街金と闇金は同じなの?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

街金と闇金は違う?

消費者金融という言葉は広く浸透していて、銀行カードローンとの比較対象にもなっていますね。
この言葉と似たようなイメージを持たれているものに「街金」、「闇金」があります。この3つの言葉は同義語なのでは?と、なんとなく思っている方も多いのではないでしょうか。

結論から言いますと、「消費者金融=街金」であり、「消費者金融≠闇金、街金≠闇金」
ということになります。
つまり、「街金」は消費者金融と同じ意味であり、「闇金」は消費者金融とは別の金融会社であるということになります。

街金について

冒頭で街金は消費者金融と同じ意味であるということを言いましたが、それでも一般的に使われている言葉は、「消費者金融」です。意味は同じですが、細かいことを言うならば、規模の違いにより言葉の使い分けをされているようです。

小規模の消費者金融であっても、登録はしっかり行っているので安心して利用することができます。もちろん貸金業法を守ってお金を貸しているので、利息制限法の上限金利より高い金利でお金を借りてしまう心配もありません。

ただし、規模が違うということは、接客などについては大手の消費者金融に比べると多少劣ることは否めないようです。小規模の消費者金融の場合は、社員教育に時間と手間を掛ける余裕がないからでしょうね。

スマートな対応を希望されるのであれば、やはり大手の消費者金融でお金を借りることをオススメします。

闇金について

上記のとおり、街金は消費者金融と同じであるということはお分かりいただけたと思います。それでは闇金とはどんな会社なのでしょうか?

金融庁では闇金について、無登録で貸金業を営む業者と定義づけています。貸金業者は、貸金業規制法に基づいて貸付けを行いますが、国か都道府県から登録を受ける必要があるのです。

闇金業者は悪質な取立てや法外な金利を取る業者であり、こういった業者には注意しなくてはなりません。

無登録営業に対する罰則について

貸金業法では無登録営業に対する罰則を従来よりも強化しています。「ヤミ金融対策法」とも言われる、この法律の罰則は以下のようになっています。

以前は3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金又は併科となっていましたが、改正後は5年以下の懲役若しくは1千万円(法人の場合1億円)以下の罰金又は併科となっています。

貸金業の登録審査の厳格化について

貸金業の登録審査では、運転免許証やパスポートなどの写しの提出をするなど
本人確認が厳しくなりました。

また、暴力団関係者(※1)や財産的基礎を有しない人は登録を受けられないことになっています。財産的基礎というのは純資産(※2)のことであり、一定額以上の資産を持っていることが登録に必須となっています。

  • ※1.暴力団員、暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者
  • ※2.個人の預金や土地などの資産と借入金などの負債を計算した金額が5千万円以上である場合。

闇金の被害に遭わないように注意すること

大手の消費者金融とはプロミス、アコム、モビット、アイフル、ノーローンが挙げられます。その他の消費者金融は規模が小さく街金と呼ばれる業者が殆どでしょう。その場合、名前が有名でないだけに、街金なのか闇金なのか見分けがつかず、ウッカリ闇金でお金を借りてしまうこともないとは言えませんね。
登録業者か否かを判断する際には、以下を参考にしてみてください。

闇金業者の見分け方について
  • 登録業者かどうか確認する⇒金融庁ホームページで検索する
  • 出資法違反でないかチェックする(現在の出資法の上限金利は20.0%)
  • 契約書を発行する業者であるかを確認する
  • 契約書の内容で矛盾点がないか確認する(矛盾があれば契約を断る)
闇金業者の手口にも注意!

闇金業者は、さまざまな手口で私達に対して何とかお金を借りさせようとします。そんな手口に引っ掛からないように注意する必要があります。

  • 登録詐称⇒広告の登録番号表示の際、架空・又は他の業者の番号を掲載する
  • 090金融⇒携帯電話を窓口としてお金を貸す、実体のない貸金業者
  • 押し貸し⇒契約の意志がないのに、勝手に銀行口座に振込みをして高利を請求する
  • 紹介屋⇒他の貸金業者を紹介し、借入金の一部を紹介料として徴収する
  • 整理屋⇒多重債務者から債務整理をすると偽り、手付金を騙し取る

また住所や電話番号、銀行口座などは個人の重要な情報です。信用できない会社にむやみに教えないようにする注意力も必要となります。
また、騙されたと思った時には、速やかに近所の消費生活センターや弁護士、貸金業協会などに相談をするようにしましょう。
さらに警察や都道府県、財務局の貸金業担当窓口に連絡することも大切です。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ