みずほ銀行でお金を借りる方法 申し込み~借入れ、返済まとめ

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

みずほ銀行でお金を借りたい方はチェック!


みずほ銀行カードローンでお金を借りるためには、現在みずほ銀行の普通預金口座を持っていることが前提となります。大手の銀行でもこの辺の条件についてはマチマチとなっていて、預金口座がなくても利用できる場合もあります。

みずほ銀行でカードローンを利用するには、申込みと同時に普通預金の口座開設にも申込む必要があります。特に今すぐお金を借りたいという場合、みずほ銀行カードローンで最速でお金を借りる、最短即日融資を受けるには、やはり既にみずほ銀行で普通預金口座を持っていて、なおかつキャッシュカードが手元にあることが必要です。

したがって、最短で即日融資をしてくれる金融機関を探す場合、みずほ銀行に普通預金口座がないならば、他の金融機関のカードローンがオススメということになります。

最短即日融資はムリ?みずほ銀行カードローンでお金を借りるメリット


みずほ銀行カードローンは、1,000万円が最大利用可能額となっていて、4~14.0%という低金利でお金を借りられること、借入方法が多いためローンカードや兼用型のキャッシュカード、インターネットバンキングなどでも借入れできることでも、とても利便性の高いカードローンと言えます。

専業主婦の方の借入れも最大で30万円まで認めているので、配偶者の安定かつ継続収入が必要とは言え、嬉しいサービスと言えるでしょう。
利用の条件には20歳以上66歳未満の方とありますので、比較的上限年齢が高めとなっているので、幅広い年齢層の方が利用可能になっています。

とは言え、前述のように申込みの時点でみずほ銀行に口座を持っていることが、最短即日でお金を借りる方法となっているため、口座を持っていない方の当日中の借入れは実質ムリとなります。

預金口座はないけれどみずほ銀行カードローンで借入れを希望される方、また預金口座を持っている方が申込みをする場合、どのような流れで申し込み手続きが進んで行くのか、また借入れ方法は具体的にどのような方法があるのかまとめてみます。

みずほ銀行カードローンでお金を借りる方法


カードローンの申し込みができるのは、安定かつ継続した収入が見込める、保証会社である株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられることが条件となります。更に上記のようにみずほ銀行の預金口座が必要になるため、口座を持っていない方は申し込みと同時に口座開設をする必要があります。

みずほ銀行カードローン申し込みの流れ


これらの条件をクリアして申し込みをする場合、その方法はみずほ銀行で口座を持っている方と持っていない方とで申し込み方法の選択が分れます。それぞれの申し込み方法で手続きが完了すると、審査になります。

審査結果は、口座を持っている方の場合は「審査結果の回答」が、口座を持っていない方の場合は「仮審査結果の回答」がメールで届きます。口座を持っている方はその後本人確認書類や収入を証明する書類の提出をします。ただし、200万円以下の利用限度額ならばこれらの書類の提出は不要になります。この場合審査結果の回答を受けた後に利用開始となる可能性もあるので、最短で即日利用が可能になります。

ただし、申し込みの時間帯により仮審査結果の連絡が翌営業日以降となる場合もあります。

一方、口座を持っていない方の場合は、仮審査結果のメールを受信した後、書類の送付や返送を経て口座開設、カードの送付となります。この場合、最短で即日審査可能となりますが、申し込みの時間帯により仮審査結果の連絡が翌営業日以降となる場合もあります。

みずほ銀行カードローンでお金を借りる方法とは?


みずほ銀行カードローンでお金を借りる方法はいろいろとなっています。

  1. 全国のみずほ銀行、提携金融機関、ゆうちょ銀行、コンビニなどでのATM利用

  2. みずほダイレクトで借入れ(パソコン・スマホ・携帯電話や固定電話)

  3. 自動貸越機能

  4. スイングサービス


ATMでお金を借りる

キャッシングのATM利用時間は、利用するATMにより曜日ごとに利用可能時間が異なります。

  • みずほ銀行ATMコーナー

  • 月曜日:7~24時、火曜日~金曜日:終日、土曜日:0~22時、日曜日8~21時

  • コンビニATM

  • 月曜日:終日、火曜日~金曜日:終日、土曜日:0~22時、日曜日8~24時


ただし、祝日の利用については曜日に応じた時間帯となっていますが、一部で利用できない店舗もあります。
第1・4土曜日の3~5時までは利用できません。
利用の時間帯によって手数料が掛かる場合もあります。
みずほダイレクトでお金を借りる

みずほダイレクトでお金を借りるには、みずほダイレクトの申し込みが必要になります。
インターネットバンキング、モバイルバンキング、テレホンバンキングが利用可能になります。みずほダイレクとでの借入れについては、月曜日~金曜日の0時00分~15時00分となり、祝日などの利用はできません。
自動貸越機能でお金を借りる

キャッシュカード兼用型(キャッシュカード+カードローン)のみ利用可能です。普通預金の引き出し時に、残高不足となっている場合自動的に借入れができるようになります。利用限度額の範囲で自動的に借入れできるため、必要最低限の金額を借りることができます。
スイングサービスでお金を借りる

スイングサービスには、「自動融資サービス」と「自動振替サービス」があります。お持ちのカードにより初めからサービスとして付加されている場合もありますが、それ以外では申し込みが必要になります。
自動融資サービス

公共料金の自動支払い、クレジット決済などで口座の残高が不足する時、利用限度額の範囲内でその不足分を自動的に借入れできるサービスです。利用により残高不足で口座振替不能ということを避けることができます。
自動振替サービス

カードローン口座へカード入金し残高がプラスになった時、自動的に返済用の普通預金口座に振替えてくれるサービスです。ただし、セブン銀行ATMからの入金ではこのサービスの利用はできません。

みずほ銀行カードローンの返済方法


カードローンの返済には主に3つの方法があります。
自動引落し

毎月10日(銀行が休みの場合翌営業日)に前月10日の時点での残高を元に返済額が決定し、返済用普通預金口座から引落しされます。入金は引落しの前日までにしておきます。
自動引落し以外の臨時返済

ATMを利用することで、毎月の返済以外に臨時で返済をすることができます。ただし任意で臨時返済を行っても、毎月10日の自動引落しによる返済は行われますので、口座への入金が必要です。また利用するATMにより取扱い時間が異なるので要注意となります。
みずほダイレクトで返済する

みずほダイレクトは事前に申し込みが必要になります。利用時間は月曜日~金曜日の15時00分となっていますが、それ以降の時間帯、土日・祝日などの受付では、翌営業日扱いとなります

みずほ銀行への申し込み方法は2つ、状況によりお金を借りる方法も変わる

みずほ銀行カードローンに申し込みするには、みずほ銀行の普通預金口座が必要になります。そのために2つのカードの選択が必要になります。それぞれに機能が異なる場合もあり、選択にはその機能を把握する必要があります。正しい申し込み方法を実践してスムーズにお金を借りましょう。

みずほ銀行の金利は低い方?それともフツウ?

みずほ銀行カードローンの金利は、大手銀行の中で最も低金利となっています。また消費者金融の金利と比較すると、さらに大きな違いになることが分かります。最少返済額もムリなく支払える金額になっていることでも、安心してお金を借りることができます。

みずほ銀行で借入をする際の審査についてまとめ

みずほ銀行カードローンでお金を借りる審査の申し込みをする時、属性と信用情報が重要になります。属性とは申し込みの際に申告をする情報のことを言いますが、その内容によって審査で有利になる場合もあります。みずほ銀行カードローンの審査の厳しさについては、一般的と言えるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ