りそな銀行カードローンでお金を借りるメリットは?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

りそな銀行でお金を借りる方法まとめ


りそな銀行のカードローンの大きな特徴と言えば、2種類のカードローンがあることです。りそな銀行カードローンを利用してお金を借りる時、「りそなプレミアムカードローン」と「りそなクイックカードローン」のうち、どちらを利用しようかと悩まれる方も多いのではないでしょうか。

両者の内容は大きく異なっているので、そのメリットを重視して申し込みの選択をされることになると思います。
それぞれのカードローンの詳細を知ることで、そのメリットが見えて来ることでしょう。

りそな銀行「りそなプレミアムカードローン」でお金を借りる


りそな銀行「りそなプレミアムカードローン」には、10種類の限度額コースが用意されています。りそなプレミアムカードローンでお金を借りるメリットの1つに、幅広い限度額コースの中から選択できるということが挙げられます。
10万円型~800万円型までの間に設けられた10種類のコースの中から、必要としている金額に応じて希望することができるのです。

たとえば、手軽に少しだけお金を借りたいという時、50万円型を希望することで収入証明書の提出が不要となります。(本人確認書類の提出は必要となります。)提出する書類が減ることで申し込みを楽にすることができます。

また、まとまったお金を借りたいという場合には、50万円型以外の100~800万円型を選択されると良いでしょう。申し込みには本人確認書類のほかに収入証明書の提出も必要となりますが、低金利でお金を借りることができます。

このように幅広い限度額コースがあることは、りそなプレミアムカードローンの大きなメリットと言えますが、その他にもお金を借りるメリットはいくつもあります。

  • 年利3.5~12.475%の低金利(りそな住宅ローンの利用でさらに金利引下げアリ)

  • 審査結果を最短で即日回答

  • オンラインで申し込み完了

  • ATM利用で24時間365日借入れ可能

  • カードローンカード不要、キャッシュカードのみでATM借入れ可能

  • オートチャージ利用で口座の残高不足に対応


上記の点でも、りそなプレミアムカードローンでお金を借りるメリットと言えますが、その詳細は次に記してあります。

年利3.5~12.475%の低金利


りそな住宅ローン(りそな住宅ローン│住宅ローン│りそな銀行)を利用中の方は、表記の金利から0.5%の引下げを受けることができます。最低金利である3.5%は、一般的な銀行カードローンに比べると、かなり低い金利と言えます。それでも金利引下げの適用により3.0%になるので、さらに低金利でお金を借りることが可能となるのです。

審査結果を最短で即日回答


りそなプレミアムカードローンは、最短即日審査が可能となっているため、審査結果の回答も最短で当日中の連絡が可能です。
その方法は電話かメールとなりますが、申込み時間や審査の状況によって、当日中の審査や審査結果の連絡ができない場合もあります。その場合には翌営業日以降の扱いとなります。
また、連絡が付かない場合には郵送で審査結果を通知することもあります。

オンラインで申し込み完了


りそなプレミアムカードローンに申し込みをする場合、りそな銀行口座がなくても問題はありませんが、審査後のカードローン契約までの間に口座を開設する必要があります。口座を持っている場合には、直ぐにオンライン申し込みできます。

ATM利用で24時間365日借入れ可能


キャッシュカードを利用することで、りそなのATMやコンビニATM、その他の提携ATMからいつでもお金を借りることができます。24時間365日利用可能なので、お急ぎの場合も慌てる心配はありません。

ただし、利用限度額の範囲内での利用となること、利用時間やATMによって利用時に手数料が掛かる場合もあるので、利用前に確認をしておくと良いです。また約定返済が遅延の状況にある場合、返済をするまでは新たにお金を借りることができないので、返済の延滞には要注意です。

カードローンカード不要、キャッシュカードのみでATM借入れ可能


りそなプレミアムカードローンは、カードローン専用カードは不要です。キャッシュカードがあれば、預金を引き出すような感覚でお金を借りることができます。家族にカードを見られてもキャッシュカードであるため、問題ありません。またATMでも人目を気にせずお金を借りることができます。普通預金口座に当座貸越契約を付け足すため、今お持ちのキャッシュカードがそのまま兼用型のローンカードとして利用できることも大きなメリットと言えます。

オートチャージ利用で口座の残高不足に対応


ウッカリしていて、口座の残高不足で引落しができなかったというミスもありますよね。そんなことを未然に防ぐため、りそなプレミアムカードローンではオートチャージ機能の利用ができるのです。口座の残高が足りない時にも自動融資を受けることにより、口座引き落としが不能となる心配を回避できるのです。

りそな銀行「りそなクイックカードローン」でお金を借りる


りそな銀行「りそなクイックカードローン」でお金を借りるメリットは、上記のりそなプレミアムカードローンとほぼ同様となっています。それでも、りそなクイックカードローン独自のメリットもあります。

  • 最短2時間の審査時間

  • 年収・勤続年数を問われない申し込み


以上の2点はりそなプレミアムカードローンにはないメリットとなっています。その詳細は以下の通りです。

最短2時間の審査時間


特にお急ぎという場合、最短で2時間の審査時間となっているりそなクイックカードローンの利用がオススメとなります。審査結果は電話かメールにより最短で2時間で連絡を受けることが可能となります。もちろん、この時間よりも長い時間が掛かることもあり、審査結果連絡についても翌営業日以降となることもあります。

年収・勤続年数を問われない申し込み


継続した安定収入があることを条件に、パートやアルバイトの方でもお金を借りることが可能になっています。プレミアムカードローンとは違い、年収や勤続年数による利用の制限がありません。ただし、学生の方は利用不可となっています。

30~70万円型まで(20万円刻み)、100万円型と4コースあるりそなクイックカードローンは、手軽にお金を借りたい時ご利用がオススメとなるカードローンです。金利は12.475%となっているので、りそなプレミアムカードローンほどの低金利とは言えませんが、それでも一般的な銀行カードローン金利よりも低めの設定となっています。

年収が少ない、転職したばかりで給料が少ないなど、当座の資金に困った時にもりそなクイックカードローンは便利に利用できるカードローンと言えますね。

りそな銀行カードローンの審査の内容とは?

りそな銀行カードローンでお金借りたいときに、審査を受けられる時、その前に利用の条件について確認することが大切となります。りそなプレミアムカードローン、りそなクイックカードローンでは、審査回答までの時間はそれぞれ最短即日、最短2時間となっています。もちろんそれよりも時間が掛かることもあり、翌営業日以降の審査回答となる場合もあります。またお申し込み時に申告された年収の金額と、提出した年収証明書の金額が異なる場合、審査をもう一度行う場合もあります。

りそな銀行カードローンの金利は2種類あります。

りそな銀行カードローンには2つの金利があります。りそなプレミアムカードローン、りそなクイックカードローンの2種類のカードローンがあるためです。その中で100万円までの借入れでは、どちらかのカードローンの選択が可能になりますが、それよりも高額の借入れを希望される場合には、りそなプレミアムカードローンを利用することになります。その場合には400万円以上の収入が必要となります。

りそな銀行カードローンの申し込み方法とは?

りそな銀行カードローンにはりそなプレミアムカードローンとりそなクイックカードローンがあります。前者は800万円まで借入可能であり、低金利での利用ができます。後者は審査が早く年収や勤続年数による制限がないことで、気軽に利用できます。どちらのカードローンを利用するかは、それぞれの用途に合わせて選択されると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ