300万円借りることができるローン

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

300万円を借りたいときにはどこに申し込むべきなのか?

銀行の目的ローンでは、300万円借りることも可能になっています。カードローンやフリーローンとは違い、利用の目的がはっきりしていることから、比較的借りやすいローンであると言われています。

その中でも教育ローンについては、奨学金制度による貸付けもありますが、銀行の教育ローンでも同様に低金利で利用できる場合もあります。また、教育資金融資などの公的融資も利用できるようになっています。
公的融資による教育ローンについては以下を参考にしてみてください。

教育ローンによる支援

日本政策金融公庫が行っている国民生活事業の一環として「国の教育ローン」があります。教育費は家計の大きな負担となっていることから、その負担を軽減する為、また家庭の経済状況に係わらず平等に教育を受けることができることを目的とし、教育ローンによる支援が行われています。

融資の上限は350万円までとなっていますが、留学資金として利用する時には450万円まで融資を受けられるようになっています。

「国の教育ローン」の概要

金利は2.25%の固定金利となっていて、返済期間は15年間が最長となっているので、ゆとりのある返済が可能になっています。

国の教育ローンの返済について

返済をシミュレーションすると、3000000円を10年で返済するならば、月28200円を均等で返済します。利息総額は約34万円となります。

また15年で返済する場合は、月19800円の均等となり、利息総額は約52万円です。15年払いの月の返済額をあと8400円増やすことができれば、返済期間を5年短縮し、支払い利息の総額を18万円も圧縮できます。

また母子家庭や父子家庭、交通遺児家庭、所得が200万円以内の家庭の場合、返済期間は18年以内になります。

銀行と国の教育ローンを比較

銀行と国の教育ローンを比較すると3つの大きな違いがあります。

1つ目:金利の違い

国の教育ローンの金利は上記の通り2.25%となっています。対して銀行の教育ローンでは、たとえばメガバンクの三井住友銀行の教育ローン(無担保融資)の場合、金利は3.475%となっています。10年で返済した場合には利息+保証料で総返済額は約55万円となります。

一方、国の教育ローンの利息は10年間で返済すると、上記の通り34万円となります。金利の差により20万円以上も利息を節約できることになります。

2つ目:所得制限
  • 銀行の教育ローン⇒200万円以上の所得が必要
  • 国の教育ローン⇒子供1人の場合:世帯年収が790万円まで利用可

このように銀行の教育ローンでな収入の下限金額による制限がありますが、国の教育ローンでは収入の上限金額で利用を制限しています。このことから300万円借りたい時、銀行の教育ローンを利用することができなくても、国の教育ローンならば借入れが可能になるということが言えます。

3つ目:保証料の支払い方法
  • 銀行の教育ローン⇒金利に含まれている。
  • 国の教育ローン⇒以下を参照。
《国の教育ローン保証料について》

保証料の支払い方法は、借入れのタイミングで一括して差し引かれることになります。保証料総額は、返済期間により異なるので一概には言えませんが、三百万円のお金借りる場合、10年で返済する場合には約15万円、15年の返済では約23万円となっています。もっとも、4親等以内の親族を連帯保証人として立てる場合、保証料は必要ありません。

両者ともに保証人がいない場合には、保証料の支払いをすることになります。ただし上記のように国の教育ローンでは保証人を立てることで保証料が不要となり、上記での金利の差を考えると、銀行の教育ローンよりもおトクなローンと言えます。また、国の教育ローンで保証人を立てない場合には、上記の通り10年間の返済に保証料は約15万円掛かるので、利息+保証料の合計は、約49万円となります。

一方、三井住友銀行の教育ローンの利息+保証料は、上記で算出した通り約55万円となるので、両者を比較するならばトータルで、国の教育ローンの方が6万円おトクということになります。

国の教育ローンは低金利で借りられるので、300万円借りたい場合トータルの金額が違ってきますが、それ以上に所得が少なくても(200万円以下)でも教育ローンでお金借りることができるという大きなメリットがあります。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ