鹿児島銀行カードローンの申し込み借入方法!

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

鹿児島銀行は、昭和19年に第百四十七銀行、旧の鹿児島銀行、鹿児島貯蓄銀行が合併し、鹿児島興業銀行が設立されたのが始まりです。

昭和27年には現在の商号に変更され、現在に至っています。
そんな鹿児島銀行は、店舗数121で地方銀行として営業エリアとなっている地域での貢献に努めています。
自己資本比率は平成26年3月時点で12.89%を誇り、健全な営業を続けています。

鹿児島銀行の個人向け融資の中でもカードローン商品については、2つの商品があります。「かぎんカードローン」、「かぎんカードローンS(エス)」がそれにあたりますが、2つのカードローンの申し込み借入方法には、共通している部分と独自の条件となっている部分とがあります。
かぎんカードローン

最大500万円、「かぎんカードローン」の申し込み借入方法

鹿児島銀行の「かぎんカードローン」は満20歳以上65歳以下の方が対象となっていて、10万円以上500万円以下が利用限度額であり、10万円単位で限度額の設定が可能です、

審査のより利用の限度額が決定され、それにより金利が設定されることになりますが、4.5%、6.5%、8.5%、9.5%、12.5%、14.5%の6段階の中からの選択となります。

ただし金利は変動金利であり、金融情勢により都度見直しがされますが、その場合でも上限金利は14.8%となります。

返済額については10万円が貸越残高である場合は2,000円、10万円を超えて30万円以下の場合は5,000円、30万円を超えて50万円以下の場合は10,000円となります。

またそれ以降も貸越残高が50万円増える度に返済額が10,000円ずつ増加していきます。最終的に400万円を超えて500万円以下が残高となる場合には、返済額は60,000円となります。

返済方法については残高スライド返済方式となり、毎月6日・16日・26日のいずれかの日を返済日とします。

最大1,000万円の大型カードローン「かぎんカードローンS(エス)」

上記のかぎんカードローンよりも更に高額借入れが可能になっているのが、「かぎんカードローンS(エス)」です。

満20歳以上69歳未満の方が対象となっているので、より多くの方が利用の対象となっています。

借入限度額については、最大で1,000万円まで借入可能な大型カードローンではありますが、金利は3.9~14.5%となっているので、かぎんカードローンと同様の水準と言えます。

具体的には、審査により10万円刻みで決定される利用限度額が50万円以下の場合、14.5%の金利が付き、50万円を超えて100万円以下の場合には12.5%と金利は下がっていきます。
最も低い3.9%の金利が付くのは、利用限度額が500万円を超える場合です。

返済については、毎月末の貸越残高に応じた約定日返済であることは、かぎんカードローンと同様ですが、返済日についてはこちらは毎月10日に限定されています。

さらに返済方法については、約定返済日までに約定返済額の全額・あるいは分割の金額をATMから直接返済をする必要があります。

かぎんカードローンのような返済日の選択肢がない上に、自動引落しによる返済でないため、多少の不便を感じる場合もあるでしょう。

返済額については、貸越残高が2千円以下の場合は1,000円の返済額となり、10万円以下の場合は2,000円、10万円を超えて30万円以下の場合は5,000円、30万円を超えて50万円以下の場合1万円の返済額です。
そして最終的には800万円超で毎月10万円の返済額になります。

2つのかぎんカードローンの共通点は多い

上記ではかぎんカードローン、かぎんカードローンS(エス)の独自の特徴をご紹介しましたが、実はそれ以外の部分では殆ど共通となっています。

申し込みにはインターネットを利用できますが、その他にも電話やFAXによる申し込みもありますので、ご自身の都合に合わせることも可能です。

それでもやはりインターネットでの申込みは便利で、その方法には2通りの申し込みが選択できるようになっています。

パソコンでの入力作業に難を感じない方向けに、「通常申込はこちらから」というボタンがあり、そこで開かれる入力フォームには必要となるすべての項目を入力することができます。

また入力が面倒という方には、「カンタン申込はこちら」というボタンを選択すると、6項目の入力だけで済みます。

後日電話にてそれ以外の情報を伝えることになりますが、そのような申込み方法の選択も可能です。

申し込み後に審査となり、応諾となった際に必要となる書類は、本人確認書類、契約極度額が300万円を超える金額である場合は年収証明書類が必要になります。

具体的には給与証明書(会社発行印が押印されていること)、源泉徴収票(コピー可)、年間所得証明書、市町村民税特別徴収通知書(コピー可)となっています。

更に申込みには、自宅や勤務先が鹿児島県内、宮崎県内、熊本市内、福岡市内に属している方です。そして保証会社の保証を得られることも条件となります。

鹿児島銀行でお金借りるまとめ

鹿児島銀行のカードローンは、SMBCコンシューマーファイナンスが保証会社となっています。

利用限度額や内容の異なった2つのカードローンとなっていますが、共通している内容もあります。

他の地方銀行には無いサービスとして、端末入力を苦手としている方のために最小限の情報を入力するだけで完了する申込み方法を用意しています。両方のカードローンに適用されているので、どちらを利用する場合でも心配ありません。

鹿児島銀行の本店は、鹿児島県鹿児島市にあります。
活火山である桜島が有名ですが、その他にもいおワールドかごしま膵臓刊ではジンベエザメが見られます。
さらに平川動物公園では、コアラの家族がみられることでも人気の場所となっています。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ