私の職業は、お金借りれる?借りれない?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

カードローンやキャッシングでお金を借りようとした時に、「借りれる職業」「借りれない職業」はあるのでしょうか?

例えば、お医者さんや弁護士といった、世間的には高収入と呼ばれる職業の方でも、緊急でお金が必要になる場合だってありますよね。

このカテゴリでは、様々な職業別に、お金を借りる方法を解説しています。

仕事内容は・・・

  • 学生(大学生・専門学生)

  • OL・女性会社員

  • 医者

  • 弁護士

  • 公務員

  • サラリーマン

  • 主婦

  • アルバイト

  • フリーター

  • シングルマザー

  • 個人事業主

  • 自営業

  • 漁師

  • 風俗店勤務

  • 風俗嬢

  • キャバクラ嬢



その他にも色々と借り入れ可能なのか、もしくは申し込み方法や、限度額、在籍確認の方法や、担保についてなどを解説しています。

どんな職業でもキャッシングできる?


キャッシングの申込みができるのは、どんな人でも良いとは言えません。まず年齢が20歳に達していることが必要であり、安定した収入があることも条件となっています。

勤め先や職業でもキャッシング審査の通りやすさに影響をします。また年収の高い人も返済能力の高さからプラスの材料となります。ただし年収の高さと勤め先の関係性も必要になっているようで、自営業の場合では年収の高さよりも安定した収入を求められる場合もあるようです。

また現在では有名企業に勤めている場合でも、転職してから日が浅い場合には審査ではマイナスの材料になってしまいます。最低でも1年、理想は2年の勤続年数があると審査に通りやすいと言われているようです。

お金借りる審査に通りやすい職業とは?


どんな職業でも安定した収入があれば審査に通ることは可能です。それでも公務員は安定収入が期待できることで、審査に通りやすいと言われています。また大企業でなくても勤続年数が長い人も審査で有利になります。また勤め先だけでなく、雇用の形体も審査では重要となります。有名な企業に勤めていてもアルバイトやパートでは信頼度が低くなります。反対に正規採用職員ならば普通の会社でも十分に信用を得られると言えるでしょう。

転職を予定していてもお金を借りることは可能


近い将来転職をしようと考えている人でも、借入れの際に金融借入サービスに転職の意志を伝えなければ問題なく融資を受けることができるでしょう。

ただし転職をすると、その後キャッシング申込みの時に申告する勤続年数が短くなってしまいます。転職前ならば難なく通っていた審査に落ちるということもあるかも知れません。もちろん勤続年数だけが審査結果に影響を及ぼす材料となっている訳ではないため、それでも審査に通る可能性はあります。プラス、審査の時の在籍確認に関しても、会社に所属している時のほうが借りる側には有利に働きます。

在籍確認についての関連記事



どうしても必要な時にキャッシングできない可能性を考えるならば、転職をする前にキャッシングの申込みをしてしまうと良いです。契約をして振込みの申込みをすれば借入れが成立しますので、利息の支払いをしながら元金の返済をしなくてはなりません。

それでも申込みだけ済ませておき、ローンカードやキャッシングカードを手元に用意しておけば、必要な時にいつでもATMから借入れができます。今は必要なくても将来的にキャッシングが必要になる可能性がある場合は、転職をする前に大手の消費者金融の内1社で契約を済ませておくと良いですね。

ニートで金欠!お金を借りることはできるのか。

ニートがお金を借りることは基本的には難しいです。クレジットカードのキャッシングでお金を借りることはできますが、返済の必要もあります。またクレジットカードを現金化する人もいますが、カード会社では禁止している行為です。銀行カードローンや消費者金融のキャッシングも難しいと言えます。それでも働いていた経験があれば公的融資を受けられる可能性はあります。

公務員でもお金借りることはできる?

公務員は職業についての属性において高評価を受けることができるため、消費者金融などでお金借りる時には、審査に通りやすいとされています。それでも公務員だから利用できる地方職員共済組合の貸付事業、国家公務員共済組合の貸付事業、公立学校共済組合、警察共済組合、消防団員等福祉共済などの公的貸付事業の利用は、公務員が低金利でお金借りることができるので、安心して利用できます。

医者でもお金を借りることは可能!おすすめカードローンは?

たとえ高額所得のある医者であってもお金を借りる時はあります。研修医時代ならばお金が不足することもあり、ベテランの医者でも開業資金などでお金を借りることもあります。そんな時、医者がお金借りるコツ、お金を返済するコツを知っておくことで、有利に銀行を利用することができるようになります。

漁師でもお金借りることはできる?

金融機関で漁師でもお金借りることはできます。それでも漁師がお金借りるにはメリット・デメリットの両方が存在しています。また漁師と一口に言っても実際には2つの形態があるので、それぞれの場合によっても審査の通りやすさは異なっています。自営業者融資では、漁業経営改善支援資金(経営改善)を利用することで、一般の金融機関では難しい借入れも可能になります。

個人事業主の自営業でもお金借りることができる?

個人事業主の方がお金借りる時、その資金の使途によっても借入先が変わってきます。個人事業主でもお借入れできるカードローンには、利用使途フリーのカードローン、個人向け利用限定のカードローン、個人事業主の専用ローンの3つのタイプのローンがあります。銀行、消費者金融ではそれぞれに応じた商品が用意されています。

アパレル業界でアルバイト店員、お金借りることはできる?

アパレル業界でアルバイトをしている方でも、金融機関からお金借りることは可能です。それには一定の収入や勤続年数が必要になります。アパレルアルバイトの時給や仕事内容、そしてメリットやデメリットを知った上で、何とかアルバイトを続けて行くことが大切です。好きな仕事ならば、でデメリットを乗り越えていくことも可能になります。

生活保護を受けている人がお金を借りる先は?

生活保護の人がお金を借りる方法はあるのか?生活保護を受ける前に、まず公的な援助や融資を検討すると良いです。一旦生活保護受給者となると、いろいろな制約を受けることになり、それがデメリットとなります。また生活保護受給者の借金は禁止されています。

女性が安心してお金を借りる方法とは?

女性が安心してお金を借りるには、レディースキャッシングの利用がオススメです。女性専用の窓口があるので、安心して相談をすることができます。ただし、収入の有無により利用できる金融機関が違ってきます。専業主婦がお金を借りることができるのは、銀行カードローンのみとなります。

シングルマザーがお金を借りる前に公的制度をフル活用する

シングルマザーの方が生活費に困った時、まず初めに国や自治体の制度をフルに活用されることをオススメします。それでも不足する時には、消費者金融などの金融機関でキャッシングでお金を借りる方法を利用し、急に必要になるお金の工面をするのも良いと思います。

風俗嬢でもお金借りることはできる?

風俗嬢は長い期間働けない仕事であるということや、水商売ということで安定した収入があることを理解されにくい部分もあります。それでも実際には金融機関で借入れをしている風俗嬢の方も多いです。風俗嬢がカードローンを利用する方法には、勤続年数や申込書記入の注意点、収入証明書の用意などのポイントがあります。また審査ではスコアリングによって判断されています。

主婦がお金借りるなら!おすすめの方法と条件を確認しよう。

主婦でもお金を借りることができるかと言えば、パート・アルバイトなどの安定収入があれば可能です。総量規制により収入のない主婦が消費者金融からお金借りることは難しい状況となっています。配偶者貸付という制度もありますが、現状では行われていません。それでも専業主婦でもOKのカードローンを利用すれば、お金借りることが可能になります。

キャバ嬢はお金借りることができる?審査とかは?

職業がキャバ嬢(キャバクラ嬢)であってもお金借りることは可能です。カードローンの利用は銀行や消費者金融でできます。消費者金融を利用するメリット、銀行カードローンを利用するメリットがそれぞれあるので、目的に応じて使い分けると良いです。もちろんキャバクラの店員にも言えます。

家事手伝いでもお金を借りる方法はあるの?

家事手伝いの方は無職であるために、キャッシングは難しいと言えますね。同じ無職でも専業主婦の方については、銀行カードローンの利用ならば対応をしている銀行は多いです。家事手伝いの方がお金を借りるならば、何か短期の仕事をしてみるなど、一定の職に就く必要があるようです。

おしえて!母子家庭が生活費を借りる先とは?

母子家庭の生活費を借りる前に、公的な援助や融資を視野に入れると良いでしょう。それでも資金が不足する場合、融資が下りる前の繋ぎで消費者金融などでお金を借りるのも良いと思います。無利息サービスの利用ができるプロミスやアコムなどの利用も選択肢に入れておくと良いかも知れません。

学生がお金を借りる方法を完全解説!

学生でもお金借りることはできます。満20歳以上でアルバイトの収入があれば借入れは可能になります。奨学金以外では銀行や消費者金融のカードローンを利用する、学生ローンを利用する方法がおすすめです。学生ローンは学生に有利なローンですが、金利や申し込み方法が難しく、親にバレたりします。

農家でもお金借りることはできる?

農家の方は個人事業主ですから、銀行カードローンや消費者金融のキャッシングを利用するには安定した収入を得ていることが必須となります。農家の方が生活に必要なお金借りることができるかと言えば、審査が厳しくなる可能性があるものの、実際には借入れは可能になっています。農家の方が生活費ではない事業資金を借入れする場合、農業近代化資金を利用することで資金を調達することが可能になります。

派遣や契約社員でもお金を借りることは可能

派遣や契約社員の方でも担保なしでお金を借りることは可能になっています。いくらまで借りられるか、どこで借りるかは利用する金額によって違ってきます。借入れの際には総量規制が影響をしてくるので、年収に合った金額を借りる必要があります。

正社員ではないフリーター、お金を借りることができるのか?

正社員ではなく、フリーターでも年収や稼ぎがある程度の金額で、審査に通ればカードローンキャッシングでお金を借りることは可能です。それでも現在失業中であるフリーターの場合は、カードローンの利用ができない可能性が高いです。その場合、生活福祉資金貸付制度を利用することで、生活に困った時にお金を借りることが可能になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ