50万円借りるならどこで借りる?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

50万円借りたい時、借入れできる先はある程度決まってくるでしょう。今すぐ借りたい時に便利な消費者金融で初めてお金借りる場合、一般的な平均値としては50万円くらいまでと言われています。もちろん属性の良い方ならば、それ以上の借入れも可能だと思います。

さらに消費者金融でお金借りる場合には「総量規制」について知っておく必要があります。総量規制とは、2010年に貸金業法に新たに追加された法律のことです。

総量規制と50万円借入れできる可能性

貸金業法に追加された総量規制には2つの大きなポイントがあります。

  1. 1.借入総額は年収の1/3まで
  2. 2.50万円を超える借入れ、または他社の借入れとの合算で100万円を超える場合には収入証明書の提出が必要。

150万円借りたい時、借入できる可能性は?

消費者金融でどのくらいの金額が借入可能かについては、1の年収による借入総額の制限が大きく影響をします。

50万円借りたい時、年収は150万円以上ある必要があります。150万円の年収を得るには、ボーナスが無い方では月平均で125000円の月収が必要になります。正社員として働いている方ならば、容易に超えられる金額だと思いますが、パートやアルバイト、派遣社員の方の場合は、殆どフルタイムで働く必要があるでしょう。

その場合の労働時間については、時給制の場合ならば時給の高い安いにより変わってきます。一般的な時給として800円の場合は、月20日働くとして1日に7.8時間となります。

以上から五十万円借りるには、正社員であること、もしくは正社員に近い労働時間が必要ということになります。
もっとも、この例は雇用される側の話なので、自営業者の方についてはその限りではありません。

また上記の収入証明書の提出については、50万円までの借入れならば提出の必要はありません。それでも消費者金融の方で提出を求めた場合には、それに応じる必要があります。

銀行カードローンなら50万円借りられる?

銀行カードローンの利用では、総量規制は対象外となっています。年収が150万円以下であってもお金借りることは可能です。

一部の銀行カードローンでは年収による制限がある場合もありますが、殆どは安定した収入があることのみが条件となっています。

銀行カードローンならば、借入額500000円という金額は平均的な金額と言えるため、初めての借入れでも審査に通る可能性はあります。ただし、18%で融資をする消費者金融に比べて、14%ほどで融資をしている銀行カードローンの審査は厳しいです。低金利ということで、消費者金融よりも貸倒れのリスクを回避する必要があるからです。

それでも50万円借りるならば、金利を考え銀行カードローンを利用したいところですね。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ