青森銀行カードローンの申し込み借入方法!

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

青森県を代表する地方銀行と言えば、やはり青森銀行が挙げられると思います。明治59年に第五十九国立銀行として創業開始、その後昭和18年10月に株式会社第五十九銀行、株式会社板柳銀行、株式会社八戸銀行、株式会社津軽銀行及び株式会社青森銀行の5行が合併し、株式会社青森銀行を設立しました。

そんな青森銀行のカードローンは3つ、あおぎんカードローン<あおたす>・あおぎんカードローン<Aキャッシング>・あおぎんWeb専用カードローン<ポチカ>があります。

最高限度額500万円、あおぎんカードローン<あおたす>

あおぎんカードローン
青森銀行カードローンの中でも限度額の高さを誇るのが、あおぎんカードローン<あおたす>です。
最高限度額500万円となっていて、大手銀行ならば珍しくはありませんが、地方銀行としては高い金額が設定されています。
だからといって、誰もが500万円という大金を借入れできる訳ではありません。

借入限度額は、審査によって決まります。
それでも審査で決められることはもちろんそれだけでなく、審査通過の可否がメインとなりますので、まずは審査に通ることが先決となります。

<あおたす>の借入限度額には13のコースが設けられています。利用額は10~500万円となっていますが、この間ならばいくらでも良いという訳ではなく、10万円、30万円、50万円、70万円、100万円、150万円、200万円、250万円、300万円、350万円、400万円、450万円、そして500万円という13段階の設定となっているのです。

金利については、4.8~14.5%となっています。銀行カードローンの一般的な金利の水準であるため、特に高いとも低いとも言えない数字となっています。金利は借入限度額によって決まってきますので、審査の際に借入限度額の設定がされる時点で金利が決まると言えるでしょう。

<あおたす>の借入方法には、自動融資もあります。公共料金・クレジットカードの代金支払いなどで、口座振替を設定している時の残高不足にも対応してもらえます。

保証会社はアコム、あおぎんカードローン<Aキャッシング>

青森銀行には上記の<あおたす>の他にも、あおぎんカードローン<Aキャッシング>があります。両者の内容は一部で似ている部分もあり、もちろん相違点もあります。それはどんなことでしょうか?

似ている部分については、借入限度額、金利の設定がそれに該当します。
また、相違点では<Aキャッシング>のサービス「ゴーハロークイック」がそれに当たります。
聞き慣れない言葉であると思いますが、そのサービスとは簡単に言えば、「電話で借入れの目安を教えて貰える」ということになります。
申し込みの前に、青森銀行のフリーダイヤルに電話をして、融資が可能であることが分かれば、その後やインターネットやFAX、郵送などの方法で申し込みができます。

また両者の相違点については、保証会社が異なっているということもあります。
前者の<あおたす>の場合は、「あおぎんカードサービス株式会社」が保証会社となっていますが、こちらの<Aキャッシング>のカードローンの場合は、大手消費者金融として有名な「アコム」となっています。

返済は2千円からOK!あおぎんWeb専用カードローン<ポチカ>

上記2つのカードローンに次いで、3つめのカードローンとは「あおぎんWeb専用カードローン<ポチカ>」となります。

上記2つのカードローンとの決定的な違いとは、ネーミングにもある通り「インターネット専用」であるということです。
こちらのカードローンの申し込みの流れには、青森銀行へ来店して契約をする手続きがありません。上記の2つのカードローンには仮審査結果を受けた後に本申込みをするために青森銀行本支店への来店が必要になります。

また借入限度額は300万円であり、上記2つのカードローンの上限は500万円までとなっているので、それよりも少しコンパクトな内容となっています。
金利についても11.2~14.5%となっていて、やはり割高な数字と言えます。
保証会社についても「JCB」となっているので、3つのカードローン全てが異なった保証会社であることになります。

また<ポチカ>の利用には、青森銀行の普通預金口座を持っていることが条件となっています。申し込みの時点で口座がない場合は新規口座開設をする必要があります。
また最少返済額にも違いがあり、上記2ローンでは最低でも毎月1万円の返済が必要ですが、こちらのローンでは毎月2千円が最少返済額となっています。

青森銀行カードローン申し込み借入方法まとめ

上記では3つのカードローンのご紹介をしました。
どのカードローンを利用したら良いの?という時には、申し込みの早さや簡単さ、毎月の返済額の少なさから言えば、<ポチカ>がオススメと言えると思います。

申し込みがインターネットに限定されていることで、それだけ早い対応ができるための体制が整えられているということになります。もちろんローンカードの発送には10日程度掛かりますので、即日融資は難しいですが申込みの手軽さや来店の必要がないということは大きなポイントと言えるでしょう。

また<Aキャッシング>の利用でも、サービスの利用により申込み前に審査に通る可能性を知ることができるため、信用情報に差障りが生じない為、こちらもオススメと言えます。

青森銀行本店のある青森県青森市と言えば、何と言っても「青森ねぶた祭り」が有名ですよね。
毎年8月2日~7日までの期間に開催され、曜日に関わらず毎年同じ日程となっていることも特徴的です。ねぶた祭りでは市内をねぶたが運行し、子どもねぶた・大型ねぶたがその主役となりますが、最終日には青森花火大会も開催されています。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ