アコム審査の時間や通る秘訣などを解説!

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

アコムの審査は通りやすい?

どんな金融機関でもお金を借りるには、まず審査に通ることが重要です。たとえばアコムでお金を借りる時、アコムの審査に通る必要があります。
アコムは三菱フィナンシャル・グループに属している銀行系消費者金融です。同系列の三菱東京UFJ銀行の保証会社となっていて審査も行っていますが、その審査基準はそれぞれ異なっています。

会社が変われば、審査基準も違ってきます。その中で消費者金融では、新規で借入れの申し込みをする人に対する審査の通過率を「成約率」という言葉を使い、データとして公表をしています。

各社でこの成約率には開きがありますが、アコムは成約率が47%を超えていて、大手消費者金融5社の中で最も高い成約率を誇っています。ちなみに2番目に高いのはアイフルです。そしてプロミスがその後に続く形になっています。

さて、データ的には大手消費者金融の中で最も審査に通りやすいという結果が出ているアコムですが、実際にはどうなのでしょうか?

アコムの審査に通るために大切なことは?

数字から見えることは、半数近くの人が審査に通り、残りの人が審査に落ちているということだけです。アコムに審査の申込みをした方がどちらの方に入ることができるかは、アコムの審査1つに掛かっていると言えます。

アコムの審査に通るための基準とは?

アコムの貸付条件は、20歳以上で安定した収入があり、当社の基準を満たす方となっています。ここで最も知りたいのは「当社の基準」であると思います。担保や保証人不要のカードローンで初めて申し込みをした人にお金を貸す時、消費者金融では独自の基準により審査を行っています。
カードローンの申込みをした人が本当にきちんと返済をしてくれるのか、独自の基準によりしっかり審査する必要があるからです。

その基本となるのは、その人の返済能力と信用力です。消費者金融では利用する人の信用だけでお金を貸しています。そのために大きなリスクを背負うことになるため、消費者金融の金利は高めの設定となっています。その金利とその人の属性や信用度を天秤にかけて、審査の合否を決定しているのです。

アコムの審査のカギは他社からの借入れ状況

アコムの審査に大きく影響する要素として最も重要となるのは、他社からの借入れ状況であると言われています。アコムの審査は早いという評判を支えているのは、コンピューターによるスコアリングシステムです。そのシステムを支えているのは、個人の「属性」です。

属性とは、その人の年収や勤務先、雇用形態や勤続年数などの職業に関する情報のほか、住居環境や他社での借入れなどの情報のことです。この属性に他社での借入れ状況が含まれているため、このような状況にある場合、スコアリングシステムによってチェックされることになります。

人間が審査をする場合とは違い、コンピューターが点数化された情報を自動的に算定することで、迅速であり客観的な判断がされているのです。審査では合否判定のほかに、借入限度額の金額も決められています。

アコムでは申込み後に自動審査(簡易審査)にて審査結果を知ることができます。その際にはコンピューターシステムにより素早い判断をすることが可能になっていますが、具体的な借入限度額の決定には、もう少し時間が掛かります。借入限度額の通知は本審査完了後の連絡で行われています。

他社からの借入れ金額が多ければ、アコムでお金を貸した時にきちんと返済できるのか疑問となります。また他社での借入れ情報で必要となるのは、借入れの件数や総借入額だけではありません。その人が遅延なく返済を行っているかという情報も必要になります。

そのためにアコムでは信用情報機関で申し込み者の借入状況を照会しています。照会にはコストも掛かりますので、件数が嵩めばアコムにとっても大きな金額となります。それでもその人の信用情報を知るためには、必要な手続きとなるため省略することはできません。

アコムの審査に通りにくい人とは?

アコムの審査に通り難くなる条件とは、まず過去にアコムを利用している時、返済の延滞や債務整理などがあった場合です。返済の延滞ならば通常5年、債務整理などは7年ほどで信用情報機関での登録は消去されていきます。それでも実際に利用していた消費者金融での事故情報は、消えずにずっと残ることになります。
そのためこのような事故があった場合、アコムで申込みをしても審査に通り難いということになります。

また上記でも触れましたが、借入れ件数やその総額が多いと返済が困難となるために、アコムに敬遠される可能性があります。過去の利用履歴については、自分ではどうしようもありませんが、他社の借入れ件数が多い場合は借金を一本化したり、借金の件数を減らすことが大切となります。

アコムの審査を受ける前に「3秒診断」でおためし

消費者金融の申し込みをすると、その時点で信用情報機関にも申し込みの履歴として登録されます。審査に通っても通らなくても申し込み件数としたカウントされることになります。

アコムで申込みをする前に、HPにある「3秒診断」を受けてみることをオススメします。入力項目は年齢、性別・独身既婚、他社のお借入状況についての情報だけです。これだけの項目なので、参考としておためしをしてみましょう。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ