網走信用金庫カードローンの申し込み借入方法!

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

昭和26年11月に前身の網走信用組合から改組した網走信用金庫は、店舗数20という比較的小規模な展開と言えますが、平成28年3月6日に創立90周年となる信用金庫です。

営業区域は、網走市、北見市、釧路市、帯広市、美幌町、津別町、大空町、斜里町、小清水町、清里町、佐呂間町、訓子府町、置戸町、弟子屈町、標茶町、釧路町、厚岸町、中標津町、標津町、羅臼町、鶴居村、白糠町、音更町、上士幌町、士幌町、鹿追町、足寄町、陸別町、芽室町、中札内村、更別村、幕別町、池田町、本別町、豊頃町、新得町、清水町、浦幌町、大樹町、広尾町となっています。

これらの区域にお住まいの方、お勤めの方を対象にしたカードローンが多数揃っています。中でも、あばしりしんきんオーロラカードローン、スペシャルカードローン、えりあカードなどは、それぞれに特有のポイントがあります。

あばしりしんきんオーロラカードローン

網走信用金庫カードローン
あばしりしんきんオーロラカードローンの利用限度額は、20万円、30万円、50万円、100万円、200万円、300万円の6つの種類に設定されています。

利用できる方の条件は、満年齢で20歳以上65歳未満であり、健康的で文化的な生活を営むために資金の利用をできる方ということになります。
フリーローンには借金の借り換えに利用できる場合が多いですが、本ローンに関しては借り換え・おまとめなどの借入金の整理に利用することはできません。また事業資金としての利用もできないことになっています。

また利用の条件について更に借入限度額を大きく3つに分け、それぞれに異なった条件を設けていることが大きな特徴となっています。

●利用限度額20~50万円:営業区域内に居住している20~65歳未満の方なら、専業主婦、パート・アルバイトも借入れ可能
●利用限度額100万円:安定継続した収入がある方
●利用限度額200~300万円:申し込み時点において網走信用金庫の有担保住宅ローンの利用がある、完済済みに場合は3か月以内、前年度年収300万円以上ある方

利用したい金額により条件が分かれているので、その条件を満たせるかどうかで希望通りの借入れが左右されることになります。

オーロラカードローンの金利・返済方法

オーロラカードローンの金利は、利用可能額により変わります。
20~50万円:年12.0%
100万円:10.5%
200~300万円:9.0%

以上のような金利が設定されていますが、借入期間は3年間となっていて、再審査により自動継続されるのが普通です。ただし、更新される日に既に満70歳以上となる方は、契約の更新ができません。

返済については、毎月7日が約定返済日と決められていて、定額返済か残高スライド返済と随時返済の併用となります。
定額返済をする場合、20万円⇒毎月1万円、30万円⇒1.5満円、50万円・100万円⇒毎月2万円が返済額となります

また残高スライド返済で毎月返済をする場合、借入残高が10万円以下⇒3千円、10万円超30万円以下⇒5千円、30万円超50万円以下⇒1万円、50万円超100万円以下⇒2万円、100万円超200万円以下⇒3万円、200万円超300万円以下⇒4万円の返済が最低でも必要となります。

オーロラカードローンの申し込み借入れ方法について

オーロラカードローンの保証会社は、しんきん保証基金となっています。保証会社の保証を受けることで、無担保・無保証人でお金を借りることができます。

土日や祝日、夜間でもネットを利用して仮審査の申し込みができますので、24時間365日申し込み可能です。

申し込み借入れ方法については、仮審査申込をパソコンなどでします。入力は申し込み金額・メールアドレスなどの最小限の情報に留まります。

その後本人情報や勤務先情報の入力専用メールが送信されるので、必要な項目の入力を終えた後送信します。その後仮審査申込み完了メールが送信されて来ます。

場合によってはその後確認のために在籍確認の電話が掛かることもありますが、直ぐに終了するような内容となっているので、安心です。その際に本人確認ができない場合、希望に反した結果になることもあるので、要注意です。

仮審査に通ると、次は本支店の店舗へ行って正式契約をします。その際には運転免許証などの本人確認書類が必要になりますので、忘れずに持参します。その際の情報の内容と申込み時に申告した内容に違いが生じないように、項目の入力は慎重に行いましょう。

高属性の方向きカードローン「スペシャルカードローン」

網走信用金庫には、上記のオーロラカードローン以外にも、カードローン商品が揃っています。

「スペシャルカードローン」は満25歳以上65歳以下の方が利用可能になります。そして利用の条件は更に続き、申し込みをする方の職業が国家・地方公務員あるいはそれに匹敵する団体などに勤務している役職員の方、あるいは保証会社(株式会社セディナ)が指定する民間企業の役職員であることが条件となっています。

借入限度額については、30万円、50万円、70万円、100万円、150万円、200万円、250万円、300万円の8コースとなっています。
資金の使いみちは、借金の返済・事業性資金以外ならば自由となっています。
高属性の方限定のカードローンであるため、信頼性は抜群であり、そのために10.3%という低金利で借入れができるようになっています。

さらに低金利利用可能、「えりあカード」

上記スペシャルカードローンは、属性の良い方向きのカードローンでしたが、更に低金利で利用できるカードローンが「えりあカード」です。
金利は6.8%と、フリーローン並みの低金利となっています。

利用限度額は、50万円、100万円、200万円の3コースとなっています。
利用の条件は、勤続年数2年以上で、安定継続した収入を得ている方、網走しんきんの住宅金融支援機構を含んだそれ以外のローンにおいて返済の遅延がない方は、上質の顧客としてえりあカードの利用が可能になります。

また個人信用情報機関へ登録されること、個人情報の利用に合意すること、更に既に登録が済んでいる方については、返済の遅れや債務整理の事故情報の記録がないことなど全てを満たしている場合に、えりあカード利用が可能になります。

また借入限度額が100万円・200万円のコース利用については、申し込みの時点で保証人1人が必要です。このような条件を全てクリアできる方に限り、「超低金利」と言える金利での利用が可能になっています。

網走信用金庫のカードローンに申し込み借入れするまとめ

網走信用金庫では、他の信用金庫にはないような斬新なカードローンが用意されています。基本的には銀行カードローンよりも低金利であり、商品によってはそれよりも更に低金利で利用できるカードローンも用意されています。高属性の方や良質な顧客である方はオトクな利用が可能になっています。

「網走」で誰もが耳にしたことのあるワードと言えば、「網走刑務所」かも知れませんね。映画などでもその舞台となったこともあり、一躍有名になったようです。実際にはかつての木造建築時代の刑務所は博物館となっていて、実際の刑務所の方は現在はかつての刑務所から南へ2キロほどの場所に移築されています。

また網走はクリオネ通りでは、網走一の商業地であり、観光スポットとしても紹介されています。
網走湖や網走市沖でみられる流氷、二ツ岩、能取岬は自然の美しい景色がみれる観光スポットとなっています。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ