農家でもお金借りることはできる?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

農業をして生活しているけれど、お金を借りたい!

農業で生計を立てている農家の方が金融機関からお金借りるとき、審査に関係する属性で言うと「自営業」ということになります。審査においてサラリーマンの方が自営業よりも有利になると言われています。

また農業という職業ですが、自然災害や天候により収穫量や農作物のできが左右されるために、年間を通じて安定した収入が得られるという保証はないと言えるでしょう。また農作物を収穫する時期である場合には、まとまった収入を得ることができます。

一方、収穫の時期にない時には特に収入を得る手段もなく、金融会社の貸付け条件である「安定した収入」ということを考えるならば、厳しい状況にあると言えるでしょう。

自営業であること、農家であることで、銀行のカードローンや消費者金融でのキャッシングの審査では、サラリーマンに比べると不利な条件になると言えるでしょう。

農家の人でも金融機関でお金借りることは可能です!

それでは農家だとカードローンやキャッシングの利用ができないの?と心配になるかも知れませんが、実際にはそんなことはなく農家の方でも金融機関で借入れをすることは可能になっています。

安定した収入については、毎月定額の収入があることは重要ですが、職業により様々な収入の形態があることは当然考えられることなので、金融会社ではこのような場合には年間収入を見て判断してくれるようです。

収入証明書は50万円以上の借り入れの時にだけ必要

通常、どこでお金借りるにしても50万円を超えない金額の場合には、収入を証明する書類の提出は必要ありません。それでもやはり特に自営業の方に対しては50万円以下の利用でも提出を求められるケースが多いです。そのために申込みの時点で収入を証明する書類が必要だと言われる可能性があります。

急ぎの借入れでない場合は、金融会社から求められた時に収入証明書類を用意すれば何の問題もありません。それでも書類の提出までに余り時間が掛かり過ぎてしまうと申込みが無効になることもあるようなので、なるべく早く提出をする必要があります。

また特に即日融資にてお金借りるためには、このようなことを予測して申込みする前に確定申告書を用意しておくと良いですね。

農家の方が事業資金を借入れする場合

生活費のために農家の方がお金借りる場合は、銀行カードローンや消費者金融のキャッシングはオススメとなります。今すぐに必要なお金の借入れができるので、今日中に支払いをしなくてはいけないという時には、とても心強い金融機関と言えます。
即日融資を希望するならば、やはり銀行カードローンや消費者金融のキャッシングがオススメとなります。

一方、農家の方が農業に必要なお金借りる場合、事業資金を借入れできる金融機関は限られて来ます。それならば農家だからこそ借りられる融資を利用した方が、借入れ方法や金利などにおいて有利になります。

農業近代化資金を利用する

都道府県で行っている融資の1つに「農業近代化資金」の貸付けがあり、自営業として農業に従事している農家の方も対象となっています。ただし農家であれば誰でも融資が受けられるという訳ではなく、さらに対象者となるには一定の条件を満たす必要があります。

  1. 1.農業による収入が家計の総収入の過半数以上である場合、または農業粗収益が200万円以上あること。
  2. 2.主に農業経営を行っている青壮年の農業従事者が家族にいること。
  3. 3.経営主が60歳以上である場合、農業に従事している後継者が存在していること。または将来において後継者が見込まれること。
  4. 4.帳簿の記帳を行っている、または確実に行うと見込まれること。

以上の条件を全て満たすことで、農業近代化資金の貸付けの対象になることができます。また、融資の対象となるのは主に経営主となっていますが、経営の中で一部だけでも主宰権がある、その部分においては経営においての危機負担や、利益を処分する権利がある場合にも対象者となれます。

借入れした資金の使い道は以下のようになっています。

  1. ●農舎・畜舎・農産物出荷施設などの農業に関する施設の建築や改良、造成、取得
  2. ●農機具の取得や改良
  3. ●果樹などの栽培・育成
  4. ●家畜の購入・育成
  5. ●1,800万円以下の規模であるの農地や牧野の造成・改良

また借入れの目的として、この他にも農地の給排水施設、特定農家住宅、養殖施設などの改良や造成・取得のための資金もあります。さらに農業経営の規模を拡大、生産方式や経営管理を合理化・改善のために長期運転資金を必要とするための利用も可能となっています。

以上が個人の農業者が融資を受けられる条件となっています。
詳しくは住所のある都道府県のHPを参考にし、疑問点があれば農林振興センターなどに電話で問い合わせをしてみると良いでしょう。

また市町村でも農業資金担当課などで案内を受けることができるほか、県内のJAバンクでも農業制度資金の案内をしています。
そのほか「日本政策金融公庫」のHPを検索して内容の確認をすることもできます。
参考: 農業|日本政策金融公庫

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ