不足する葬式代はどこで借りるとオトク?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

急なお葬式でお金がない!

近頃、「終活」という言葉をTVなどで頻繁に聞くようになりました。今までは人の一生なんていつ終わるか分らないし、それ以上に余り考えたくないという流れが主であったと思います。

ところが今は、自分の葬式をどうするのか、墓地はどこにするのかということを生前に自分自身で決める方が多くなっています。このような場合では自分のことで家族に迷惑をかけたくないという意思があるため、葬式代もきちんと用意してある場合が多いでしょう。

このように葬式に掛かる費用の用意ができている場合には、残された家族が苦労をすることもありませんが、通常は毎日の生活費の捻出でさえ大変という場合も多く、それ以上に家族の不幸のための費用を用意しておく人は少ないのではないでしょうか。

葬式代が不足する時、どこで借りる?

突然の家族の不幸に悲しんでばかりいられないのが現実です。亡くなった家族に対して葬式で精一杯のことをしてあげなくてはなりません。
しかしそれには費用が掛かります。

葬式代を貯金から支払えるならば、特に悩みは無いと思いますが、葬式代は高額になることが多いため、現金で直ぐに支払える方もいると思いますが、とてもじゃないけどムリという方も多いのではないでしょうか。そんな時、どこかで葬式代を借りることになると思います。

葬儀社のローンを利用する

葬式代が不足する時、葬儀を依頼する葬儀社のローンを利用するのが一般的と言えます。葬式のプランに伴い発生する葬式代が不足する時、葬儀社に相談することは自然な流れと言えます。葬儀社でもローンを用意しているため、急な出費で困った時に相談できる点では、葬儀社のローンを利用するメリットと言えます。

現在、多くの葬儀社ではオリコとJACCSで契約をしています。その中でもJACCSは、「全日本葬祭業協同組合連合会」と包括契約を締結しているため、組合に加盟している葬儀社はJACCSの「葬儀ローン」の取扱いをしています。そのためにJACCSを利用するケースが多くなっています。

金利は7.2%、即日審査、担保・保証人不要となっています。返済では繰上返済も可能になっています。低金利でお金借りることができるので、安心です。

葬式代を銀行カードローンで借りる

近日中に葬式代を支払わなくてはならない時、その金額が50万円以上ならば銀行カードローンも選択肢の1つとなります。金利は4~14%前後という低金利です。銀行カードローンなら審査も早く、即日融資を受けられる可能性もあります。また自動契約機の設置もしている銀行も多いので、ネット申込みをした後にローン契約機へ行くことで、今日中にカードを発行することが可能になります。葬式代をすぐに払わなくてはならない、そんな時は銀行カードローンを検討してみると良いでしょう。

また銀行を利用するならば、メモリアルローン、フリーローンや多目的ローンもオススメです。借入方法については、自分の口座を経由して直接支払先へ振込みしてもらう場合もあります。金利は変動で5%台という銀行もあるので、低金利でオトクなローンと言えますが、申込みから1~2週間程度の時間が掛かることが多く、支払いに間に合わない場合はカードローンの方が瞬発力に優れていると言えるでしょう。

葬式代を消費者金融で借りる

葬式代をそれほど掛けずに小規模で行おうと考えても、やはりその費用は最低でも30万円ほどは掛かってしまうようです。突然必要になった葬式代、少しでも早く用意したいという時には、消費者金融の利用も選択肢の1つとなります。金利は4.5~18%となっていて、他のローンよりも高めの金利となりますが。なによりも最短で即日融資を受けることができる可能性が最も高いと言えます。

金利が高いことを気にする場合もあると思いますが、故人が生命保険に加入していた場合、香典の収入により借入れ金額を軽減できる場合、またいったん凍結された故人の預金口座にある程度の残高がある場合、時期が来れば繰上返や一括返済が可能になるでしょう。その場合には他のローンとの金利の差もさほど気にならないかも知れません。

葬式代をろうきん・信金で借りる

また借入先は銀行だけでなく、ろうきんや信用金庫も視野に入れると良いです。ろうきんでお金借りるには会員になる必要があり、信用金庫では営業区域内に住所がある、勤務先があるなどの条件もあります。

フリーローンの利用により多目的に使えますが、申込から融資まで1週間以上の時間が掛かることで、急ぎの場合には向かないかも知れません。それでも5~14%前後の金利で利用できるので、支払いまでに猶予がある場合は申込んでみると良いでしょう。

葬式に参列、香典代を借りる

葬式代は高額のお金が必要になり、急な出費でそのお金の捻出には苦労をします。一方、葬儀に参列する方もまたお金が掛かるものです。友人や知人が故人となった場合には、5千円~1万円程度が相場のようですが、親戚となるとその2倍以上となる場合もあり、兄弟姉妹、親となると3~10万円程度が相場となっているようです。

急きょ葬式に参列することになったことで、香典の費用を用意する場合、給料日前でお金が足りないということもあるでしょう。また葬式の会場が遠方の場合には交通費も掛かります。このような時には最も早いタイミングで融資を受けることができる消費者金融でお金借りると良いでしょう。

金利は高いところだと約18%となっていて他のローンよりも高くなっていますが、低金利をウリにしているサービスも有ります。借りる金額が少額のために給料で返済できる場合には、金利の差は気にならない程度と言えます。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ