三井住友銀行カードローンでお金を借りる方法

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

三井住友銀行でお金を借りたいあなたへ!


銀行カードローンでお金を借りる時、どこの銀行で借りようかと思案されることでしょう。カードローン商品は基本的にどこの銀行にもあるため、その選択には最も希望されることに重点を置かれると良いかも知れません。

銀行カードローンと言えば、低金利なので安心ということになりますが、利用にはその銀行の普通預金口座が必要であったり、審査に時間が掛かる、即日融資は実質的にムリという場合もあります。

このように銀行カードローンにもメリット・デメリットがあるようですが、中にはデメリットを最小限に抑えたカードローンもあり、その内の1つが三井住友銀行カードローンです。預金口座がなくても申し込みできるほか、条件が合えば最短30分審査・即日融資も可能になります。その詳細は以下を参考になさってみてください。

三井住友銀行カードローンでお金を借りる流れとは?


三井住友銀行カードローンでお金を借りるには、まずインターネットやモバイル、ローン契約機、郵送、電話、店舗窓口、SMBCダイレクトからいずれの方法により申し込みをする必要があります。

本人確認書類を添えて申し込みをしますが、借入希望額が300万円を超えない場合には収入証明書の提出は不要となります。

審査結果の確認が済むと、郵送かローン契約機で契約やカードの発行という流れになります。

またSMBCダイレクトからの申し込みの場合、ログイン後「振込・振替」サービスの出金口座に「カードローン(CL)」と表示されるようになり、利用開始となります。

このような方法で申し込みが完了すると借入れが可能になりますが、その方法は4つあります。

  1. ローンカードでATMを利用して借入れ

  2. キャッシュカードでATMを利用して借入れ

  3. SMBCダイレクト(インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレフォンバンキング)を利用して借入れ

  4. 自動融資(バックアップ)で借入れ


これら4つの借入れの方法を以下で説明していきます。

1.ローンカードでATMを利用して借入れ


ローンカードを利用してATMでお金を借りるには、三井住友銀行、ローソンやセブン銀行、ファミリーマートなどのコンビニ(イーネットATM)、ゆうちょ、提携金融機関のATMを利用します。

その際に提携金融機関のATMを利用する場合、それぞれ所定の利用手数料や時間外手数料が掛かります。また一部の取引での利用ができない場合もあるので、要注意となります。

2.キャッシュカードでATMを利用して借入れ


三井住友銀行のキャッシュカードを利用してお金を借りるには、上記の申し込み方法のうちSMBCダイレクトを選択する必要があります。その場合には利用中の普通預金口座が自動的にカードローン口座に設定されることになります。

上記の通りSMBCダイレクトにログイン後、「振込・振替」サービスの出金口座に「カードローン(CL)」と表示されていれば、キャッシュカードでのカードローン利用が可能になります。

利用できるATMは、三井住友銀行、イーネット、ローソンやセブン銀行のATMとなっています。(一部利用できないSD機があります)

3.SMBCダイレクトを利用して借入れ


SMBCダイレクトでは、インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレフォンバンキングが利用できます。この場合には、もちろん三井住友銀行に普通預金口座を持っていて、なおかつSMBCダイレクトに契約をしていることが必須となります。

この方法でお金を借りるには、キャッシュカードで借りる場合と同様にSMBCダイレクトにログイン後に「振込・振替」サービスの出金口座で、「カードローン(CL)」と表示されていれば利用可能となります。

SMBCダイレクトを利用するメリットは、現金を手元に引き出すのではなく、公共料金やクレジットの返済資金として口座の引落しの費用に充てることができることです。この場合は家から1歩も出なくても借入れができます。

4.自動融資(バックアップ)で借入れ


三井住友銀行カードローンの借入れには以上のような方法がありますが、その他に預金口座の残高不足の際に自動融資が受けられるという借入れ方法もあります。

公共料金やクレジット代金の支払いは、SMBCダイレクトから手続きをすることで口座の残高を補充することができますが、残高の不足に気付かない場合には自動融資を受けることで口座振替が不能になることを回避できます。

ただし、この方法でお金を借りるにはカードローンの契約だけでは不可となります。自動融資(バックアップ)の利用には申込みが必要になります。それには三井住友銀行の窓口やローン契約機で申込み手続きをする必要があります。

口座の残高不足に対応する自動融資(バックアップ)ですが、以下の場合には利用の対象外となるので、注意が必要となります。

  • カードローンの返済

  • 口座振替が約定返済日の日中となる時

  • 返済用預金口座の支払い可能残高を超えて預金を引き出す場合

  • 返済用預金口座から定期預金などへ自動振替をする場合

  • 投資用の積立ての為の自動引落し


三井住友銀行でお金の借入時の審査について知るべし!

三井住友銀行カードローンの審査は最短30分で完了します。そしてお金がすぐに必要で借りたいときに即日融資も可能になっています。もちろん状況によっては翌日に審査結果の連絡がくる場合もあります。審査に通るには、まず申込みの条件を満たすことが必要になります。またその他に申し込みの段階でも注意したいこともあります。

三井住友銀行カードローンの金利、他と比較して高いのか低いのか

三井住友銀行カードローンの金利は、一般的な金利であると言えます。金利は契約極度額により決まりますが、利用状況によって増額申請により増やすこともできますが、反対に予告なく減額される場合もあります。約定日払いの返済に加えて臨時返済をすることで早期に元金を減らすことができるので、結果的に借りたお金の返済時の金利を節約できます。

三井住友銀行カードローンで申し込みをする方法

三井住友銀行カードローンの申し込みをされる場合、その方法が多いことでご都合に合わせた借入申し込みが可能になります。申し込み後にローン契約機でカードを発行する、SMBCダイレクトで申し込みする場合には、最短即日融資でお金を借りることが可能になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ