が払えないと・・・親への批判、子供のイジメも…

未納の噂はたちまち広がり、払っている親からの抗議を受けることもあるでしょう。そうなると子供にも情報が伝わります。未納の親の子供が学校でイジメにあったり、給食を食べることを遠慮してしまうケースもあるようです。このようなことになると、何の落ち度もない子供までが迷惑をこうむることになってしまいます。

給食費、払わないのではなく払えない場合どうする?

以上では、払うお金が明らかにあると分かるのに、敢えて給食費を払わない場合の影響を記載しました。ココからは、お金がなくて給食費が払えない場合の対処法を記載していきます。

給食費に関して就学援助制度を利用する

小学校や中学校で必要な費用、給食費、教材費、修学旅行費、通学に掛かる交通費などの一部の費用を自治体により援助してくれる制度が「就学援助制度」です。この制度を利用することで、給食費の支払いは不要になります。対象となるのは、低所得世帯や児童扶養手当を受給している世帯、住民税非課税世帯など、経済的に困窮している世帯となっています。

行政の援助以外の対処法は?

上記のような援助を必要としない場合でも、ワケあって給食費が払えないこともあるでしょう。その場合の対処法は以下のようになります。

教育ローンを利用する

各市町村では教育ローンを利用できるようになっています。固定金利で1~3%程の低金利で借入れができるので、安心です。ただし、所得などの問題でローンを利用できないということもあるようです。

給食費を金融機関のキャッシングでお金を借りる

行政からの援助や融資が受けられない時、最終的に頼れるのは民間の金融機関でしょう。たとえば、今すぐ借りたいということならば消費者金融のキャッシングはオススメです。気になる金利もプロミスやアコムならば30日間、ノーローンならば1週間無利息で借入れが可能です。
また、銀行カードローンの新生銀行レイクでは、30日間、180日間(200万円まで利用可能、無利息は5万円まで)の2種類の無利息ローンがあります。

ただしプロミスの場合は、初回利用であること、メールアドレスとWEB明細利用を登録する必要があります。

アコムは、初回利用であること、返済期日を「35日ごと」に指定する必要があります。

ノーローンは、初回利用であることで1週間無利息になります。この間に完済すれば翌月以降も1週間無利息でキャッシングできます。

レイクの場合は、初回の借入れで2つの内どちらかの無利息ローンのみ利用が可能になります。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ