荘内銀行カードローンからお金を借りるなら!

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

荘内銀行とは山形県鶴岡市に本店を置き、店舗数81で営業を行っている地方銀行です。前身となる第六十七国立銀行を明治11年12月に総合し、その後昭和16年に鶴岡銀行、風間銀行、出羽銀行と合併し、荘内銀行を創立しました。
現在では北都銀行と経営統合しています。

地銀カードローンは最近注目されているようですが、荘内銀行では「ドリームコンシェル」、「学資プランカードローンタイプ」の2つのカードローンがあります。

※2016年10月現在はドリームコンシェルは終了しています。

70歳未満利用可能、「ドリームコンシェル」から借入れ

荘内銀行カードローン
荘内銀行には500万円まで借入可能なカードローン「ドリームコンシェル」があります。
その使いみちについては自由となっていますが、ただし事業性資金や転貸資金としての利用は不可となっています。
更にドリームコンシェルでは、投機性資金に利用することも禁止されています。基本的に自由に使えるカードローンとしては、少し異質な商品と言えるでしょう。

また他のカードローンとの違いとして利用年齢の広さがあります。こちらのカードローンでは完済時の年齢が70歳未満となっているので、65歳未満までの利用となるカードローン商品も多い中、利用する側にとってはとても有り難いカードローンと言えるでしょう。
ただし利用をするには、安定した収入が条件となっています。

専業主婦10万円、「ドリームコンシェル」には8つの限度額アリ

ドリームコンシェルには10~500万円の利用限度額がありますが、利用には8つの限度額に分けられています。
ドリームコンシェルのカードローンからお金を借りるなら、利用限度額は10万円、20万円、30万円、50万円、100万円、200万円、300万円、500万円となっていますが、専業主婦の方は10万円に限定されています。また、パートやアルバイトの方は30万円が限度額となります。

利用限度額は、増額申請によって増えて行きますが、10万円から20万円、30万円、50万円と増やしていくことは簡単そうですが、50万円を過ぎてから100万円までのステップアップには少し距離が開いているように思います。

更には、200万円以降についても100万円ずつ増えていること、最終的には300万円から500万円までには200万円もの開きがあることを考えると、増額申請にも限界が来る時が来るのではないでしょうか。

金利は4.5~14.6%ですが、利用限度額によって変動するため、少しでも高めの金額を設定された方が低金利となり、その分利息の節約ができます。

30万円まで月5千円、安心の返済金額

ドリームコンシェルには、約定返済額が予め決められています。借入れの残高に対して決まるもので、たとえば借入残高が30万円以下の場合には、約定返済額は5千円となります。また30万円超~50万円以下ならば1万円、50万円超~100万円以下の場合は2万円、そして100万円超~200万円以下は3万円、200万円超~300万円以下は4万円、最後に300万円超~500万円以下の場合は5万円の返済額となります。

返済が進み残高が減って来ると、毎月の返済額も減額されてくることになります。
例えば、60万円借りた場合は毎月2万円の返済となりますが、5か月間何とか毎月2万円の返済ができれば、6か月目からは半分の1万円で済みます。

学費の不足には、カードローンタイプ「学資プラン」が便利

荘内銀行には学資ローンではあってもカードローンタイプの商品があります。通常の学資ローンとの違いは、別の学資ローンの借り換えも可能ということです。
もちろん学校に関することならば入学金、入塾費用や毎月の受講料などの教育資金に利用可能となっています。
教育費専用のカードローンであるため、金利は年3~4.5%と低金利での利用ができます。

カードがあれば、必要な時に利用限度額の範囲内で何度でも借入可能です。そういう意味では、目的ローンの学資ローンでお金を借りるなら、こちらのカードローンタイプの学費プランは便利と言えますよね。
こちらも上記のカードローンと同様の年齢制限があり、利用方法と同じ要領となります。

借入限度額についても、カードローンの方と同じですが、学校の種類によって更に区別がされています。医学系・芸術系・大学院では1,000万円までの増額が可能になります。特に多くの学費を必要とするこの系統の大学には嬉しいカードローンと言えますね。

借入期間は15年間となっていて、据置期間も含まれます。
具体的には、返済期間10年間+就学年数(4年)プラス1年ということになります。

子供の学費が払えない

「リトライサービス」利用で、カードローン審査に落ちても再挑戦可能?

通常はどんなカードローンでも審査に落ちてしまった場合、しばらくは同じローンに申し込みをしても再度審査落ちとなることが多いです。

一方、荘内銀行で「リトライサービス」を利用することで、ドリームコンシェルや学費プランカードローンタイプの審査に落ちた場合でも、もう一度審査に挑戦できるのです。ただし、そちらのローンの保証会社は、元のローンの保証会社フィデアカード保証~オリコに変わります。
また、金利も元のローンよりも高く設定されてしまいますが、ローンの利用ができるなら致し方ないと言えるかも知れません。

ドリームコンシェルではリトライ後は年10~14.6%に、学資プランカードローンタイプは、年4.5~5.0%にアップします。
これらのローンからお金を借りるなら、リトライサービスの利用はオススメと言えます。

荘内銀行カードローンからお金を借りるなら!まとめ

荘内銀行のカードローン、ドリームコンシェルの金利は一般的ですが、利用のメリットの1つに遅延損害金が標準金利の上限金利と同率となっていることが挙げられます。通常ならば標準金利よりも高く設定されますが、本ローンでは標準金利を超える金利になることはありません。それでも返済の延滞には注意が必要です。

また学資プランの利用では利用期間が決まっていますので、借入後に留年・休学により卒業が長引いたとしても、利用期間の延長はないので注意が必要です。

荘内銀行は、山形県鶴岡市に本店がありますが、江戸時代には鶴岡藩(庄内藩)の城下町として栄えていました。
庄内米やだだちゃ豆の産地であり、羽黒山五重塔は羽黒山にある室町時代に建立された建造物として有名です。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ