10万円キャッシングで借りる時のオススメやシュミレーション

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

10万円を借りたい・・・そんな時借りるのはどこがいいのでしょうか?

特に貯金もなく、給料もそれほど多くないため、生活費がいつもギリギリという方も多いと思います。それでも年度の初めや季節の変わり目などに、お子さんの教育費や洋服代など何かと要り用となる時もあると思います。

ボーナスが入れば、しばらくの間は多少の余裕も出ますが、いつしかまた元のギリギリ・キチキチの生活に戻っているという方も多いのではないでしょうか。

子供の教育費ならば、ある程度は事前にどのくらいのお金が必要か知ることができます。そのためにある程度準備をしておくことも可能です。それでも予想外の費用や準備し切れなかった費用は、どうにかして捻出する必要があります。
周囲からの援助も期待できず、もちろん貯金もないという場合、最後に頼れるのは、キャッシングかも知れません。

◎→1万円からOK.最短1時間融資のプロミス

キャッシングでいくら借りる?10万円借りれる?

キャッシングでお金借りる時、借りたい金額によって最少返済額が変わってきます。最少返済額とは、文字通り返済できる最小単位の金額ということです。この金額はお金借りる金融機関により違いがあります。もちろん少しでも返済額が多ければ、それだけ早く返済が終了します。低金利や無利息のサービスを利用すれば、利息の総支払額も少なくできます。

それでも毎月の負担を少なくするために、返済額はなるべく少なくしたいという場合もあるでしょう。返済方法として、毎月の返済額をできるだけ少なくし、ボーナスを貰った時に、残金を一括返済するということもできます。少額の借入れならば、そのような返済方法を選べます。

キャッシングする金額を十万円にする

まとまったお金借りたいという場合、思い付く金額と言えば十万円かも知れません。それでも10万円借りる時、あとから追加して1万円借りると借入残高は11万円になります。返済日時点で借入残高が10万円でなく11万円になっていると、毎月の返済額が2千円アップしてしまうこともあります。

1万円減らしたらどんないいことがあるの?と疑問に思う方もいるでしょう。たとえば三菱東京UFJ銀行のバンクイックでカードローンを利用する時、十万円ごとに最少返済額が2千円アップするようになっています。バンクイックではATM利用で千円単位の借入れができますが、借入残高が10万円を超えている場合には注意が必要です。
バンクイックでの借入について

バンクイックの最少返済額は以下のようになっています。(利用限度額200万円以下)
借入残高10万円以下⇒2千円、10万円超~20万円以下⇒4千円、20万円超~30万円以下⇒6千円・・・

このように返済日時点での借入残高が10万円増えるごとに、最少返済額は2千円ずつ増加していくのです。経済的に余裕のある場合は、それほど気にならない差ではありますが、生活費がギリギリという場合には大きな違いと言えます。
たとえば残高10万円なら2千円の返済額となりますが、10万5千円が残高ならば4千円の返済額となり、わずか5千円の違いで毎月の返済額が2千円多くなります。

10万円借りたい時、利息と返済額は?

バンクイックで10万円借りたい時、初めての返済では100000円×14.6%÷365日×30日=1200円の利息を支払います。そしてあと5千円増やして借入れする場合、利息は1260円となるので、利息の差は殆どありませんが、返済額が増えてしまいます。

最少返済額の幅は利用する金融機関によって違います。たとえば大手消費者金融のプロミスでは、借入残高により返済率が適用され、毎月の返済額が変動していきます。返済率は30万円以下では3.61%となっていて1000円未満切上げとなります。

したがって、プロミスで10万円を借りると最少返済額は4千円ということになります。この場合では10万5千円を借りても返済額は同じく4千円となります。
プロミス お金を借りる

このように10万円借りる時、毎月の返済を考えて利用する金融機関を選ぶのも、1つの選択方法と言えるでしょう。ただし、毎月の返済額が千円違うだけで利息の総支払額が大きく違ってくるので、最少返済額で返済する場合には、繰上返済や一括返済を併用することも視野に入れておきましょう。

◎→1万円からOK.最短1時間融資のプロミス

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ