バンクイックの金利はどのくらい?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

バンクイックの金利は、2015年5月現在では以下のようになっています。

  • 500万円:4.6%
  • 400万円超500万円未満:5.6%
  • 300万円超400万円以下:6.1%
  • 250万円超300万円以下:7.1%
  • 200万円超250万円以下:8.1%
  • 150万円超200万円以下:9.6%
  • 100万円超150万円以下:11.6%
  • 50万円超100万円以下:12.6%
  • 10万円以上50万円以下:14.6%

(以上は平成23年10月1日以降の新規契約の場合の年率・変動金利)

この内どの金利が適用されるかと言えば、利用限度額に応じた金利となります。

バンクイックの金利、どのくらいの利息になるの?

バンクイックで利用限度額を50万円以下に設定された場合、金利は年14.6%となります。消費者金融の金利ならば18.0%となるため、銀行カードローンはやはり低金利と言えますね。バンクイックの金利は、銀行カードローンの中では一般的な金利と言えますので、安心して利用できると思います。

さて、この14.6%の金利で例えば10万円を借入れた場合、利息はどのくらいになるでしょうか?

10万円を返済する時の利息は?

バンクイックで返済をする場合、まず初めに関係してくることは「最少返済額」です。最少返済額とは、毎回返済する最小限度の返済額のことで、返済にはこの金額以上の金額を支払う必要があります。バンクイックの最少返済額については利用限度額が200万円以下、200万円超の場合によってそれぞれ違いがあります。

上記の例では利用限度額が50万円の方が10万円を借入れる場合なので、利用限度額が200万円以下の場合の最少返済額が適用されます。この場合、借入残高により最少返済額が決まりますが、具体的な金額は以下の通りとなります。

  • 10万円以下: 2,000円
  • 10万円超~20万円以下: 4,000円
  • 20万円超~30万円以下: 6,000円
  • 30万円超~40万円以下 :8,000円
  • 40万円超~50万円以下 :10,000円
  • 50万円超: 借入残高が10万円増すごとに2,000円を追加

この表から、借入残高が10万円増えるごとに2,000円ずつ返済額が増加していることをお分かりいただけると思います。バンクイックではこのような最少返済額の設定がされているため、10万円を借入れた場合の返済額は2,000円ということになります。

バンクイックの10万円返済をシミュレーションしてみる

バンクイックのHPでも返済シミュレーションができます。10万円を最少返済額2,000円で返済する時、金利14.6%の場合でシミュレーションしてみると、利息は以下の通りになります。

  • 返済回数:77回
  • 利息総額:54,952円
  • 支払総額:154,952円

金利14.6%の場合、最少返済額で返済をすることで毎月の返済に余裕を持つことができますが、その代わりに元金の半分以上に相当する利息が付くことになります。

それでは毎月の返済額を2倍の4,000円に設定した場合はどうなるでしょうか?

  • 返済回数:30回
  • 利息総額:19,929円
  • 支払総額:119,929円

返済額を2,000円から4,000円に増やすことで、利息の総額を約35,000円も減らすことができます。このことから、返済にはムリのない範囲でできるだけ多くの金額を支払う方がオトクであるということが分かります。

また利用限度額が120万円である方が10万円借りた場合の金利は、上記より11.6%ということになります。この場合で同じ条件でシミュレーションしてみます。

  • 返済回数:69回
  • 利息総額:37,235円
  • 支払総額:137,235円

金利は3%も下がりましたが、同じく2,000円の返済をしていくために約18,000円ほどの違いしかありません。金利の違いは確かに大きいですが、それ以上に毎月の返済額により支払う利息の総額が影響することが分かります。

さらに、利用限度額が200万円となっている方が10万円を借りた場合でもシミュレーションしてみます。(毎回2,000円支払い、金利は9.6%)

  • 返済回数:64回
  • 利息総額:28,170円
  • 支払総額:128,170円

金利は14.6%から5%も下がりました。利息の総額は約27,000円ほど減少しましたが、それでも14.6%で毎回4,000円返済する場合に比べると、まだ約8,000円多い利息が付くことになります。

バンクイックの金利と借入額との関係

上記では、金利と返済額との関係をシミュレーションしました。200万円以下が利用限度額となっている方については、10万円の残高に対して2,000円が最少返済額であり、14.6%で返済をする場合、完済までに支払う利息の総額は約55,000円にもなることが分かりました。

バンクイックではATMを利用することで1,000円から借入れが可能になります。たとえば1万円借りた場合、最少返済額で返済するならば2,000円を5回で完済することになります。その場合の利息はわずか374円です。

また50万円借りた場合、同じ金利で返済する時、最少返済額は10,000円となりますので、利息の総額は275,050円になります。

当たり前のことですが、借入れの金額が増えると利息も当然それなりに大きくなります。ここで言いたいことは何かといえば、借入れの金額はできるだけ少なくした方が返済が楽になるということです。バンクイックはコンビニのATMを何度利用しても手数料が掛かりません。利用可能額の範囲内ならば、必要な時に必要な金額を借りることも可能になります。

バンクイックの金利を下げる方法とは?

利息を少しでも節約する為には、金利と毎回の返済額が重要ということが分かりました。金利を下げることで支払う利息の総額を確実に減らすことができるため、利用限度額を増やして行く必要があります。そのためには、増額申請をしてみると良いでしょう。

もちろん申請をしたからと言って、必ずしも認められるとは限りません。それでも三菱東京UFJ銀行第二リテールアカウント支店のフリーダイヤルに電話をしてみると良いです。
平日9~21時、土日・祝日9~17時(12/31~1/3除く)が受付時間となっています。返済を延滞中の方は難しいですが、それ以外の方は電話で相談をしてみると良いです。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ