イオン銀行の金利はどのくらい?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

イオン銀行 カードローンBIGでお金を借りる場合、どのくらいの金利となっていて、他の金融機関と比較してどのような水準となっているのか、気になることと思います。
金利に影響するのは、借入れ利率と借入残高です。実質金利と言われる年利は、1年間借り続けた場合どのくらいの利息が付くのかを知る為の目安となります。

また利息は、借入残高によって変わります。金利の計算は借入残高×金利÷365日×借入日数となっています。そのため借入れ当初は残高が多いために利息も多く付きますが、返済により残高が減ってくれば利息は少なくなってきます。

それでは、その利息計算の基礎となる金利はどのようにして決まっているのでしょうか?

イオン銀行カードローンBIGの金利とは?

イオン銀行カードローンBIGの金利は、貸越極度額(利用可能額)により変わります。2015年5月現在では以下のような金利となっています。金利は変動金利となっているため、金融情勢により都度変更されます。

  • 30~90万円(10万円単位):13.80%
  • 100万円・200万円:8.80%
  • 300万円:7.80%
  • 400万円・500万円・600万円:4.80%
  • 700万円・800万円:3.80%

このように金利は利用可能額が多くなれば下がり、少なくなればより高い金利となって
いきます。高額の借入れでも少額の利用時と同じ金利となれば、元金を大きく上回る利
息となってしまいます。利息制限法によって金利は借入れの金額に対応するようになっ
ていますが、それには上限が決められています。

金利は金融機関によって借入残高に対してつく場合と、貸越極度額(借入限度
額)に対してつく場合とがあります。多くの金融機関では後者が採用されていて、イオン銀行カードローンBIGでも同様となっています。

金融機関でお金を借りる場合、金利の上限は以下のようになっています。

  • 10万円未満の借入れ:20%
  • 10万円以上~100万円未満:18.0%
  • 100万円以上の借入れ:15.0%

どこの金融機関(ヤミ金以外)でお金を借りても、このような金利となっているので、この金利よりも高い金利がつくことはありません。
もっとも、この金利の上限をフルに活用しているのは消費者金融やクレジットカードのキャッシングであり、銀行カードローンでは最高でも15.0%よりも低い金利を採用しているケースが殆どとなっています。

金利は借入額によって変わりますが、支払う利息を減らす方法はあるのでしょうか?
利息の総額を減らす方法は、大きく分けて2つあります。ここからは少しでも利息を節約する方法についてお話しして行きます。

借入れの利率を下げてもらう

イオン銀行カードローンBIGの借入れ利率を下げてもらうには、貸越極度額を上げてもらう方法があります。金利を下げる為の最短距離とは、利用可能額の増額申請をすることです。

イオン銀行カードローンBIGで増額申請をする方法は、イオン銀行店舗に郵送、インターネットバンキング、WEBなどからできます。申請後イオン銀行で審査が行われます。審査の結果、希望額の借入れが認められない場合もあります。

借入残高を早く減らす

利息の計算方法は前述の通りですが、借入残高に対して利息がつくことになる為、この金額を早めに減らすことでも利息の支払い総額を減らすことができます。イオン銀行カードローンBIGで返済をする時、最少返済額となる金額以上の支払いをする必要があります。その金額は以下の通りとなっています。

  • 3千円以下:毎月の返済日前の利用残高と利息(最大3千円)
  • 3千円超10万円以下:3千円
  • 10万円超40万円以下:5千円
  • 40万円超50万円以下:1万円
  • 50万円超100万円以下:1万5千円
  • 100万円超150万円以下:2万円
  • 150万円超200万円以下:2万5千円
  • 200万円超250万円以下:3万円
  • 250万円超350万円以下:3万5千円
  • 350万円超450万円以下:4万円
  • 450万円超600万円以下:5万円
  • 600万円超:6万円

初めてイオン銀行カードローンBIGで50万円の借入れをした場合、最低1万円の返済で良いことになります。実際にこのような返済をした場合、金利は13.8%となり、利息の総額は約24万円となります。

一方、毎月1万5千円を返済した場合、利息の総額は約13万円となり、上記の場合と比較すると毎月の返済額の差は5千円ですが、総額にすると約11万円も違ってきます。
金利は同じですが、返済額を増やすことで借入残高を早く減らすことができるため、利息の総額を大幅に減らすことが可能になるのです。

イオン銀行カードローンBIGの金利を比較

イオン銀行カードローンBIGの金利は、上記のように3.8~13.8%となっています。例えば大手銀行カードローンと比較をすると、三菱東京UFJ銀行のバンクイックでは4.6~14.6%となっています。また大手消費者金融の平均的な金利は4.5~18%ほどです。この数値から比較するだけでも、イオン銀行カードローンBIGは低金利であることが分かります。

イオン銀行に普通預金口座を持っていない場合、即日融資は実質的にムリと言えますが、それでも低金利でお金を借りられる点では利用のメリットは大きいと言えるでしょう。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ