どうする?予想外に掛かった車検費用が払えない時

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

自動車の車検のお金がない場合

マイカーを維持するには、それなりの費用が必要になります。車を購入した時には自動車保険に入る必要があり、ガソリン代を含む車のメンテナンスでも定期的にお金が掛かります。また自動車税も毎年1回、数万円を支払うことになります。

さらに最も高額な費用が必要になるのは、車検です。新車で購入した場合は1回目の車検が3年後、2回目以降は2年ごとにその時期が来ます。

車検の費用ってどのくらい掛かるの?

車検を行うには、ディーラー車検やユーザー車検という方法が有名ですが、その他ガソリンスタンドや車検を専業としているショップ、大手カーショップに委託する方法があります。その費用は車検の方法によって大きく異なっていますが、その内訳については以下に記載しています。

車検の費用の内訳

自家用乗用車の車検費用の総額は、平均して10万円前後が一般的となっていますが、その費用の内訳には2つの要素があります。

  • 1.法定費用
  • 2.点検整備料金
1.法定費用

たとえば1,500CCクラスの乗用車の場合では、法定費用として重量税25,200円必要になります。また自賠責保険24か月分として22,470円、手数料1,700円掛かるので、合計49,370円が最低限必要となります。

2点検整備料金

点検整備料金については新車と中古では費用が大きく変わってきます。車検に通すために点検を行った時、経年劣化が疑われる部品の交換が必要と判断した場合、部品代や工賃などが掛かります。車が古くなるほどこの料金は高くなっていく傾向にあります。

またこの料金には車検の代行手数料が含まれるため、上記のクラスの乗用車の場合、平均して6万円前後掛かるようです。

車検費用が不足して払えない時、どうしたらいい?

それでも車の状態によっては予想外の費用が掛かることがあります。車検の時期は毎回同じタイミングとなるので、前もって費用を用意しておく方は多いと思います。ただし、上記のように車が古くなる程、予想外の費用が掛かるものです。

車検費用が予算を大きく超えてしまった時、払えないということもあるでしょう。このような状況となった時、お金を借りるしか方法がないという場合も多いと思います。

車検費用が払えない時、金融機関から借りる

車検費用は一度に10万円以上のお金が必要になることが多く、予算として用意できる場合でも、突然の追加費用には応できない場合も多いでしょう。また、初めからボーナスが入るまで車検費用の用意はムリという場合もあると思います。

そんな時にはカードローンの利用を考えるのも、車検費用を工面する1つの方法と言えます。借入先は銀行や消費者金融があります。またクレジットカードにキャッシング枠があれば、申込みナシですぐにお金借りることができます。

さらに低金利にこだわりたい場合は、銀行のマイカーローンなどの目的ローンはオススメです。4%台という低金利で車検費用としても利用できるので、通常のカードローンを利用するよりも有利にお金を借りることができます。またフリーローンの利用でも5%台でお金を借りることができます。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ