70万円借りる方法

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

70万円のお金を借りるには?

お金借りたい時、その目的に応じて借入れの金額を決めます。その時に必要な金額が70万円である時、どんなことに必要になるかと言えば、たとえば新入居の契約費用が挙げられます。結婚や家族が増えるというタイミングで引越しをする方も多く、今の住居では手狭になるという理由で、今よりも広い物件に移転をする場合もあります。

その為には新居の契約費用を支払う必要があります。ある程度の広さの物件ならば、地域によって相場は大きく変動しますが、都心ならば最低でも10万円という家賃が必要になると思います。契約では礼金・敷金として、それぞれ家賃の2か月分、不動産会社への手数料が1か月分、前家賃1か月分、その他管理料や保険料などの諸経費で合計70万円ほど必要となるでしょう。

入居費用の捻出に70万円借りる方法

新居の契約に70万円借りる時、どんな所に申込みをしたら良いでしょうか?まず今すぐに借りたいということならば、消費者金融が便利です。ただし、消費者金融で七十万円借りるには、年収210万円以上が必要です。普通に安定した収入がある方ならば、総量規制に引っ掛かることは無いと思いますが、初めて借りる場合では70万円のキャッシングは難しいと言えます。

以前から利用して来た消費者金融で借入れ枠が70万円までに増額されていて、現在借入残高が無ければ、70万円の借入れは可能です。もっともそのような都合の良い状況となっているケースは少ないと言えるでしょう。

1か所だけでなく複数から借りる

70万円借りたい時、できることならば銀行のローンを借入先とすることがベストでしょう。フリーローンや多目的ローンは利用の使途が限定されず、自由に利用ができます。金利も5%台と低金利の為、返済も楽にできます。ただし、低金利なだけに審査も厳しく残念ながら審査に通らない場合もあります。

その場合には次に低金利で利用できる銀行カードローンがオススメとなります。フリーローンに比べると金利は高くなりますが、700000円の借入れならば12%前後で借入れ可能です。

さらにそれでも審査に落ちてしまう場合には、複数の消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を利用する方法もあります。一度に複数の消費者金融に申込むことは、本来余りオススメとは言えませんが、1か月に2社に同時に申込みをするのならば、申込みブラックとなる心配は要らないようです。
このように複数社からお金借りることで、合計70万円を捻出することが可能になるかも知れません。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ