アイフルの金利は高い?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

アイフルの金利は、キャッシングローンの利用では4.5~18.0%に金利となっています。申込み時には当日融資希望の有無を指定することもできるので、希望すれば申し込みした日にお金を借りることも可能になります。(当日融資が間に合わない場合があります)

アイフルと銀行カードローンの金利について

アイフルへの申し込みで記入する項目は多く、およそ30項目となっています。これだけの個人情報を記入することに抵抗を感じる場合もあると思います。それでも、お金を借りるためには必要な申し込みの手続きであり、必須となっている項目すべてに入力しないと申込みは完了しません。

これだけ多くの項目の入力が必要になるのは、その人の情報をできるだけ多く知り、色々な側面から融資の可能性を探っているからと言えるでしょう。個人向けの融資をメインとしている消費者金融では、企業への融資をメインとしている銀行よりも少額の融資が多いことが特徴となっています。

借入額と金利の関係とは?

アイフルの金利は大手消費者金融の金利と同水準となっていて、金利だけに着目した場合にはどこで借りても余り変わりはありません。一方銀行カードローンの方は、4.0~14.0%が平均的な金利となっているので、銀行で借りた方がオトクと言えます。

金利を見る場合には、最高金利を参考にするのが普通です。その理由は、少額を借りる場合ならばどこで借りても最高金利が適用されるからです。特に100万円に満たない借入れではアイフルでは18.0%、銀行カードローンでは14.0%ということになります。

それではアイフルの金利が銀行カードローンに追いつく時は来るのでしょうか?

アイフルと三菱東京UFJ銀行(バンクイック)の金利を比較

たとえばアイフルと、銀行カードローンでありながら即日融資が可能となっている三菱東京UFJ銀行(バンクイック)の金利を比較した場合、それぞれどのように金利が推移して行くのでしょうか?

《バンクイックの金利》

「平成23年10月1日以降に初めて借入れした場合」

  • 10万円以上50万円以下:14.6%
  • 50万円超100万円以下:12.6%
  • 100万円超150万円以下:11.6%
  • 150万円超200万円以下:9.6%
  • 200万円超250万円以下:8.1%
  • 250万円超300万円以下:7.1%
  • 300万円超400万円以下:6.1%
  • 400万円超500万円未満:5.6%
  • 500万円:4.6%

《アイフル(キャッシングローン)の金利》

  • 1~99万円:18.0%
  • 100~300万円:15.0%
  • 300万円超~500万円未満:12.0%
  • 500万円:4.5%

以上のようにバンクイックでは、細かく段階分けした金利を設定しています。それに対してアイフルでは利息制限法に照らし合わせた金利設定をしていますので、このように大まかな設定となっています。どちらも利用可能額の上限は500万円ですので、上限額まで借りられるならば、最終的に0.1%だけアイフルの方がバンクイックの金利よりも下回ります。

アイフルで500万円借りられる?

アイフルで500万円借りる時、銀行並みの低金利で借りられることになります。それでも銀行で融資を受ける時と同じ感覚で、消費者金融からお金を借りることはできません。なぜならば貸金業法で融資をしているアイフルでお金を借りる時、総量規制が大きな壁となるからです。

総量規制って何?

総量規制とは返済能力を超えた多重債務を防止するため、2010年に改正貸金業法で新たに設けられた法律です。その内容は、年収の3分の1以内を借入総額の範囲とするということです。

年収が300万円の方ならば、100万円が借入総額の上限となります。ということは、500万円をアイフルから借りるためには、1,500万円の年収が必要ということになります。

そして総量規制のほかにも問題はもう1つあります。
消費者金融からお金を借りる場合、初めての利用の方が借りられる金額は多くても50万円ほどになっています。

いくら審査や信用調査によってその人の返済能力を確認できたとしても、本当に信頼できる顧客として判断されるまでには、最低6か月以上の継続的な利用が必要であり、その間に返済の遅延があれば、信用を失うことになります。

このような状況で、借入限度額を500万円までにアップするには、それ相当の時間が必要と言えるでしょう。初めての借入れで500万円借りたい時には、アイフルではなく銀行のローンを利用することが一般的となります。

銀行のローンならば、たとえば前出の三菱東京UFJ銀行の「ネットDE教育ローン」という商品では変動金利で3.975%という低金利です。
また「ネットDEマイカーローン」ならば変動金利で2.975%となっています。このような利用使途がハッキリしているローンならばさらに低金利でお金を借りることができます。

使い道に合わせてアイフルを上手に利用しましょう

以上のように消費者金融であるアイフルでお金を借りる場合、銀行の金利と比較するだけでなく、使い道に合わせて上手に利用したいものです。
アイフルは、申し込み時間によってネット振込みや無人契約でんわBOXの「てまいらず」で簡単にカードを発行することで、即日融資も可能になっています。

このフットワークの良さは、やはり銀行のローンよりも優れている点と言えるでしょう。気になる金利ですが、少額を短期間で借りるのであれば、金利の差もそれ程気になるほどではありません。このような利用をする場合ならば、むしろ銀行カードローンよりもアイフルなどの消費者金融の利用の方がオススメと言えるでしょう。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ