キャッシングで20万円借りるには?オススメの方法

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

20万円を即日で借りたい!

キャッシングで20万円借りるためには、ある程度の属性が必要になります。もちろん、消費者金融と銀行では、借入限度額についての基準が違います。消費者金融では1万円が最低ラインとなっているのに対して、銀行カードローンでは10万円が下限の限度額として設定されている場合が多いです。

このことから銀行カードローンの方が20万円借りたい時、希望が叶う可能性が高いと言えるでしょう。

それでも、消費者金融で初めて契約をした時に借りられる金額の平均は、10~50万円と言われています。それならば20万円であれば借入れできる可能性は高いと言えるでしょう。

20万円という金額について

一般的な話で言えば、二十万円という金額は大卒の初任給ということにもなります。この金額はあくまでも平均値なので、職種や勤めている企業により、多い少ないはあるはずです。

初任給である20万円という金額は、支給額ということなのでこの中から所得税や社会保険料等が天引きされることになります。したがって手取りの月給は17万円ほどに減ってしまいます。

20万円の価値を考える時、このように大卒の初任給を1つの単位としてみると、分かりやすいです。

200000円という金額は、アルバイトの経験はあっても今まで学生として過ごし、社会人としてはもちろん未熟なところも多いと思いますが、そのような状況を踏まえても支給される金額と言えます。

それでも大卒という学歴に対するプラスアルファとして、一定の知識や能力を持ち併せている人として、将来への期待を含み設定されている金額でもあるのでしょう。言い換えるならば、20万円という初任給は期待値であり、新入社員に対する先行投資と言える金額なのかも知れません。

また注目される大卒の初任給を、物価に対して適正な金額にすることで、社会的信頼を得ようという企業の意図もあるのかも知れません。今から30年ほど前の大卒の初任給は物価の水準を大幅に下回っていました、それがバブル以降は急速に給料水準が伸び、近年では同水準を保っています。

それなら自分でも20万円借りることは可能?

上記では20万円という金額について例を挙げてみましたが、ちょっと抽象的すぎて分かり難かったかも知れません。要するに20万円という金額は、大金とは言えませんが、決して安すぎる金額でもない、物価と同水準であるということです。

「20万円なら自分でも借りることは可能?」と思える金額かも知れません。怪我や病気により1か月仕事ができなかったという時、20万円借りたいと考えるのではないでしょうか。

銀行カードローンならば高額融資を基本とし、初めての借入れでも50~100万円の借入が可能とも言われています。安定した収入があり、1年以上の勤続年数がある、居住年数も長いなどの属性のある方ならば、20万円借りられる可能性はあります。ただし、現在から5~10年の間で債務整理や返済の延滞があった場合、20万円の借入ができないばかりか1万円でさえも借りられない可能性が高くなるので、要注意です。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ